426件中 11 - 20件表示
  • 八幡の戦い

    八幡の戦いから見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    八幡の戦い(はちまんのたたかい、男山の戦い、男山八幡の戦いとも)は、南北朝時代の観応の擾乱における合戦の一つ。1352年(南朝:正平7年/北朝:文和元年)閏2月から5月にかけて、山城国京都から男山八幡(京都府八幡市の石清水八幡宮)において、後村上天皇ら南朝方の軍勢と、足利義詮ら北朝方の軍勢との間で行われた合戦である。八幡の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 大分八幡宮

    大分八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    『筥崎宮縁起』(石清水八幡宮記録)によれば、平安時代の延喜21年(921年)箱崎浜(現福岡市東区箱崎)への遷座の託宣があって、延長元年(923年)に遷座したのが筥崎宮の始まりであるとし、宇佐神宮の託宣集である『八幡宇佐宮託宣集』にも筥崎宮の神託を引いて、「我か宇佐宮より穂浪大分宮は我本宮なり」とあるが、筥崎宮へ遷座した後も九州五所別宮の第一社として篤く信仰されていた。大分八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • VOGA

    VOGAから見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1997年に劇団維新派に所属していた草壁カゲロヲと近藤和見により結成された。以来、主演を草壁、作・演出・音楽を近藤が担当するという形式で上演。一般的な劇場での公演の他、野外に基礎舞台を組み上げ上演を行う野外劇公演も多数行っている。劇的な要素を強調した総合芸術のスタイルをとり、物語・音楽・美術・映像が空間をスペクタクルに転化させる大掛かりなものである。古典的物語や現代舞台に必須とされる身体表現も行いつつも、その演出手法・劇場空間設定の異質さで、他の小劇場劇団や商業劇のいずれとも違う舞台表現が特徴。公演は観客にとって一種の『旅』と考え、「日常から地続きの非日常へ迎え入れる」ことをコンセプトとし、一般劇場の他、神社・教会・現代美術館・ライブハウス・造船所跡地など、屋内、野外を問わず上演。野外公演ではスタッフ・役者、総勢約70名超の一座が組まれ表現者交流のターミナルとしても機能している。本公演は2013年までで9回。2014年10月には京都石清水八幡宮野外特設舞台で第10回本公演『Vector』を上演。VOGA フレッシュアイペディアより)

  • 竈門神社

    竈門神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    社殿に関しては、長治2年(1105年)の焼亡の記事に始まり、御占・遷宮の記事を経て、久寿2年(1155年)に再度焼亡とそれに伴う訴えの記事が見える。社司は、天元2年(979年)の段階では大宮司が一山の貫主を担っていたが、11世紀末頃には神仏一体となっており、大山寺別当が当社含め一山を取り仕切っていたと見られている。長治2年(1105年)には、当社神宮寺の大山寺の別当職を巡り、延暦寺と石清水八幡宮が争いを見せた。竈門神社 フレッシュアイペディアより)

  • 面掛行列

    面掛行列から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1187年、鶴岡八幡宮の放生会は流鏑馬のみであったが、京都の石清水八幡宮に倣って雜色を呼んで面掛行列が始まる。面掛行列 フレッシュアイペディアより)

  • 勅祭

    勅祭から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    三勅祭は、勅祭のうち、旧儀保存の目的で古式を参照した特殊な内容を持つものを特にという。三勅祭とは賀茂神社の賀茂祭(葵祭)、石清水八幡宮の石清水祭、春日大社の春日祭の3つである。これらは江戸時代以前の慣例による束帯を着た勅使が派遣され、随行の官人である弁官その他の「代」として、やはり古い故実に則った姿をした人々が奉仕する。これらの人々と神社の神職が儀式次第にしたがい執行するものである。ただし石清水祭は神仏習合色の強い石清水放生会を継承しつつ、神道色を強めているなど、さまざまな変更は行われている。また装束も新調が重ねられる過程で次第に故実に合わないものになりつつある。なお、これら三社の祭儀の際に、勅使が神前にて奏上する祭文の書かれる鳥の子紙について、賀茂神社には紅色、石清水八幡宮・春日大社には黄色のものが用いられる。これは、三勅祭に限らず、遷宮など特別の祭儀の際にも用いられる。勅祭 フレッシュアイペディアより)

  • 四方拝

    四方拝から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    儀式の大要は次の通りである。1月1日(元日)の午前5時30分に、天皇が黄櫨染御袍と呼ばれる束帯を着用し、皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に設けられた仮屋の中に入り、伊勢神宮の皇大神宮・豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神祇を拝する。この時に天皇が拝する神々・天皇陵は、伊勢神宮、天神地祇、神武天皇陵・先帝三代の各山陵、武蔵国一宮(氷川神社)、山城国一宮(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)、石清水八幡宮、熱田神宮、常陸国一宮(鹿島神宮)、下総国一宮(香取神宮)である。四方拝 フレッシュアイペディアより)

  • 神饌

    神饌から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水八幡宮 石清水祭「供花神饌」 - 京都府八幡市神饌 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩峯八幡神社 (所沢市)

    鳩峯八幡神社 (所沢市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    後述するように当社は石清水八幡宮の分社であり、祭神もそのまま石清水八幡宮のそれをなぞっている。それによると、誉田別命は応神天皇、比売神は宗像三女神(多紀理毘売命・市寸島比売命・多岐都比売命)、気長足姫尊は応神天皇の母・神功皇后を指すことになる。鳩峯八幡神社 (所沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 軍神

    軍神から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    また平安時代後期から中世にかけて、武家の筆頭であった清和源氏が石清水八幡を氏神とし、鎌倉の鶴岡八幡宮をはじめ各地に勧請したことから、八幡神は広く武士達に軍神として崇拝されるようになった。軍神 フレッシュアイペディアより)

426件中 11 - 20件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード