324件中 31 - 40件表示
  • 山名豊重

    山名豊重から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    永正3年(1506年)2月、石清水八幡宮領伯州山田別宮の保全を致豊と共に命ぜられる。この時、伯耆守護・山名澄之征伐のため伯耆出陣が計画されたが同年12月時点で出陣までには至っていない。田総氏宛ての書状には澄之の所行を「言語道断」と豊重が怒る旨が記され、尼子経久の支援で前守護・山名尚之を追放した澄之の行動に強い危機感を抱いていたことが分かる。(『萩藩閥閲録』所収「永正3年12月22日付山名豊重書状写」)山名豊重 フレッシュアイペディアより)

  • 下野國一社八幡宮

    下野國一社八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    下野國一社八幡宮は、天喜4年(1056年)に 源頼義・義家父子が前九年の役に際して戦勝を祈願し男山八幡宮を勧請して創建した八幡宮と言われる。祭神は誉田別尊、大帯姫命、姫大神である。頼義・義家が創建した後は、源姓足利氏の庇護の下で隆盛したといわれる。足利荘にあったため古くは足利荘八幡宮と呼ばれ、また下野国第一の八幡宮という意味で下野國一社八幡宮あるいは一國一社八幡宮とも称されてきたとされる。下野國一社八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 源氏三神社

    源氏三神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    壺井は、源頼信が香炉峰の館を建て、河内源氏の本拠地とした地である。2代目の源頼義が、京都郊外(京都府八幡市)の石清水八幡宮を河内源氏の本拠地に勧請し、河内源氏の氏神としたものである。河内源氏の東国進出の際、源頼義が壺井八幡宮を鎌倉に分社したのが鶴岡若宮で、鶴岡八幡宮の前身である。源氏三神社 フレッシュアイペディアより)

  • 浅見安之丞

    浅見安之丞から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    文久3年(1863年)3月、御親兵に選ばれ、4月の石清水八幡宮行幸の日には三条西季知の警護に当たる。八月十八日の政変後、急いで帰国してこれを報じ、次いで世子・毛利元功の学業指導を命ぜられた。浅見安之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 椿葉記

    椿葉記から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    「椿葉」とは、元々『新撰朗詠集』に納められた大江朝綱(後江相公)による「徳ハ是レ北辰、椿葉之影再ビ改マル、尊ハ猶ホ南面、松花之色十廻」という漢詩に由来する。これは、天子の治世が『荘子』(逍遥遊)において8千年の寿命があると記された椿の葉が2度生え変わる(すなわち1万6千年)まで長く続く事を願った詩であった。『増鏡』(三神山)において、承久の乱の影響によって皇統が守貞親王(後高倉院)流に移されて皇位継承から排除されていた後鳥羽天皇流の土御門殿の宮(土御門天皇の皇子)が石清水八幡宮に参詣したところ、「椿葉の影ふたたびあらたまる」という神託を受けた。その後、守貞親王流は四条天皇の崩御をもって断絶し、土御門殿の宮が急遽新しい天皇(後嵯峨天皇)として擁立されたという話が記されている。神託のくだりは、前述の大江朝綱の漢詩を基にして作成された逸話に由来したものと考えられている(『古今著聞集』巻8にも類似の逸話が所収されている)。椿葉記 フレッシュアイペディアより)

  • 小早川実義

    小早川実義から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    観応3年/正平7年(1352年)、観応の擾乱に於いて足利尊氏・義詮方に属して山城国男山(京都府八幡市の石清水八幡宮)八幡合戦に参加。小早川実義 フレッシュアイペディアより)

  • 大神基政

    大神基政から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水八幡宮の童子であったが、大神惟季に才能を見出されて彼の養子となり、「皇帝破陣楽」などの秘曲を伝授される。なかんずく横笛に長じ、惟季はその著書『懐竹抄』の中で、管弦の心得を知悉しており、卓越した演奏をする人物として基政を絶賛している。大神基政 フレッシュアイペディアより)

  • 勧修寺尹豊

    勧修寺尹豊から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    権大納言であった11代当主・尚顕の子。室町幕府10代将軍・足利義稙(当時は義尹)からの偏諱を受ける。母は石清水八幡宮検校・澄清の娘。室は右京亮・伊勢貞遠の娘。実子に権大納言・勧修寺晴秀、山城守・結城忠正の室、右近将監・畠山家継(西谷内畠山)の室などがいる。勧修寺尹豊 フレッシュアイペディアより)

  • 勧修寺尚顕

    勧修寺尚顕から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    室は石清水八幡宮検校・澄清の娘。実子に内大臣・勧修寺尹豊、左大臣・三条公頼の室、左京亮・粟屋元隆(はじめ住吉大社宮司・国賢)の室、典侍・勧修寺尚子などがいる。勧修寺尚顕 フレッシュアイペディアより)

  • 二条師基

    二条師基から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    次に南朝に降伏を申し入れてきたのは足利尊氏であった。南朝側首脳陣は、直義の裏切りを教訓にして今回は慎重にならざるを得なかった。しかし、一時的な偽降を逆手にとって、尊氏が直義を討伐するため京を離れている間に、京都を奪還し北朝を吸収し解消してしまう計画を立てたうえで、10月24日付で尊氏に対し勅免および直義追討の綸旨を下した。尊氏が京を発った後、北朝の崇光天皇を廃位し、関白二条良基の職務を停止し、親南朝派の洞院公賢を左大臣に任じ京における公事を委ねた。そして、12月28日に師基は関白に任じられた。正平7年/観応3年(1352年)閏2月、関東と畿内において足利軍と交戦を開始、19日に後村上天皇が男山(石清水八幡宮)まで行幸し、そこに留まった。足利方の反攻が厳しくなり、5月11日に男山が陥落、後村上天皇は河内国へ撤退するが、追撃も激しく撤退戦において官軍は多くの犠牲を出し、その中には、次男・教忠も含まれていた。二条師基 フレッシュアイペディアより)

324件中 31 - 40件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード