426件中 21 - 30件表示
  • 源義家

    源義家から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    源頼義の長男として、河内源氏の本拠地である河内国石川郡壺井(現・大阪府羽曳野市壺井)の香炉峰の館に生まれる。幼名は不動丸、または源太丸。七歳の春に、山城国の石清水八幡宮で元服したことから八幡太郎と称す。源義家 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義就

    畠山義就から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    こうした事情により、義就は嫡子とはされず、石清水八幡宮の社僧になるはずであったが、12歳の時に俄に父持国に召し出されたことから、元々継嗣と決まっていた叔父持富とその子弥三郎政久・政長兄弟らとの凄絶な家督争いが勃発することになる。畠山義就 フレッシュアイペディアより)

  • 叶神社

    叶神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    勧請した石清水八幡宮と同様、共に、誉田別尊(応神天皇)など八幡神を祭神とする。叶神社 フレッシュアイペディアより)

  • 金澤八幡宮

    金澤八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    後三年の役で奥羽を平定した河内源氏の源義家が、奥州藤原氏初代の藤原清衡に命じ京都の石清水八幡宮の八幡神を、陥落させた金沢柵跡に勧請し社殿を創建し、金澤八幡神社としたのが始まりである。江戸時代には、源義家の弟・源義光の末裔である佐竹氏が秋田藩主となったため厚く信仰され、1604年(慶長9年)以来十数回の修改築がなされている。1989年(平成元年)に金澤八幡宮と改称した。金澤八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡宮

    八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    近代社格制度においては宇佐神宮、石清水八幡宮、筥崎宮、鹿児島神宮の四社が官幣大社の社格に列し、特に宇佐神宮、石清水八幡宮、筥崎宮(※また近年は筥崎宮に代えて、鶴岡八幡宮)の三社が日本三大八幡宮とされる。八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 源頼朝

    源頼朝から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    武蔵国に入ると葛西清重、足立遠元に加え、一度は敵対した畠山重忠、河越重頼、江戸重長らも従える。10月6日、かつて父・義朝と兄・義平の住んだ鎌倉へ入り、大倉の地に居宅となる大倉御所をかまえて鎌倉の政治の拠点とした。また先祖の源頼義が京都郊外の石清水八幡宮を勧請した鶴岡八幡宮を北の山麓に移すなど整備を続け、鎌倉は後の鎌倉幕府の本拠地として、発展を遂げる事となる。源頼朝 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴嶺八幡宮

    鶴嶺八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    長元3年(1030年)9月に河内国(大阪府羽曳野市)を本拠とする源頼信の子源頼義が下総の乱鎮定の折り、京都にある石清水八幡宮を懐島八幡宮として勧請した(宇佐神宮を勧請したとも)のが始まりであるという。後に源氏が現在の場所に分祀した。鶴嶺八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉文化

    鎌倉文化から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    思円房叡尊は律宗中興の祖といわれ、西大寺を再興して戒律復興に努めるいっぽう、道路の修復や架橋、貧民・病者の救済など社会事業に力を尽くした。叡尊はまた、元寇に際して敵国調伏の祈祷を石清水八幡宮でおこなったことでも知られる。鎌倉文化 フレッシュアイペディアより)

  • 元寇

    元寇から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    文永の役に先立つ1271年(文永8年・至元8年)10月25日に、後深草上皇が石清水八幡宮へ行幸して異国の事について祈願しており、文永に際して、亀山上皇は石清水八幡宮へこの報賽のため自ら行幸、参拝し徹夜して勝利と国土安穏の御祈謝を行った。翌9日には賀茂・北野両社へも行幸している。元寇 フレッシュアイペディアより)

  • 塩座

    塩座から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    京都には瀬戸内海から淀の魚市場を経由して入ってくる塩を扱う淀魚市塩座があり、西園寺家を本所と仰ぎ石清水八幡宮の神人も加わっていた。また、淀から入手した塩や塩合物を扱う山城西岡の塩合物西座も同様の保護を受けていた。更に洛中では淀などから塩を仕入れて販売していた東坊城家を本所と仰ぐ六人百姓塩座、若狭や伊勢方面から近江を経由する塩を扱う粟津供御人や保内商人の塩座もあった。奈良には木津川を経由する木津座と堺方面から大和国平群郡などの陸路を経由する奈良座があり、興福寺大乗院(正確には別院の正願院(現在の正暦寺))を本所としていたが、同寺の一乗院にも公事銭の一部(1/4)を治めていた。後に塩問屋からなる塩本座と振売行商からなる(塩)シタミ座に分化した。塩座 フレッシュアイペディアより)

426件中 21 - 30件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード