345件中 71 - 80件表示
  • 早野凡平

    早野凡平から見た石橋貴明石橋貴明

    とんねるずの石橋貴明がデビュー初期に早野の帽子芸を真似たネタをしていたことがある。また、お笑いコンビのホンジャマカの名前は、この帽子芸に由来する。早野凡平 フレッシュアイペディアより)

  • 富川春美

    富川春美から見た石橋貴明石橋貴明

    早い段階からソロデビューが決まり、レコーディングも行っていた。しかし直後に学校側からテレビ出演禁止令が下り、曲自体がお蔵入りとなったほか年明けからの半年間『夕やけニャンニャン』の出演自粛を余儀なくされる。(余談だが、石橋貴明も彼女の事をイチ押ししており、「内海和子をソロで出すなら、春美に倍金かけても良い。」と言っていた。)富川春美 フレッシュアイペディアより)

  • 女猿

    女猿から見た石橋貴明石橋貴明

    面接審査以降は石橋貴明、秋元康、後藤次利が審査をした。女猿 フレッシュアイペディアより)

  • 松本 典子

    松本典子から見た石橋貴明石橋貴明

    「志村けんのだいじょうぶだぁ」の踊りでは、とんねるずの石橋貴明に「志村けんさんの両脇で踊っている二人のうち、石野陽子はやる気無さそうに踊っているけど、松本典子は一生懸命に踊っていた」と評された事がある。松本本人はその石橋のコメントに、ただ苦笑いを浮かべるだけであった。松本典子 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐のマッチョマン

    嵐のマッチョマンから見た石橋貴明石橋貴明

    1970年代のディスコテークの世界。曲中に登場するディスクジョッキー・マイケル石橋(石橋貴明)曰く、「ファンキー小僧が涙モノ! 全米ヒットチャート急上昇、前作『炎のエスカルゴ』に続いての強力シングル第2弾!」である。また、レコード発売当時の告知ポスターでは、「アシャンテ族も大フィーバー! アフリカ全土で大ヒット中!! オリジナル本命盤、遂に登場。」と銘打たれている。嵐のマッチョマン フレッシュアイペディアより)

  • 河口湖 (アルバム)

    河口湖 (アルバム)から見た石橋貴明石橋貴明

    SOMEDAY(作詞:石橋貴明、作曲:玉置浩二、編曲:武部聡志)河口湖 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずのカバチ

    とんねるずのカバチから見た石橋貴明石橋貴明

    主な企画に、数人の男女に見合いをさせて互いに1人ずつ脱落させていくというサバイバルお見合い「カバコン」や、女性芸能人と一般人に見合いをさせる企画、とんねるずが若者の恋愛の悩みを解決する企画などがあった。しかし、これらは今ひとつ定着しなかったので、替わって石橋貴明と7人の一般人による「石橋貴明・男塾」が誕生した。さらには、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』のようなロケ企画も見られるようになり、とんねるずが「カードPK戦」などのゲームを行ってその勝者を予想して賞金を獲得する「GOD MONEY」や「年齢並べ替え」などの恋愛とは無縁の企画も見られるようになった。とんねるずのカバチ フレッシュアイペディアより)

  • コンバット (テレビ番組)

    コンバット (テレビ番組)から見た石橋貴明石橋貴明

    タカアンドトシに対抗して結成された石橋タカアキ(小庭)とタモリ(山口)のコンビ。タカが本家風のツッコミをいれるが、かなり痛そうなもので、タモがどよめくと言うのがお約束。そのツッコミの様子が最初のスポンサーバックで流れることが多い。コンバット (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • コムサ・DE・とんねるず

    コムサ・DE・とんねるずから見た石橋貴明石橋貴明

    神奈川県藤沢市の江の島にディスコ「湘南ハッスルタイム」を設営し、そこに客を招き入れて収録を行っていた。司会は、とんねるずの石橋貴明と木梨憲武が務めていた。コムサ・DE・とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • SNOW DANCE

    SNOW DANCEから見た石橋貴明石橋貴明

    ミュージックビデオが作られた(『DCT CLIPS V1』に収録)。撮影は街中で行われ、撮影中にとんねるずの石橋貴明に遭遇した。SNOW DANCE フレッシュアイペディアより)

345件中 71 - 80件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード