426件中 41 - 50件表示
  • 専貞

    専貞から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    赤穂藩浅野家家臣大石良昭の次男として誕生。母は岡山藩池田家重臣池田由成の娘くま。庶子であるため、出家して石清水八幡宮の大西坊に入った。なお叔父の小山良師の末子も兄大石良雄に養子入りしたあと、出家して覚運と称して八幡山大西坊に入り、専貞の弟子になっている。元禄11年(1698年)8月22日に入寂。享年39。専貞 フレッシュアイペディアより)

  • 増基法師集

    増基法師集から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    「熊野紀行」は、ある年の冬、石清水より住吉・紀州を通って熊野に詣で、伊勢路より帰京した旅の紀行文である。著者は世を遁れて心のままにありたいと、歌枕を訪ね、神仏に詣でる旅を志し、同行者も断ってただ一人旅に出、行路の風物に託して無常を歌っている。旅に心を遣るその姿は漂泊の詩人としての能因・西行等に連なるものがある。「遠江日記」は三ヶ月をかけて京から浜名に至った旅の道中吟である。増基法師集 フレッシュアイペディアより)

  • 源則理

    源則理から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    因幡・美作・但馬の国司を歴任するが、但馬守赴任時、社領から年貢を取り立てるという非法行為を行う。さらに、長元8年(1035年)12月、同国の石清水八幡宮の神人と争いそれを射殺したことにより、長暦元年(1037年)5月土佐国に流罪となったが、同年12月には召還されている。源則理 フレッシュアイペディアより)

  • 源家賢

    源家賢から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    承保4年(1077年)正三位に昇叙。承暦3年(1079年)左兵衛督に転じ、承暦4年(1080年)参議に任ぜられた。備中権守を経て、応徳3年(1086年)権中納言に進む。寛治2年(1088年)の朝覲行幸にて白河上皇の院別当として従二位に叙せられ、寛治3年(1089年)右衛門督に転じ、正二位に進む。同年、石清水八幡宮へ奉幣が行われた際には奉幣使を務めた。源家賢 フレッシュアイペディアより)

  • 北般若村

    北般若村から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    徳大寺領荘園般若野荘として鎌倉時代より人家が栄え、良質の砂が産出される庄川、千保川に近く、領主であった神保氏の居城増山城にも近かったことがこの地に鋳物が発展した理由と考えられる。鉱物は庄川からの他に、石清水八幡領であった射水郡金山保(射水市青井谷)からも運び込まれていたと考えられる。北般若村 フレッシュアイペディアより)

  • 覚運 (大石良雄の養子)

    覚運 (大石良雄の養子)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    いずれにせよ出家の上、八幡山大西坊に入山しており、大石良雄の実弟専貞の弟子となった(神仏習合時代の石清水八幡宮の周りには多くの宿坊があり、その中の一つの大西坊の住職が専貞であった)。覚運 (大石良雄の養子) フレッシュアイペディアより)

  • 勝利八幡神社

    勝利八幡神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1026年(万寿3年)、石清水八幡宮を勧請し創建された。勝利八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大中臣頼行

    大中臣頼行から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    延喜20年12月8日(921年1月18日)に伊勢神宮大宮司(第47代)に任ぜられる。この時の祭主は父・安則であり、父子が同時に伊勢神宮の要職を務めた。当時の位階は正六位上で在任期間は6年であった。承平3年(933年)には斎宮の修造のために造斎宮使として伊勢国に派遣されている。神祇大祐在任中の天慶9年(946年)6月16日、伊勢神宮、石清水八幡宮、貴布禰社の祟りの祈禳を命ぜられた。また、村上天皇の大嘗会御禊には、神祇権大副として参列している。大中臣頼行 フレッシュアイペディアより)

  • 待宵の小侍従

    待宵の小侍従から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    小侍従(こじじゅう、生没年不詳:1121年(保安2年)頃 - 1202年(建仁2年)頃)は、平安時代後期から鎌倉時代の歌人である。女房三十六歌仙の一人。石清水八幡宮護国寺別当光清の娘。母は小大進。太皇太后藤原多子の女房として出仕したため太皇太后宮小侍従あるいは大宮小侍従と呼ばれ、また『平家物語』等に記されたエピソードから待宵の小侍従(まつよいのこじじゅう)として知られる。『源平盛衰記』では、高倉天皇の在位中は阿波の局と名乗っていたとする。待宵の小侍従 フレッシュアイペディアより)

  • 基棟王

    基棟王から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    仁和3年(887年)石清水八幡大菩薩宮への奉幣使となるが、東京四条にて落馬して肢体を負傷したために、神宮まで辿り着くことができなかったという。没年は明らかでないが、『公卿補任』への掲載が仁和3年(887年)までであり、この頃没したか。基棟王 フレッシュアイペディアより)

426件中 41 - 50件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード