426件中 31 - 40件表示
  • 福田盛雅

    福田盛雅から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    高須杉原氏所蔵書状に、永正5年(1508年)に備後国人衆が大内義興に従い上洛した際と思われる石清水八幡宮宛の文書もあり、信仰深い教養人であったことが伺える。福田盛雅 フレッシュアイペディアより)

  • 神功皇后縁起絵巻

    神功皇后縁起絵巻から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    神功皇后縁起絵巻(じんぐうこうごうえんぎえまき)は、大阪府羽曳野市の誉田八幡宮が所蔵する上下2巻の絵巻物である。室町期中期永享5年(1433年)の作。神功皇后の三韓征伐と、宇佐八幡宮・筥崎八幡宮・石清水八幡宮の由来を描いている。神功皇后縁起絵巻 フレッシュアイペディアより)

  • 預 (官職)

    預 (官職)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    その他に荘園では在地において荘務を掌る職として預が置かれたり、神社の社務や寺院の寺務を掌る者として置かれた例もある。春日大社や石清水八幡宮では上位の神官として正預・権預が任じられていた。預 (官職) フレッシュアイペディアより)

  • 男山八幡宮

    男山八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    男山八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 浅見安之丞

    浅見安之丞から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    文久3年(1863年)3月、御親兵に選ばれ、4月の石清水八幡宮行幸の日には三条西季知の警護に当たる。八月十八日の政変後、急いで帰国してこれを報じ、次いで世子・毛利元功の学業指導を命ぜられた。浅見安之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 大神基政

    大神基政から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水八幡宮の童子であったが、大神惟季に才能を見出されて彼の養子となり、「皇帝破陣楽」などの秘曲を伝授される。なかんずく横笛に長じ、惟季はその著書『懐竹抄』の中で、管弦の心得を知悉しており、卓越した演奏をする人物として基政を絶賛している。大神基政 フレッシュアイペディアより)

  • 日笠頼房

    日笠頼房から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    頼房の名の初出は永禄4年(1561年)11月6日の石清水八幡宮管轄の荘園である備前国佐井田荘(現在の岡山県瀬戸内市内)に先日贈られた馬について宗景からの感謝の意を伝える一方で公用を宗景に納入するように佐井田荘に催促をした書状である。永禄11年(1568年)6月1日には備前の片上と浦伊部(いずれも現在の岡山県備前市内)の間で起こった境界争いの仲介を大田原長時・服部久家・岡本氏秀・明石行雄・延原景能と頼房の6人が行っている。この頃には頼房が浦上家中の老臣と同じ高い地位にあった事が伺える。日笠頼房 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水祭

    石清水祭から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水祭(いわしみずさい)とは、京都府八幡市の石清水八幡宮の例祭。かつては旧暦の8月15日に行われたが、明治17年(1884年)よりは新暦の9月15日に行われている。賀茂祭(葵祭)・春日祭とともに日本三大勅祭の一つとされる。石清水祭 フレッシュアイペディアより)

  • 吉良義冬

    吉良義冬から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    義冬の六男は孝証。出家して山城国八幡の豊蔵坊信海(孝雄)の弟子となっている。吉良義冬 フレッシュアイペディアより)

  • 行教

    行教から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    行教(ぎょうきょう、生没年未詳)は、平安時代の大安寺の僧侶。父は山城守紀魚弼。仁和寺益信とは俗兄弟で、石清水八幡宮別当安宗の叔父にあたる。行教 フレッシュアイペディアより)

426件中 31 - 40件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード