345件中 61 - 70件表示
  • オフラインミーティング

    オフラインミーティングから見た石橋貴明石橋貴明

    ネットワーク上で知り合った男女が二人だけでオフ会を行うことをこう呼ぶことがある。「ツーショット」とはテレビ番組『ねるとん紅鯨団』内で石橋貴明がよく使用していた言葉で、テレビカメラのフレーム内に二人だけしか映っていない = 二人きりになっている状況を指す。オフラインミーティング フレッシュアイペディアより)

  • 新上博巳

    新上博巳から見た石橋貴明石橋貴明

    1989年に倉田アクションクラブに入門。フジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげです」の1コーナー「仮面ノリダー」で敵役の石橋貴明のスタントを担当(当時、182cmの石橋と同じくらい身長が高かったのは新上以外にいなくて、あっけなく決まったという話もある)。新上博巳 フレッシュアイペディアより)

  • ラスタとんねるず'94

    ラスタとんねるず'94から見た石橋貴明石橋貴明

    「貴王」こと石橋と「憲王」こと木梨が格闘家らを集めて闘うという設定の将棋と格闘技を組み合わせた日本で初めてのスポーツ格闘技ゲーム。出場者には各界(格闘技界、男女プロレス界、プロボクシング界、芸能界)の選手が出場。藤原喜明、アンディ・フグや佐山聡、渡辺二郎、井上貴子、豊田真奈美などをはじめ、芸能人枠で当時それほど有名でなかったよゐこもレギュラー出場していた。藤原は最初は貴王側として登場していたものの、途中から憲王側に移行している(理由は、キューティー鈴木と闘いたいから)。また、最終回の特別企画「ジャイアント将棋インテグラル」は、ジェラルド・ゴルドーやスタン・ザ・マンに神取忍やザ・グレート・サスケなど豪華なメンバーを集めて開催された。特にUWF絡みで因縁のあった藤原VS佐山の対決や、レギュラーだったアンディ・フグとスタン・ザ・マンのボクシング対決は当時としては夢のカードだった(この対決は後に1996年9月1日のK-1 REVENGE '96(大阪城ホール)で実際にWMTC世界スーパーヘビー級選手権試合として行われた)。放送期間中、インテグラルを含め全9局(試合)を行ったが、試合が長い為1週では収まり切れず、3週1局(試合)放送という体裁だった。通算成績は石橋(貴王)の7勝2敗であった。ラスタとんねるず'94 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベンアイランド

    ドカベンアイランドから見た石橋貴明石橋貴明

    敗者ミラッキ。罰ゲーム「プラティーニ」(スタッフの男性の頭上にある紙風船をフリーキックゾーンからサッカーボールを蹴って割る競技。元ネタはとんねるずのみなさんのおかげですの保毛太郎侍が行くというコントでやっていた企画で石橋貴明が「プラティーニ!」叫んだことによりオグリビーズはこれを「プラティーニ」と言っている)罰ゲームはわずか13球目で風船が割れ終了した。その後リスナーにもプラティーニをやらせたが1球目で成功した。ドカベンアイランド フレッシュアイペディアより)

  • うつのみや八郎

    うつのみや八郎から見た石橋貴明石橋貴明

    歴史的なアトピーを自称しており、それをネタにすることも多い。その他にもモノマネが得意であり、レパートリーは石橋貴明、島田紳助、エキサイトバイクなど。うつのみや八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 成増

    成増から見た石橋貴明石橋貴明

    当地区はタレント石橋貴明(とんねるず)が小中高校時代を過ごした場所である(石橋は板橋区立成増小学校・板橋区立赤塚第二中学校・帝京高校出身。どちらの学校も所在地は板橋区)。とんねるずはファーストアルバムの題名に石橋の出身地であるこの地名を取っている。成増 フレッシュアイペディアより)

  • YAZAWA (とんねるずの曲)

    YAZAWA (とんねるずの曲)から見た石橋貴明石橋貴明

    作詞:石橋貴明/作曲:木梨憲武/編曲:後藤次利YAZAWA (とんねるずの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 迷惑でしょうが…

    迷惑でしょうが…から見た石橋貴明石橋貴明

    イントロや間奏における石橋貴明の「前略・・・」から始まる語りは、萩原健一主演のドラマ『前略おふくろ様』を彷彿とさせるものになっている。迷惑でしょうが… フレッシュアイペディアより)

  • 一気!

    一気!から見た石橋貴明石橋貴明

    この曲の大ヒットを受けて石橋貴明は「こんな俺らの曲買う人いるんだな」とつぶやいたそうで、お笑いタレントとして彼らが頭角を現し始めた直後のリリースなど諸々のタイミングが良かったとはいえ、オリコンチャートでは最高19位までのし上るという、予想外の売り上げだった。しかしながらこれを機に『カリスマ』(もしくは『高卒のカリスマ』)と彼らは名乗り始める。一気! フレッシュアイペディアより)

  • 青年の主張 (曲)

    青年の主張 (曲)から見た石橋貴明石橋貴明

    歌の部分はサビの部分のみで、大部分が勢いのあるロック調の曲をバックにしての「NHK青年の主張全国コンクール」を想わせる台詞で構成されている。1コーラス目がイシバシタカアキさん(石橋貴明)の主張『乾布摩擦のすすめ』、2コーラス目がキナシノリタケ子さん(木梨憲武)の主張『アイドルの追っかけをやってよかったこと』である。青年の主張 (曲) フレッシュアイペディアより)

345件中 61 - 70件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード