426件中 91 - 100件表示
  • 片倉村長

    片倉村長から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1685年(貞享2年)、白石城の鎮守社として石清水八幡宮の分霊を勧請して益岡八幡宮を建立する。片倉村長 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原成房

    藤原成房から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    長徳4年(998年)および長徳5年(999年)の石清水臨時祭試楽の舞人に選抜され、また長保3年(1001年)の東三条院の四十の御賀の試楽でも舞人を務めるなど、舞楽の心得があったと想定される。藤原成房 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田宗房

    吉田宗房から見た男山八幡宮石清水八幡宮

    正平一統時、後村上天皇が男山八幡宮まで兵を進めた際に宗房が加わっていたことが、『園太暦』や『太平記』によって知られている。この際(正平7年(1352年)閏2月21日)の臨時叙位において、正三位が与えられている。その後も正平8年/文和2年(1353年)に南朝軍が京都を一時占領した際には宗房が京都の洞院公賢・久我長通らに降伏条件の通告を行うために上洛しているが、この時は宗房の帰還後に後光厳天皇を奉じた足利尊氏が京都を奪還したために失敗に終わった。なお、この際にも意見対立があったようで、天皇の勅勘を蒙ったとされている。吉田宗房 フレッシュアイペディアより)

  • 洞院実清

    洞院実清から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    後醍醐天皇の忠臣である父・公敏が元弘の乱に坐して出家したため、これを継いで南朝に参仕した。『尊卑分脈』の尻付には「左中将正四下、参南朝」とだけ記されているから、公卿としての官途は南朝における叙任と考えられよう。正平6年/観応2年(1351年)正平一統時には権中納言であり、翌正平7年(1352年)正月の叙位で従二位に昇叙。同年5月八幡の戦いで敗れて男山が陥落した際、洞院実世や四条隆俊らとともに河内国東条へ落ち延びている。正平8年/文和2年(1353年)賀名生で催された『内裏千首』に詠進。正平9年/文和3年(1354年)12月には既に大納言へ進んでいたが、その後の消息は不明である。正平14年/延文4年(1359年)8月の筑後川の戦いで懐良親王に従軍して討死した「洞院権大納言」とはあるいは実清のことかと思われるが、確証はない。和歌は、『新葉和歌集』に2首入集する。洞院実清 フレッシュアイペディアより)

  • マチカネイワシミズ

    マチカネイワシミズから見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    マチカネイワシミズは、日本の競走馬、種牡馬である。1986年の1年間のみ競走馬として5戦に出走、3勝を挙げ同年引退。引退後は種牡馬として1995年まで供用された後、種牡馬登録を抹消された。目立った産駒は無かったものの、種付け料が無料であることで知られている。全兄には皐月賞馬のハードバージがいる。馬名は冠名「マチカネ」+石清水八幡宮から命名された。マチカネイワシミズ フレッシュアイペディアより)

  • 永観 (僧)

    永観 (僧)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    永観(ようかん/えいかん、長元6年(1033年) - 天永2年11月2日(1111年12月4日))は、平安時代後期の三論宗の僧。実父は文章生源国経で、石清水八幡宮別当元命の養子となる。禅林寺の7世住持であり、中興の祖とされる。禅林寺の通称である「永観堂」は永観にちなむものである。永観 (僧) フレッシュアイペディアより)

  • 六郷神社

    六郷神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    社伝によると天喜5年(1057年)、源頼義、源(八幡太郎)義家父子が、この地の大杉の梢高くに源氏の白旗をかかげて軍勢をつのり、石清水八幡宮に武運長久を祈願したところ軍の士気が大いに高まり、 前九年の役で勝利したため、凱旋後に石清水八幡宮の分霊を勧請し八幡宮を創建したとされる。江戸時代には「六郷八幡宮」と称していた。六郷神社 フレッシュアイペディアより)

  • 花山院長親

    花山院長親から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    南朝末期には吉野を離れて流浪していたらしく、元中9年/明徳3年(1392年)の南北朝合一以前に上洛して妙光寺で出家し、臨済宗法燈派の聖徒明麟に就いて子晋明魏と号した。応永2年(1395年)東山如住院へ移り、同5年(1398年)その付近に耕雲庵を結んで南禅寺の塔頭とし、その庵号をもって耕雲とも称する。またこの前後に明麟の開いた同寺塔頭の禅栖院にも住する傍ら、『両聖記』・『霊巌寺縁起』・『衣奈八幡宮縁起』を執筆した。長親の歌人としての名声は京都でも聞こえ、やがて足利将軍の歌道師範となり、同14年(1407年)12月足利義満の十首歌へ批点を加え、翌15年(1408年)3月には歌論書『耕雲口伝』を執筆。同18年(1411年)大内盛見に『古今集』を講じ、同20年(1413年)将軍足利義持に『孟子』を進講した。同21年(1414年)2月義持の命で冷泉為尹・宋雅とともに北野社十五首歌を詠進し、同年冬には足利満詮邸で「七百番歌合」(散佚)の判者を務めている。またこれ以降、義持の没する応永35年(1428年)まで厚遇を受け、奈良・天橋立などの遊覧、北野・男山・清水寺への参宮・参籠などにしばしば随行したが、同25年(1418年)9月の伊勢参宮に随行した際の紀行文が『耕雲紀行』である(翌春執筆)。その他、同26年(1419年)伏見宮貞成親王の仙洞歌会や歌合に参会し、同29年(1422年)5月『日御碕社造営勧進記』を記し、同32年(1425年)頃には正徹とも親交を得るなど、晩年まで幅広く活躍した。花山院長親 フレッシュアイペディアより)

  • 油座

    油座から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    代表的なものに興福寺大乗院を本所とした符坂油座(奈良)・木村(こむら)油座(天王寺)、筥崎八幡宮を本所とした博多油座などがあったが、最大のものとして知られていたのが、離宮八幡宮(石清水八幡宮元社)を本所とした大山崎油座である。鎌倉時代には本所の力を背景に関銭免除の特権を得て、京都への進出や畿内周辺や西国において油の主原料である荏胡麻を大量に買い付けていたが、南北朝時代には室町幕府と結びついて京都での独占販売権を獲得した他、九州や大乗院系の油座が支配する大和国以外の西国各地における油の販売を独占し、他の油座や油商人を次々に傘下に収めていった。ところが、応仁の乱で大山崎が東軍の拠点とされたために戦場となり、室町幕府の権威も失墜したことから大山崎油座の地位も動揺する。戦国時代に入ると、戦国大名が自国の油商人を保護する政策を取り、新たに菜種油が登場したことで油座を取り巻く環境は決定的な変化を迎えた。油座 フレッシュアイペディアより)

  • 源隆保

    源隆保から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    当時の征夷大将軍であった源頼朝とは従兄弟に当たり、建久6年(1195年)に頼朝が東大寺再建供養に出席するために上洛して六波羅の邸に入った際には、隆保は頼朝と対面して贈り物をしたという。その後に行われた頼朝の石清水八幡宮等参詣の折にも隆保はこれに供奉した。源隆保 フレッシュアイペディアより)

426件中 91 - 100件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード