236件中 91 - 100件表示
  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た和田アキ子和田 アキ子

    愛称 : 「タカ(貴)さん」「タカちゃん」「イシバシ」「タカアキ」など。20歳代の頃は主に女性ファンから「タカちゃん」と呼ばれていた。また、「バシタカ」と呼ばれた時期もある。相棒の木梨憲武、水谷豊、古舘伊知郎、堺正章、モト冬樹、秋元康、和田アキ子らは「タカアキ」と呼ぶ(木梨はフルネームで、堺はタカ、秋元は石橋くんと呼ぶことも)。またヒロミは「石橋くん」、勝俣州和は「貴明さん」と呼ぶのが基本だが、石橋の振る舞いに怒り興奮すると2人とも「イシバシ!!」と呼び捨てにすることも。SMAPの中居正広も、通常は「タカさん」、たまに「石橋くん」と呼んでいるが、テンションが上がると「イシバシ!!」と呼ぶことも。飲み友達で、プライベートで親交が深いコージー冨田もテレビでは「石橋貴明」とフルネームで呼ぶことが多い。次長課長の河本準一のみ、テレビ番組中で「ジジィ」・「ジィジ」と呼ぶ。長い交流がある藤井フミヤ、東国原英夫、定岡正二らは「タカちゃん」と呼ぶ。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た大塚製薬

    大塚製薬「UL・OS(ウル・オス)」(2012年4月21日 - ) V6の岡田准一と共演。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たテレビ朝日

    石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜(2002年12月30日、テレビ朝日石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たSHOEI

    家宝の一つとして、世界に名を残したF1ドライバーアイルトン・セナのヘルメットを持っている。これは1993年秋に「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で行われたカート対決で、石橋がセナに勝ったら間近に控えた日本GPで使用したヘルメットをもらえるという約束をしていたもので、対決では鼻の差で石橋が先にチェッカーを受け公約を果たすことになった。セナは1993年日本GPで見事優勝。セナ自身これが日本GPラストランとなる。実際にヘルメットが石橋の手に届いたのはセナが1994年5月1日に事故死したサンマリノGP後であり、当時契約していたSHOEIの関係者によって届けられ、そこにはセナからのメッセージが入った手紙も届けられた。「第4学区」の特別版である「第4学区スポーツ」では大事な家宝として一度ヘルメットを披露している。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た東宝

    そろばんずく(1986年8月、東宝) - 春日野八千男 役石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た関東裸会

    自身の音楽活動としては、「NHK紅白歌合戦」において別名義で2回の初出場をしている(1991年:とんねるず、1999年:野猿)。1997年には「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」発のユニットで工藤静香と組んだ“Little Kiss”の「A.S.A.P.」(オリコン初登場3位)、また同年に定岡正二・デビット伊東と組んだ“ANDY'S”の「FREEDOM」(作曲:佐野元春)(オリコン初登場10位)をリリースし、人気を博した。Little Kissでは当時ヒット曲を輩出していた宝石会社のCMソングに起用され、PVでの過激な二人の絡みや、生放送音楽番組「ミュージックステーション」で間奏中にキスをして話題になった。ANDY'Sでは河村隆一やHOUND DOGのライブに飛び入り参加した。後に“関東裸会三羽烏”や、松田聖子との“SEIKO with Crazy.T”でCDリリースをしている。公式のCDリリースのなかったものとしては「矢島工務店」がある(琴担当)。この矢島工務店の流れを汲み、2008年には、「とんねるずのみなさんのおかげでした」での企画として「矢島美容室」が結成され、メンバーのプロデュースを行っている(メンバーとは飽くまで別人ということになっている)。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た古舘伊知郎古舘 伊知郎

    愛称 : 「タカ(貴)さん」「タカちゃん」「イシバシ」「タカアキ」など。20歳代の頃は主に女性ファンから「タカちゃん」と呼ばれていた。また、「バシタカ」と呼ばれた時期もある。相棒の木梨憲武、水谷豊、古舘伊知郎、堺正章、モト冬樹、秋元康、和田アキ子らは「タカアキ」と呼ぶ(木梨はフルネームで、堺はタカ、秋元は石橋くんと呼ぶことも)。またヒロミは「石橋くん」、勝俣州和は「貴明さん」と呼ぶのが基本だが、石橋の振る舞いに怒り興奮すると2人とも「イシバシ!!」と呼び捨てにすることも。SMAPの中居正広も、通常は「タカさん」、たまに「石橋くん」と呼んでいるが、テンションが上がると「イシバシ!!」と呼ぶことも。飲み友達で、プライベートで親交が深いコージー冨田もテレビでは「石橋貴明」とフルネームで呼ぶことが多い。次長課長の河本準一のみ、テレビ番組中で「ジジィ」・「ジィジ」と呼ぶ。長い交流がある藤井フミヤ、東国原英夫、定岡正二らは「タカちゃん」と呼ぶ。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た野猿

    自身の音楽活動としては、「NHK紅白歌合戦」において別名義で2回の初出場をしている(1991年:とんねるず、1999年:野猿)。1997年には「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」発のユニットで工藤静香と組んだ“Little Kiss”の「A.S.A.P.」(オリコン初登場3位)、また同年に定岡正二・デビット伊東と組んだ“ANDY'S”の「FREEDOM」(作曲:佐野元春)(オリコン初登場10位)をリリースし、人気を博した。Little Kissでは当時ヒット曲を輩出していた宝石会社のCMソングに起用され、PVでの過激な二人の絡みや、生放送音楽番組「ミュージックステーション」で間奏中にキスをして話題になった。ANDY'Sでは河村隆一やHOUND DOGのライブに飛び入り参加した。後に“関東裸会三羽烏”や、松田聖子との“SEIKO with Crazy.T”でCDリリースをしている。公式のCDリリースのなかったものとしては「矢島工務店」がある(琴担当)。この矢島工務店の流れを汲み、2008年には、「とんねるずのみなさんのおかげでした」での企画として「矢島美容室」が結成され、メンバーのプロデュースを行っている(メンバーとは飽くまで別人ということになっている)。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た読売ジャイアンツ

    2005年、『MLB主義』で共演した牛島和彦監督が率いる横浜ベイスターズのエグゼクティブ・アドバイザーに就任(以前は読売ジャイアンツのファンだった)。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たTBSテレビ

    2008年8月28日、MCを担当していたTBSの『うたばん』が1996年10月15日の放送開始以来500回の節目を迎えた。番組はその後2010年3月23日まで13年半続いたが番組は終了した。2010年4月から9月まで放送された後続の音楽番組である『ザ・ミュージックアワー』を含めて丸14年に渡る長寿音楽番組となった。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

236件中 91 - 100件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード