354件中 81 - 90件表示
  • Ryu's Bar 気ままにいい夜

    Ryu's Bar 気ままにいい夜から見た石橋貴明石橋貴明

    有名な例としてとんねるずを別々に出演させ(ただし2週連続)、木梨憲武は奥寺康彦と、石橋貴明は後に遺恨劇(もちろん演出)を展開する定岡正二とのWゲストでサッカー(木梨の回)・野球(石橋の回)を中心にトークしたことがある。また、とんねるずの本業であるお笑いに関しては、あまり触れられなかった。Ryu's Bar 気ままにいい夜 フレッシュアイペディアより)

  • トーカ堂

    トーカ堂から見た石橋貴明石橋貴明

    前述の通り、博多華丸が北義則の真似をするが、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の“博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜”(フジテレビ 2006年9月26日放送)で披露した際、石橋貴明が「いやー私その北さんていう人知らなくて先日12チャンネル(テレビ東京)のTVショッピング見ましたよ。本当にそういう感じでもう絶賛ですね」と賞賛の声を上げていた。トーカ堂 フレッシュアイペディアより)

  • 青木裕子 (タレント)

    青木裕子 (タレント)から見た石橋貴明石橋貴明

    ねるとん紅鯨団の芸能人限定企画である『ねるとん紅鮭(べにしゃけ)団』に出演。司会者であるとんねるずの木梨憲武は青木のファンだったのだが、石橋貴明も青木を気に入ってしまい、いっしょにプリクラを撮ってもらうなどするが、青木とカップルが成立したのは、極楽とんぼの加藤浩次だった。青木裕子 (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • evolution (野猿のアルバム)

    evolution (野猿のアルバム)から見た石橋貴明石橋貴明

    CAをメインヴォーカルに、石橋貴明・木梨憲武・神波憲人が交互にリードを取りながら歌われている楽曲。「泳げない魚」でデュエットしていたためか、平山は不参加。evolution (野猿のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の化石

    太陽の化石から見た石橋貴明石橋貴明

    このCDには、とんねるずの二人のソロが一切無い。また従来のヴォーカル割り当ては石橋&平山、木梨&神波であるが、今回に限り、石橋&神波、木梨&平山となっている。太陽の化石 フレッシュアイペディアより)

  • Star (yaen front 4 men feat.sakiの曲)

    Star (yaen front 4 men feat.sakiの曲)から見た石橋貴明石橋貴明

    野猿から石橋・木梨・平山・神波のボーカルチーム4人に、女猿の小林紗貴をメインボーカルとして迎えた「yaen front 4 men feat.saki」名義での作品。Star (yaen front 4 men feat.sakiの曲) フレッシュアイペディアより)

  • Grade-A

    Grade-Aから見た石橋貴明石橋貴明

    当初は、とんねるずの2人が一緒に司会を務めていたが、番組後期は石橋貴明、木梨憲武が1週おきの交代でメイン司会を務める形に変更された。また、仮タイトルとして『とんねるずのギンギン!スポーツ劇場』が拳げらげれていた。Grade-A フレッシュアイペディアより)

  • 嵐のマッチョマン

    嵐のマッチョマンから見た石橋貴明石橋貴明

    1970年代のディスコテークの世界。曲中に登場するディスクジョッキー・マイケル石橋(石橋貴明)曰く、「ファンキー小僧が涙モノ! 全米ヒットチャート急上昇、前作『炎のエスカルゴ』に続いての強力シングル第2弾!」であり、シングルジャケット裏の歌詞部分下にも「炎のエスカルゴに続く第2弾、遂に発売!!」と記載されている。また、レコード発売当時の告知ポスターでは、「アシャンテ族も大フィーバー! アフリカ全土で大ヒット中!! オリジナル本命盤、遂に登場。」と銘打たれている。嵐のマッチョマン フレッシュアイペディアより)

  • うつのみや八郎

    うつのみや八郎から見た石橋貴明石橋貴明

    歴史的なアトピーを自称しており、それをネタにすることも多い。その他にもモノマネが得意であり、レパートリーは石橋貴明、島田紳助、エキサイトバイクなど。うつのみや八郎 フレッシュアイペディアより)

  • SNOW DANCE

    SNOW DANCEから見た石橋貴明石橋貴明

    ミュージックビデオが作られた(『DCT CLIPS V1』に収録)。撮影は街中で行われ、撮影中にとんねるずの石橋貴明に遭遇した。SNOW DANCE フレッシュアイペディアより)

354件中 81 - 90件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード