324件中 21 - 30件表示
  • 塩座

    塩座から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    京都には瀬戸内海から淀の魚市場を経由して入ってくる塩を扱う淀魚市塩座があり、西園寺家を本所と仰ぎ石清水八幡宮の神人も加わっていた。また、淀から入手した塩や塩合物を扱う山城西岡の塩合物西座も同様の保護を受けていた。更に洛中では淀などから塩を仕入れて販売していた東坊城家を本所と仰ぐ六人百姓塩座、若狭や伊勢方面から近江を経由する塩を扱う粟津供御人や保内商人の塩座もあった。奈良には木津川を経由する木津座と堺方面から大和国平群郡などの陸路を経由する奈良座があり、興福寺大乗院(正確には別院の正願院(現在の正暦寺))を本所としていたが、同寺の一乗院にも公事銭の一部(1/4)を治めていた。後に塩問屋からなる塩本座と振売行商からなる(塩)シタミ座に分化した。塩座 フレッシュアイペディアより)

  • 福田盛雅

    福田盛雅から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    高須杉原氏所蔵書状に、永正5年(1508年)に備後国人衆が大内義興に従い上洛した際と思われる石清水八幡宮宛の文書もあり、信仰深い教養人であったことが伺える。福田盛雅 フレッシュアイペディアより)

  • 神功皇后縁起絵巻

    神功皇后縁起絵巻から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    神功皇后縁起絵巻(じんぐうこうごうえんぎえまき)は、大阪府羽曳野市の誉田八幡宮が所蔵する上下2巻の絵巻物である。室町期中期永享5年(1433年)の作。神功皇后の三韓征伐と、宇佐八幡宮・筥崎八幡宮・石清水八幡宮の由来を描いている。神功皇后縁起絵巻 フレッシュアイペディアより)

  • 臨時祭

    臨時祭から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    もう1つは、平安時代中期以後に登場した天皇の発願に由来して、朝廷における年中行事として定着した有力神社の祭祀を指す。恒例祭が勅使の派遣によって臨時祭化した平野臨時祭以外は、各神社においては恒例祭とは別に新たに始められた祭祀である。889年(寛平元年)に宇多天皇の御願で開始され、899年(昌泰2年)に恒例化された賀茂神社の臨時祭(11月下酉日)、942年(天慶5年)に朱雀天皇の御願で開始され、971年(天禄2年)に恒例化された石清水八幡宮の臨時祭(3月中午日)、985年(寛和元年)に花山天皇の御願で開始された平野神社の臨時祭(4月・11月の両上申日)、1124年(天治元年)に崇徳天皇の御願で開始された祇園神社の臨時祭(祇園祭翌日)などがある。これらの祭りには毎年勅使が派遣されて祭幣・歌舞・走馬などが奉納され、天皇の宝祚と皇統の長久が祈願された。多くは室町時代に中絶し、幕末に復興された賀茂・石清水の臨時祭も1870年(明治3年)に廃止が命じられた。臨時祭 フレッシュアイペディアより)

  • 預 (官職)

    預 (官職)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    その他に荘園では在地において荘務を掌る職として預が置かれたり、神社の社務や寺院の寺務を掌る者として置かれた例もある。春日大社や石清水八幡宮では上位の神官として正預・権預が任じられていた。預 (官職) フレッシュアイペディアより)

  • 男山八幡宮

    男山八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    男山八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 別府川 (鹿児島県)

    別府川 (鹿児島県)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1282年(弘安5年)に、山城国石清水善法寺別当権大僧都祐清の子、了清が石清水八幡宮の分霊を行い、神領の支配のために大隅国へ下ってきた。一族を引き連れて松原(姶良市の海岸付近)に一旦上陸し、そこから別府川を遡り姶良町船津付近に船を係留して一夜を過ごした。翌朝、東側に上陸して山の上に帖佐郷鍋倉新正八幡宮を建設し、平安城を造営して平山氏の起こりとなった。平山氏は9代目平山越後守武豊が島津氏に討たれるまで、帖佐地区を支配した。船を係留した船石が船津に最近まで残っていて、いつの頃からか行方不明になったと言われている。別府川 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 山田氏 (伯耆国)

    山田氏 (伯耆国)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    『伯耆民談記』は承平5年(935年)に長田山城入道が北条郷山田別宮に入部したのを山田氏の始まりとしている。このほか、山田別宮には紀秀員なる人物が願主の弘安6年(1283年)銘の焚鐘が存在すると記しているが現存していない。また、『石清水八幡宮文書』には文永11年(1274年)6月に石清水八幡宮所司と紀秀真との間に争論があった事が記されている。これらの人物を直接、山田氏と結び付けるのは慎重を要するが古くから北条郷に権益を有していた武士であったことは間違いないと推察される。山田氏 (伯耆国) フレッシュアイペディアより)

  • 浜降祭

    浜降祭から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1030年、源頼義は下総の乱を鎮定のため懐島郷(鶴嶺八幡宮のある場所)に源氏の守護神石清水八幡宮を勧請して戦勝祈願をする。(別に宇佐八幡宮勧請説もある)。浜降祭 フレッシュアイペディアより)

  • 堤城

    堤城から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    城跡付近には、小祠をまつり、城主宗太郎之墓の碑が立てられている。また西側の山の頂部に所在する八幡神社は、承平年間に山田氏の祖とされる長田山城入道が京都石清水八幡宮の八幡を勧進して城の鎮守としたと伝えられる。また『伯耆民諺記』には、弘安6年(1283年)に山田氏の先祖紀氏の鋳造した紀年銘入りの鐘があると記すが、現在は残っていない。堤城 フレッシュアイペディアより)

324件中 21 - 30件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード