前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
324件中 1 - 10件表示
  • 八幡神

    八幡神から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    八幡神は応神天皇の神霊とされたことから皇祖神としても位置づけられ、『承久記』には「日本国の帝位は伊勢天照太神・八幡大菩薩の御計ひ」と記されており、天照皇大神に次ぐ皇室の守護神とされていた。誉田八幡宮の創建と応神天皇とのつながりが古くから結び付けられ、皇室も宇佐神宮(宇佐八幡宮)や石清水八幡宮を伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟として崇敬した。八幡神 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡市

    八幡市から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水八幡宮の門前町として発達した。八幡市 フレッシュアイペディアより)

  • 松花堂

    松花堂から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    松花堂(しょうかどう)は、江戸時代初期の僧侶(石清水八幡宮の社僧)で文化人であった松花堂昭乗がその晩年の寛永14年(1637年)に構えた草庵の名称である。現在の京都府八幡市、石清水八幡宮のある男山の東麓に泉坊という宿坊があり、その中にこの草庵があった。松花堂 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡八幡宮

    鶴岡八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    康平6年(1063年)8月に河内国(大阪府羽曳野市)を本拠地とする河内源氏2代目の源頼義が、前九年の役での戦勝を祈願した京都の石清水八幡宮護国寺(あるいは河内源氏氏神の壺井八幡宮)を鎌倉の由比郷鶴岡(現材木座1丁目)に鶴岡若宮として勧請したのが始まりである。永保元年(1081年)2月には河内源氏3代目の源義家(八幡太郎義家)が修復を加えた。鶴岡八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡市駅

    八幡市駅から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水八幡宮へ向かう男山ケーブルとの乗り換え駅であるとともに、駅前にバスターミナルが設けられている。しかし、同市内のバス路線の多くが大阪府枚方市北部にある樟葉駅を拠点としている事に加え、八幡市の人口の重心となっている男山団地が同駅寄りにあるため、当駅の乗降客数は樟葉駅の約5分の1程度に留まっている。八幡市駅 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    全国に約44,000社ある八幡宮の総本社である。石清水八幡宮・筥崎宮(または鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一つ。通称として宇佐八幡・宇佐八幡宮とも呼ばれる。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡の戦い

    八幡の戦いから見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    八幡の戦い(はちまんのたたかい、男山の戦い、男山八幡の戦いとも)は、南北朝時代の観応の擾乱における合戦の一つ。1352年(南朝:正平7年/北朝:文和元年)閏2月から5月にかけて、山城国京都から男山八幡(京都府八幡市の石清水八幡宮)において、後村上天皇ら南朝方の軍勢と、足利義詮ら北朝方の軍勢との間で行われた合戦である。八幡の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 南本町 (八尾市)

    南本町 (八尾市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    旧別宮村の名の由来は別宮八幡宮(矢作神社)。平安時代にはこの周辺は掃部別宮と呼ばれ、石清水八幡宮の別宮・荘園があった。延久4年の荘園整理の際は存続が認められている。南本町 (八尾市) フレッシュアイペディアより)

  • 鳩峯八幡神社 (所沢市)

    鳩峯八幡神社 (所沢市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    後述するように当社は石清水八幡宮の分社であり、祭神もそのまま石清水八幡宮のそれをなぞっている。それによると、誉田別命は応神天皇、比売神は宗像三女神(多紀理毘売命・市寸島比売命・多岐都比売命)、気長足姫尊は応神天皇の母・神功皇后を指すことになる。鳩峯八幡神社 (所沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 金澤八幡宮

    金澤八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    後三年の役で奥羽を平定した河内源氏の源義家が、奥州藤原氏初代の藤原清衡に命じ京都の石清水八幡宮の八幡神を、陥落させた金沢柵跡に勧請し社殿を創建し、金澤八幡神社としたのが始まりである。江戸時代には、源義家の弟・源義光の末裔である佐竹氏が秋田藩主となったため厚く信仰され、1604年(慶長9年)以来十数回の修改築がなされている。1989年(平成元年)に金澤八幡宮と改称した。金澤八幡宮 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
324件中 1 - 10件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード