石清水八幡宮 ニュース&Wiki etc.

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、京都府八幡市にある神社。旧称は男山八幡宮。二十二社(上七社)の一社で、伊勢神宮とともに二所宗廟の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。宮中の四方拝で遥拝される一社。 (出典:Wikipedia)

「石清水八幡宮」最新ニュース

「石清水八幡宮」Q&A

  • Q&A

    【古典・徒然草】「仁和寺にある法師」より、 ・・・・・極楽寺、高良などを拝みて、かば…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月7日 01:00

  • Q&A

    枚方〜八幡あたりで昼会食のお店 こんど、子供の七五三参りに行った帰りに家族で会食に行…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月4日 08:42

  • Q&A

    この花の名前を教えてください。場所は京都の石清水八幡宮の参道で、5日ほど前の撮影です…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月19日 06:13

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「石清水八幡宮」のつながり調べ

  • 三津寺荘

    三津寺荘から見た石清水八幡宮

    石清水八幡宮領として成立しており、付近にある御津宮との関連性も指摘されている。承久2年(1220年)に石清水八幡宮検校であった祐清が壇殿女房と称する女性に充てた譲状の中に「摂津国三津寺」の地名が登場する。応永22年(1415年)に作成された「摂津国三津寺荘田畠注進」や同時期とみられる年月不詳の「三津寺荘公事物注帳」(ともに『石清水文書』)から、同荘に早田・晩田・灯油屋敷・蔬菜畠の存在、更に鯛などの魚類が公事として徴収されていた事実が確認でき、小規模ながらも海に近く交通の便も良い同荘の豊かぶりを窺うことができる。戦国時代には河内畠山氏の勢力がこの地にも及び、天文年間と推定される書状には、高屋城の畠山氏重臣吉益匡弼から三津寺荘に人夫が課され、これに石清水八幡宮側が反発する遣り取りを記されている。豊臣政権下では大坂城に近いこともあり、直轄地化されて「三津寺村」と称せられる。大坂の陣後の大坂市街地拡張の影響で元和6年(1620年)秋に大坂市中に編入された。(三津寺荘 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡神社 (酒田市市条)

    八幡神社 (酒田市市条)から見た石清水八幡宮

    一条八幡宮の創建は、元慶元年(877年)に、出羽国国司藤原朝臣により、蝦夷討伐を祈願して、石清水八幡宮から勧請されたことに始まる(小野篁による勧請とも)。建立当時の出羽国府「城輪柵」に近く、出羽国府宮(総社)ではなかったかと推定されているが、諸説あり、いまだ断定はされていない。(八幡神社 (酒田市市条) フレッシュアイペディアより)

「石清水八幡宮」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「石清水八幡宮」のニューストピックワード