236件中 71 - 80件表示
  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た谷原秀人

    ゴルフにも熱心になり、2006年「とんねるずのみなさんのおかげでした」内でのスペシャル企画『石橋貴明 GOLF世界一へ〜セント・アンドリュースへの挑戦〜』でコーチとして知り合った谷原秀人とは仲が良く、石橋は谷原をゴルフの師匠と呼んでいる。企画が始まった2006年の「アルフレッドダンヒル・リンクス選手権」には準備不足から出場は出来なかったが、翌2007年の当大会に谷原とのプロアマペアで日本代表として出場した。ちなみに、得意技はパターである。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た志村けん

    中学生の時、『8時だヨ!全員集合』の公開収録を見学、当時長髪だった志村けんを見て「あの長髪の奴、つまんねぇよ」と言っていたことを、志村けんのエッセイで明かされている。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た松浦亜弥松浦 亜弥

    松浦亜弥(愛称は「たやや」)石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た勝俣州和

    愛称 : 「タカ(貴)さん」「タカちゃん」「イシバシ」「タカアキ」など。20歳代の頃は主に女性ファンから「タカちゃん」と呼ばれていた。また、「バシタカ」と呼ばれた時期もある。相棒の木梨憲武、水谷豊、古舘伊知郎、堺正章、モト冬樹、秋元康、和田アキ子らは「タカアキ」と呼ぶ(木梨はフルネームで、堺はタカ、秋元は石橋くんと呼ぶことも)。またヒロミは「石橋くん」、勝俣州和は「貴明さん」と呼ぶのが基本だが、石橋の振る舞いに怒り興奮すると2人とも「イシバシ!!」と呼び捨てにすることも。SMAPの中居正広も、通常は「タカさん」、たまに「石橋くん」と呼んでいるが、テンションが上がると「イシバシ!!」と呼ぶことも。飲み友達で、プライベートで親交が深いコージー冨田もテレビでは「石橋貴明」とフルネームで呼ぶことが多い。次長課長の河本準一のみ、テレビ番組中で「ジジィ」・「ジィジ」と呼ぶ。長い交流がある藤井フミヤ、東国原英夫、定岡正二らは「タカちゃん」と呼ぶ。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た日村勇紀日村 勇紀

    その「イジリ」により、多くのタレントやスポーツ選手を芸能界でブレイクさせたという功績もある。さかのぼると「オールナイトフジ」のオールナイターズや「夕やけニャンニャン」のおニャン子クラブといったアイドルグループのメンバーやプライベート、グループ内事情などを容赦なく切り込んでいったのが初めである。また「とんねるずのみなさんのおかげです」のコントで共演した女優も普段演技では見られない素顔の部分を石橋による執拗なイジリによって引き出されてその後ブレイクを果たすきっかけにもなっている(新人だった宮沢りえ、観月ありさ、ともさかりえ、松嶋菜々子など)。「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」では、定岡正二、錦野旦、輪島大士、輪島功一らを徹底的にイジり、バラエティ界での彼らの面白さを引き出した。モーニング娘。に対しては、メンバー個人にオリジナルのあだ名をつけるなどして独特のイジり方をし、一時期フィーチャリングされた保田圭絡みの企画が何度か放映された、最近では、バナナマン設楽統と日村勇紀や、おぎやはぎ小木博明と矢作兼などもブレイクさせている。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たヒロミヒロミ

    愛称 : 「タカ(貴)さん」「タカちゃん」「イシバシ」「タカアキ」など。20歳代の頃は主に女性ファンから「タカちゃん」と呼ばれていた。また、「バシタカ」と呼ばれた時期もある。相棒の木梨憲武、水谷豊、古舘伊知郎、堺正章、モト冬樹、秋元康、和田アキ子らは「タカアキ」と呼ぶ(木梨はフルネームで、堺はタカ、秋元は石橋くんと呼ぶことも)。またヒロミは「石橋くん」、勝俣州和は「貴明さん」と呼ぶのが基本だが、石橋の振る舞いに怒り興奮すると2人とも「イシバシ!!」と呼び捨てにすることも。SMAPの中居正広も、通常は「タカさん」、たまに「石橋くん」と呼んでいるが、テンションが上がると「イシバシ!!」と呼ぶことも。飲み友達で、プライベートで親交が深いコージー冨田もテレビでは「石橋貴明」とフルネームで呼ぶことが多い。次長課長の河本準一のみ、テレビ番組中で「ジジィ」・「ジィジ」と呼ぶ。長い交流がある藤井フミヤ、東国原英夫、定岡正二らは「タカちゃん」と呼ぶ。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たやしきたかじんやしき たかじん

    芸能界きっての傍若無人で、かなり強烈な稀有の「イジり」キャラのタレントとして有名。芸能界の同じようなキャラとしては横山やすしや上岡龍太郎、やしきたかじんなどが挙げられるが、関東のお笑いタレントの中ではこれほどの「イジり」キャラは石橋の他にはさほど見受けられない。たいていイジりの矛先はお笑い芸人だと思われがちだが、石橋はアイドル、歌手、俳優、スポーツ選手、さらには番組スタッフや素人とジャンルを問わない。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見たチェッカーズ

    自身の音楽活動としては、「NHK紅白歌合戦」において別名義で2回の初出場をしている(1991年:とんねるず、1999年:野猿)。1997年には「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」発のユニットで工藤静香と組んだ“Little Kiss”の「A.S.A.P.」(オリコン初登場3位)、また同年に定岡正二・デビット伊東と組んだ“ANDY'S”の「FREEDOM」(作曲:佐野元春)(オリコン初登場10位)をリリースし、人気を博した。Little Kissでは当時ヒット曲を輩出していた宝石会社のCMソングに起用され、PVでの過激な二人の絡みや、生放送音楽番組「ミュージックステーション」で間奏中にキスをして話題になった。ANDY'Sでは河村隆一やHOUND DOGのライブに飛び入り参加した。後に“関東裸会三羽烏”や、松田聖子との“SEIKO with Crazy.T”でCDリリースをしている。公式のCDリリースのなかったものとしては「矢島工務店」がある(琴担当)。この矢島工務店の流れを汲み、2008年には、「とんねるずのみなさんのおかげでした」での企画として「矢島美容室」が結成され、メンバーのプロデュースを行っている(メンバーとは飽くまで別人ということになっている)。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た平畠啓史

    石橋の特徴として「メインよりもその横にいる埋もれがちな人をトコトンいじる」ということが目立つ。とんねるずのみなさんのおかげでしたの「食わず嫌い王決定戦」で若手芸人コンビが出ると、どちらかというと目立たないほうにスポットを当てたり(例:DonDokoDon・平畠、雨上がり決死隊・蛍原、など)、「うたばん」でバンドが出演する際には、ボーカルではなくベーシストやドラマー(例:LUNA SEA・真矢、PENICILLIN・O-JIRO、など)、の特異な外見に注目したり、ジャニーズ系のアイドルグループが来れば中心人物の横にいそうな「天然キャラ」っぽいメンバーを好む傾向がある(嵐の大野智、KAT-TUNの中丸雄一、V6の坂本昌行、関ジャニ∞の安田章大、Hey! Say! JUMPの知念侑李など)。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋貴明

    石橋貴明から見た東国原英夫

    愛称 : 「タカ(貴)さん」「タカちゃん」「イシバシ」「タカアキ」など。20歳代の頃は主に女性ファンから「タカちゃん」と呼ばれていた。また、「バシタカ」と呼ばれた時期もある。相棒の木梨憲武、水谷豊、古舘伊知郎、堺正章、モト冬樹、秋元康、和田アキ子らは「タカアキ」と呼ぶ(木梨はフルネームで、堺はタカ、秋元は石橋くんと呼ぶことも)。またヒロミは「石橋くん」、勝俣州和は「貴明さん」と呼ぶのが基本だが、石橋の振る舞いに怒り興奮すると2人とも「イシバシ!!」と呼び捨てにすることも。SMAPの中居正広も、通常は「タカさん」、たまに「石橋くん」と呼んでいるが、テンションが上がると「イシバシ!!」と呼ぶことも。飲み友達で、プライベートで親交が深いコージー冨田もテレビでは「石橋貴明」とフルネームで呼ぶことが多い。次長課長の河本準一のみ、テレビ番組中で「ジジィ」・「ジィジ」と呼ぶ。長い交流がある藤井フミヤ、東国原英夫、定岡正二らは「タカちゃん」と呼ぶ。石橋貴明 フレッシュアイペディアより)

236件中 71 - 80件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード