前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
236件中 1 - 10件表示
  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たとんねるず

    お笑いコンビ『とんねるず』の大柄な方でリーダー、相方は木梨憲武。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たフジテレビジョン

    以降「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」(共にフジテレビ系列)の出演などで若者のカリスマ的存在となり、一気にスターの階段をかけ上っていく。1984年 - 1986年に深夜ドラマの草分けである『トライアングル・ブルー』に相方の木梨、柄沢次郎、前田耕陽、 可愛かずみ、川上麻衣子 などと出演する。1980年代後半からレギュラー番組が次々に当たり社会現象を巻き起こすほどの影響力を与えるまでになり、今日まで活躍を続ける国民的人気のお笑いコンビとなっていった。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た木梨憲武

    お笑いコンビ『とんねるず』の大柄な方でリーダー、相方は木梨憲武石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た輪島大士輪島 大士

    その「イジリ」により、多くのタレントやスポーツ選手を芸能界でブレイクさせたという功績もある。さかのぼると「オールナイトフジ」のオールナイターズや「夕やけニャンニャン」のおニャン子クラブといったアイドルグループのメンバーやプライベート、グループ内事情などを容赦なく切り込んでいったのが初めである。また「とんねるずのみなさんのおかげです」のコントで共演した女優も普段演技では見られない素顔の部分を石橋による執拗なイジリによって引き出されてその後ブレイクを果たすきっかけにもなっている(新人だった宮沢りえ、観月ありさ、ともさかりえ、松嶋菜々子など)。「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」では、定岡正二、錦野旦、輪島大士、輪島功一らを徹底的にイジり、バラエティ界での彼らの面白さを引き出した。モーニング娘。に対しては、メンバー個人にオリジナルのあだ名をつけるなどして独特のイジり方をし、一時期フィーチャリングされた保田圭絡みの企画が何度か放映された、最近では、バナナマン設楽統と日村勇紀や、おぎやはぎ小木博明と矢作兼などもブレイクさせている。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た穂のか穂のか

    結婚歴は2回で子供は計4人。前妻との間の娘は女優の穂のか。妻は女優の鈴木保奈美。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たコージー冨田コージー冨田

    愛称 : 「タカ(貴)さん」「タカちゃん」「イシバシ」「タカアキ」など。20歳代の頃は主に女性ファンから「タカちゃん」と呼ばれていた。また、「バシタカ」と呼ばれた時期もある。相棒の木梨憲武、水谷豊、古舘伊知郎、堺正章、モト冬樹、秋元康、和田アキ子らは「タカアキ」と呼ぶ(木梨はフルネームで、堺はタカ、秋元は石橋くんと呼ぶことも)。またヒロミは「石橋くん」、勝俣州和は「貴明さん」と呼ぶのが基本だが、石橋の振る舞いに怒り興奮すると2人とも「イシバシ!!」と呼び捨てにすることも。SMAPの中居正広も、通常は「タカさん」、たまに「石橋くん」と呼んでいるが、テンションが上がると「イシバシ!!」と呼ぶことも。飲み友達で、プライベートで親交が深いコージー冨田もテレビでは「石橋貴明」とフルネームで呼ぶことが多い。次長課長の河本準一のみ、テレビ番組中で「ジジィ」・「ジィジ」と呼ぶ。長い交流がある藤井フミヤ、東国原英夫、定岡正二らは「タカちゃん」と呼ぶ。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たアイルトン・セナ

    しかし、「イジれる相手」ならば人も場所も選ばず、勢いあまって不謹慎や厳しい言葉を発してしまい、騒動を起こしてしまうことがしばしばある。『新春かくし芸大会』が何年ぶりかで生放送をした際にゲストとして出演したミッキーマウスに対して「どうせ中におっさんが入っているんだろ」と発言し、頭をつかんで脱がそうとしているところで急遽CMに入るハプニングがあり、それが原因で「東京ディズニーランドに出入り禁止」になるという都市伝説が生まれるほどの物議をかもす。フジテレビの1993年F1モナコGP中継にゲスト出演した際に、アイルトン・セナびいきが過ぎたためか、同レース中にライバルのアラン・プロストやミハエル・シューマッハにアクシデントが発生したときに、「オレがプロストのタイヤに穴開けときました」「シューマッハ、やってもぉた!」などそのことを露骨に喜ぶような言動が大ひんしゅくを買ってしまい、視聴者やF1ファンからの抗議が殺到して、以後のF1中継に呼ばれることがなくなってしまったり、「みなさんのおかげです」共演者に名誉毀損で告訴された(石橋側の謝罪により、後に提訴取り下げ)こともある。「うたばん」にて、ZONEのMIZUHOに「チンチンの先」というあだ名を付けてしまい、放送後「未成年タレントに下品なあだ名を付けたのはあまりにもかわいそう」「明らかにセクハラ」とテレビ局に抗議が届き、後日テレビ局が「メンバー並びに視聴者に不快感を与え、申し訳なく思っています」と謝罪する事件を起こしたこともある。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た小室哲哉

    番組で出身地である板橋区成増や東武東上線に関連したゲストが来ると、必ずと言っていいほど東上線など地元ネタを絡めたトークを始める(その際、相方の木梨が負けじと同じく出身地である祖師ヶ谷大蔵について勝手にトークに割り込み、石橋が逆に呆れてしまうパターンもある)。過去放送されていたトーク番組「第四学区」においても古舘伊知郎と板橋区トークを展開した。他にも、globeと番組で共演した際には、メンバーの小室哲哉と「早実(早稲田実業)VS帝京」の話になったことがある(小室は早稲田実業出身)。トーク相手の地元ネタや出身地などを笑いに変えることが目立つ。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た佐野元春

    自身の音楽活動としては、「NHK紅白歌合戦」において別名義で2回の初出場をしている(1991年:とんねるず、1999年:野猿)。1997年には「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」発のユニットで工藤静香と組んだ“Little Kiss”の「A.S.A.P.」(オリコン初登場3位)、また同年に定岡正二・デビット伊東と組んだ“ANDY'S”の「FREEDOM」(作曲:佐野元春)(オリコン初登場10位)をリリースし、人気を博した。Little Kissでは当時ヒット曲を輩出していた宝石会社のCMソングに起用され、PVでの過激な二人の絡みや、生放送音楽番組「ミュージックステーション」で間奏中にキスをして話題になった。ANDY'Sでは河村隆一やHOUND DOGのライブに飛び入り参加した。後に“関東裸会三羽烏”や、松田聖子との“SEIKO with Crazy.T”でCDリリースをしている。公式のCDリリースのなかったものとしては「矢島工務店」がある(琴担当)。この矢島工務店の流れを汲み、2008年には、「とんねるずのみなさんのおかげでした」での企画として「矢島美容室」が結成され、メンバーのプロデュースを行っている(メンバーとは飽くまで別人ということになっている)。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た牛島和彦

    2005年、『MLB主義』で共演した牛島和彦監督が率いる横浜ベイスターズのエグゼクティブ・アドバイザーに就任(以前は読売ジャイアンツのファンだった)。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
236件中 1 - 10件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード