前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
426件中 1 - 10件表示
  • 八幡神

    八幡神から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    八幡神は応神天皇の神霊とされたことから皇祖神としても位置づけられ、『承久記』には「日本国の帝位は伊勢天照太神・八幡大菩薩の御計ひ」と記されており、天照皇大神に次ぐ皇室の守護神とされていた。誉田八幡宮の創建と応神天皇とのつながりが古くから結び付けられ、皇室も宇佐神宮(宇佐八幡宮)や石清水八幡宮を伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟として崇敬した。八幡神 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    康平6年(1063年)8月に河内国(大阪府羽曳野市)を本拠地とする河内源氏2代目の源頼義が、前九年の役での戦勝を祈願した京都の石清水八幡宮護国寺(あるいは河内源氏氏神の壺井八幡宮)を鎌倉の由比郷鶴岡(現材木座1丁目)に鶴岡若宮として勧請したのが始まりである。永保元年(1081年)2月には河内源氏3代目の源義家(八幡太郎義家)が修復を加えた。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡市

    八幡市から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    八幡市(やわたし)は、京都府の南部に位置する人口約7万人の市である。市名は市内に鎮座する日本三大八幡宮の一社、石清水八幡宮に由来する。八幡市 フレッシュアイペディアより)

  • 鞆淵八幡神社

    鞆淵八幡神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    元は石清水八幡宮の荘園である鞆淵荘の産土神を祀るために同八幡宮の別院として平安時代に創建されたと推定されている。鞆淵八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 松花堂

    松花堂から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    松花堂(しょうかどう)は、江戸時代初期の僧侶(石清水八幡宮の社僧)で文化人であった松花堂昭乗がその晩年の寛永14年(1637年)に構えた草庵の名称である。現在の京都府八幡市、石清水八幡宮のある男山の東麓に泉坊という宿坊があり、その中にこの草庵があった。松花堂 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    全国に約44,000社ある八幡宮の総本社である。石清水八幡宮・筥崎宮(または鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一つ。古くは八幡宇佐宮または八幡大菩薩宇佐宮などと呼ばれた。また神仏分離以前は神宮寺の弥勒寺(後述)と一体のものとして、正式には宇佐八幡宮弥勒寺と称していた。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡市駅

    八幡市駅から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水八幡宮へ向かう男山ケーブルとの乗り換え駅であるとともに、駅前にバスターミナルが設けられている。しかし、同市内のバス路線の多くが大阪府枚方市北部にある樟葉駅を拠点としている事に加え、八幡市の人口の重心となっている男山団地が同駅寄りにあるため、当駅の乗降客数は樟葉駅の約6分の1程度に留まっている。八幡市駅 フレッシュアイペディアより)

  • 南本町 (八尾市)

    南本町 (八尾市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    旧別宮村の名の由来は別宮八幡宮(矢作神社)。平安時代にはこの周辺は掃部別宮と呼ばれ、石清水八幡宮の別宮・荘園があった。延久4年の荘園整理の際は存続が認められている。南本町 (八尾市) フレッシュアイペディアより)

  • 八幡神社 (河内長野市)

    八幡神社 (河内長野市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    八幡神社(はちまんじんじゃ)とは大阪府河内長野市にある神社。京都の石清水八幡宮別宮である。通称「流谷八幡神社」(ながれたにはちまんじんじゃ)。八幡神社 (河内長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 萬家一斎

    萬家一斎から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    2003年(平成15年) 石清水八幡宮、香取神宮、江島神社、伊勢神宮に画が収蔵される。三越百貨店多摩センター店で「みはしまり展」を開催する。東京都渋谷区で壁画制作をする。江戸幕府開府四百年記念「日本橋祭り」に招聘される。萬家一斎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
426件中 1 - 10件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード