324件中 11 - 20件表示
  • 叶神社

    叶神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    勧請した石清水八幡宮と同様、共に、誉田別尊(応神天皇)など八幡神を祭神とする。叶神社 フレッシュアイペディアより)

  • 面掛行列

    面掛行列から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1187年、鶴岡八幡宮の放生会は流鏑馬のみであったが、京都の石清水八幡宮に倣って雜色を呼んで面掛行列が始まる。面掛行列 フレッシュアイペディアより)

  • 大分八幡宮

    大分八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    『筥崎宮縁起』(石清水八幡宮記録)によれば、平安時代の延喜21年(921年)箱崎浜(現福岡市東区箱崎)への遷座の託宣があって、延長元年(923年)に遷座したのが筥崎宮の始まりであるとし、宇佐神宮の託宣集である『八幡宇佐宮託宣集』にも筥崎宮の神託を引いて、「我か宇佐宮より穂浪大分宮は我本宮なり」とあるが、筥崎宮へ遷座した後も九州五所別宮の第一社として篤く信仰されていた。大分八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴嶺八幡宮

    鶴嶺八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    長元3年(1030年)9月に河内国(大阪府羽曳野市)を本拠とする源頼信の子源頼義が下総の乱鎮定の折り、京都にある石清水八幡宮を懐島八幡宮として勧請した(宇佐神宮を勧請したとも)のが始まりであるという。後に源氏が現在の場所に分祀した。鶴嶺八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉文化

    鎌倉文化から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    思円房叡尊は律宗中興の祖といわれ、西大寺を再興して戒律復興に努めるいっぽう、道路の修復や架橋、貧民・病者の救済など社会事業に力を尽くした。叡尊はまた、元寇に際して敵国調伏の祈祷を石清水八幡宮でおこなったことでも知られる。鎌倉文化 フレッシュアイペディアより)

  • 軍神

    軍神から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    また平安時代後期から中世にかけて、武家の筆頭であった清和源氏が石清水八幡を氏神とし、鎌倉の鶴岡八幡宮をはじめ各地に勧請したことから、八幡神は広く武士達に軍神として崇拝されるようになった。軍神 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡宮

    八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    近代社格制度においては宇佐神宮、石清水八幡宮、筥崎宮、鹿児島神宮の四社が官幣大社の社格に列し、特に宇佐神宮、石清水八幡宮、筥崎宮(※または筥崎宮に代えて、鶴岡八幡宮)の三社が日本三大八幡宮とされる。八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 元寇

    元寇から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    同年10月25日、後深草上皇が石清水八幡宮へ行幸して異国の事について祈願している。元寇 フレッシュアイペディアより)

  • 大御食神社

    大御食神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    八幡大神が 相殿に祀られている。陽成天皇の御代、元慶三年(879)石清水八幡ノ宮より迎えられた。大御食神社 フレッシュアイペディアより)

  • 源義家

    源義家から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    源頼義の長男として、河内源氏の本拠地である河内国石川郡壺井(現大阪府羽曳野市壺井)の香炉峰の館に生まれたという説、鎌倉で生まれたとの説もあるが、いずれも伝承の域を出ない。幼名は不動丸、または源太丸。七歳の春に、京都郊外の石清水八幡宮で元服したことから八幡太郎と称す。源義家 フレッシュアイペディアより)

324件中 11 - 20件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード