324件中 91 - 100件表示
  • 白幡八幡神社

    白幡八幡神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    寛和元年(985年)に大和国の僧妙香がこの地を訪れ、阿弥陀如来像を奉納し如来寺(現在の般若院)を創建した際、山城国の石清水八幡宮より御神影を勧請し、寺の隣地に鎮守神として建立したのが当社の起こりであるという。白幡八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 来迎寺 (守口市)

    来迎寺 (守口市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    正平2年(1347年)、大念仏寺7世法明上人の弟子、実尊誠阿上人西願が河内国茨田郡下仁和寺庄守口村(守口市来迎町)に天筆如来を本尊として一宇を建立したのが始まりとされる。天筆如来とは、石清水八幡宮を創建した僧・行教が貞観元年(859年)に感得したとされる、阿弥陀三尊の絵像である。後に南朝後村上天皇の勅願寺となり、釈迦如来立像の寄進を受け、本堂に放光殿の号を賜る。来迎寺 (守口市) フレッシュアイペディアより)

  • 土佐一条氏

    土佐一条氏から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    不破八幡宮 - 一条教房により、一条氏守護神として石清水八幡宮から勧請。土佐一条氏 フレッシュアイペディアより)

  • 日吉八幡神社

    日吉八幡神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    社伝では、平安時代、日枝山王と石清水八幡宮を勧請し日吉山延命寺と称したとされているが、鎌倉時代とする説もあり詳細は不明。当初は秋田郡笹岡村(現在の秋田市外旭川)に鎮座したが、鎌倉時代には五十丁村(現在の秋田市上新城五十丁)に遷り、天正17年(1589年)に安東実季により飯島村に、元和元年(1615年)には佐竹義宣により寺内村字油田に遷ったと伝えられている。寛文2年(1662年)現在地に移ったが大火により焼失し、安永7年(1778年)に再建した。日吉八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本居合道連盟

    大日本居合道連盟から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    5月:居合道全国大会(京都大会)が京都 石清水八幡宮で開催される。大日本居合道連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 朝倉源太郎

    朝倉源太郎から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    安政4年(1857年)、床机廻に抜擢され、文久3年(1863年)2月に藩主・徳川慶篤が上洛すると、これに扈従し、孝明天皇の賀茂神社行幸、石清水八幡宮行幸に随行。同年4月に江戸に帰府した。元治元年(1864年)1月、歩行目付に任ぜられる。同年6月、源太郎は水戸藩内の親幕府勢力である諸生党を排除せんとして、有志とともに大挙して江戸にのぼり、小金に同志とともに集結する。同年8月、水戸藩主名代として支藩の宍戸藩主・松平頼徳が水戸藩内の騒乱沈静化のために下向すると、これに随って頼徳の命を受けられない諸生党と戦った。しかし、幕府は親幕府勢力である諸生党に味方し、藩主名代である頼徳はおろか尊皇攘夷派を賊軍とみなし、討伐の対象とされる。10月23日、天狗党主力部隊の大将である榊原新左衛門が幕府に降伏する中、源太郎は潮来勢を率いて、なおも戦い続ける武田耕雲斎、田丸稲之衛門、藤田小四郎らと合流し、天狗党として志士たちと運命をともにした。しかし、天狗党は越前国敦賀において加賀藩に降伏する。慶應元年2月、朝倉源三郎は志士300余名とともに処刑された。敦賀で処刑された志士たちは多くは故郷・水戸に墓が建立されたが、朝倉源太郎は祖先とされた朝倉氏所縁の越前国敦賀の地に墓所がある。朝倉源太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 尼子長三郎

    尼子長三郎から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    水戸藩士尼子久道の子として生まれた長三郎は天保12年(1841年)、床机廻として藩に出仕した。弘化元年(1844年)に藩主・徳川斉昭が幕譴を受けて隠居を命ぜられると、宥免運動に奔走し、諸藩の志士と交わった。安政2年(1855年)に馬廻組となり、万延元年(1860年)には尼子家の家督を相続した。文久2年(1862年)3月に同僚の美濃部又五郎らとともに長州藩別邸において長州藩有志と会い、水戸藩と長州藩の提携に奔走した。同3年(1863年)2月、藩主・徳川慶篤が勅命により上洛すると、これに扈従して、孝明天皇の賀茂社行幸や石清水八幡宮への参拝にも随従した。同年4月に江戸に帰府し、6月には小姓頭取に昇任した。その後、公卿の間を奔走し、尊皇攘夷の実現を訴えたが、11月25日に急死する。享年46。没後、従五位を贈位される。尼子長三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松義則

    赤松義則から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    赤松則祐の子。家督相続前から将軍・足利義満に仕えて活動しており、応安4年(1371年)8月27日に石清水八幡宮の造営奉行に任命された。赤松義則 フレッシュアイペディアより)

  • 宇美八幡宮

    宇美八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    社伝「伝子孫書」によれば、神功皇后が三韓征伐からの帰途に応神天皇を産んだ地に、敏達天皇3年に応神天皇を祀ったのに始まる。「宇美」の地名も「産み」に由来するものである。平安時代ごろから石清水八幡宮と本末関係となった。鎌倉時代初期から安産の神として信仰されるようになった。別当寺も宇美山誕生寺と称していた。宇美八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野明霞

    宇野明霞から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    明霞は生涯、妻帯することはなかった。享年48。京都極楽寺に葬られる。宇野明霞 フレッシュアイペディアより)

324件中 91 - 100件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード