354件中 31 - 40件表示
  • 木梨憲武

    木梨憲武から見た石橋貴明石橋貴明

    木梨 憲武(きなし のりたけ、1962年3月9日 - ) は、日本のお笑い芸人、歌手、俳優、アーティストである。お笑いコンビ『とんねるず』の小柄な方。相方は石橋貴明。芸能事務所アライバル代表取締役副社長。木梨憲武 フレッシュアイペディアより)

  • FNS27時間テレビ (2012年)

    FNS27時間テレビ (2012年)から見た石橋貴明石橋貴明

    ゲストはとんねるず(石橋貴明・木梨憲武)、明石家さんま、くりぃむしちゅー(有田哲平・上田晋也)&ネプチューン(名倉潤・原田泰造・堀内健)、ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)、ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)。また、稲垣吾郎と木村拓哉(共にSMAP)がナインティナインの出演時にポスター貼り役として出演した。「さんま・中居の今夜も眠れない」と「ネカサナイステーション」の間に、『はねるのトびら』・『ピカルの定理』メンバーもゲスト出演する予定だったが、お笑いBIG3のフリートークが盛り上がりすぎた為、急遽中止になった。その際、西山喜久恵アナウンサーが、「はねるのトびら、ピカルの定理の、テレフォンのお時間ですが、やはりこのBIG3のトークを見たいので、カットさせていただきます」と発言し、はねトび、ピカルメンバーからブーイングが起こった。その後、ドランクドラゴンの、鈴木拓が、BIG3に対し、「もう、20年以上も、お笑い界のトップにいるの、やめてくれよ!」と発言した。FNS27時間テレビ (2012年) フレッシュアイペディアより)

  • 360°モンキーズ

    360°モンキーズから見た石橋貴明石橋貴明

    その他、過去にはメジャーリーガーや台湾プロ野球の選手を扱ったこともあり、その際は口ずさむBGMもはそれらしいフレーズ(場内BGMなど)に変えている。また、第4回時に一度だけ審査員の石橋貴明のリクエストにより、日本人選手である元福岡ダイエーホークスの山之内健一のモノマネを扱った。しかし、この時も歌っていた応援曲はバースのものだった。これはおそらく、山之内が高校時代「九州のバース」の異名をとっていたからではないかとも推測できる。また、初めてヒッティングマーチを歌いながら披露したモノマネはセシル・フィルダーであったが、実際に球場で使われていたフィルダーのヒッティングマーチも、バースの流用であった。なお、第16回において高校野球のネタを扱った時は、応援歌も「夏祭り」になっていた。360°モンキーズ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤次利

    後藤次利から見た石橋貴明石橋貴明

    前述の通りとんねるず(特に石橋貴明)と非常に仲が良く、とんねるずのオールナイトニッポンにも度々登場、横浜までのドライブで女を落とすためのミュージックテープを作っているなど、その女癖、語録、子供のようなワガママさ、目立ちたがり、面白い恋愛観などを度々披露され、「天才ベーシスト・後藤次利」と尊敬と揶揄をあわせてリスナーの間でも人気者に。ところが、とんねるずのオールナイトニッポンの中で、とんねるずが後藤絡みの下ネタを話し、一時後藤を「マッスルスティック」呼ばわりした。その後、後藤がバックを務める吉川晃司などのコンサートなどで、リスナーが「マッスルスティックー!」と叫ぶことがしばしばあり、後藤がとんねるずに「アイドルのコンサートでマッスルスティックだけは勘弁してくれ」と泣きを入れた。後藤次利 フレッシュアイペディアより)

  • FREEDOM (ANDY'Sの曲)

    FREEDOM (ANDY'Sの曲)から見た石橋貴明石橋貴明

    ANDY'Sのメンバーはリーダーの「ANDY(アンディ)」(石橋貴明(とんねるず))、「SHOW(ショウ)」(定岡正二)、「JOSE(ホセ)」(デビット伊東)の3人。また、メンバー3人の熱烈なラブコールにより佐野元春が音楽プロデューサーとして参加している。FREEDOM (ANDY'Sの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 矢島ストロベリー

    矢島ストロベリーから見た石橋貴明石橋貴明

    矢島ストロベリー フレッシュアイペディアより)

  • 山森由里子

    山森由里子から見た石橋貴明石橋貴明

    『夕やけニャンニャン』のオーディション、「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に初回は「天野由里子」の名前で生稲晃子と共に登場。生稲のみが合格し天野は落選となった。後に姓を変えて再挑戦、合格を果たした。(なお、複数回の挑戦の後、合格を果たした例としては三上千晶もあり)ちなみに「山森」は母の旧姓(祖父の姓に変えて出場した、と本人が語っている)。オーディションで菊池桃子の『Say Yes!』を歌い、司会のとんねるずが観客とともに曲中の「Say Yes!」のコール&レスポンスを繰り広げ、石橋貴明も「彼女いいよね」と高評価をした。山森由里子 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベンアイランド

    ドカベンアイランドから見た石橋貴明石橋貴明

    敗者ミラッキ。罰ゲーム「プラティーニ」(スタッフの男性の頭上にある紙風船をフリーキックゾーンからサッカーボールを蹴って割る競技。元ネタはとんねるずのみなさんのおかげですの保毛太郎侍が行くというコントでやっていた企画で石橋貴明が「プラティーニ!」叫んだことによりオグリビーズはこれを「プラティーニ」と言っている)罰ゲームはわずか13球目で風船が割れ終了した。その後リスナーにもプラティーニをやらせたが1球目で成功した。ドカベンアイランド フレッシュアイペディアより)

  • 相川七瀬

    相川七瀬から見た石橋貴明石橋貴明

    霊感が強い。真矢らとの共著「バリコワ」の中で様々な霊感エピソードを公開。また、1997年に『うたばん』ゲスト出演時に心霊エピソードを紹介したところ、あまりの怖さに司会の中居正広と石橋貴明を震え上がらせた。相川七瀬 フレッシュアイペディアより)

  • Reina (歌手)

    Reina (歌手)から見た石橋貴明石橋貴明

    愛称は「レレコ」または「ゾフィー」(ウルトラ兄弟の長男)。「ゾフィー」は1996年11月にTBS系の音楽トーク番組『うたばん』にゲストとして初出演した際に、番組MCの石橋貴明から付けられた。Reina (歌手) フレッシュアイペディアより)

354件中 31 - 40件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード