324件中 41 - 50件表示
  • 四方拝

    四方拝から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    この時に天皇が拝される神々・天皇陵は伊勢神宮、天神地祇、神武天皇陵・先帝三代(明治天皇の伏見桃山陵、大正天皇の多摩陵、昭和天皇の武蔵野陵)の各山陵、武蔵国一宮(氷川神社)・山城国一宮(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)・石清水八幡宮・熱田神宮・鹿島神宮・香取神宮である。四方拝 フレッシュアイペディアより)

  • 楠葉牧

    楠葉牧から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    だが、南北朝時代に入ると、興福寺の楠葉関設置など寺社勢力の浸透が見られるようになり、やがて楠葉の北東にあった石清水八幡宮が摂関家勢力を排除して「楠葉荘」として自領に編入することになった。楠葉牧 フレッシュアイペディアより)

  • 六条八幡神社

    六条八幡神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    その後、保安4年(1123年)、当時山田庄の領主であった源為義が、京都の六条西洞院の自邸に祀られていた石清水八幡宮の分霊である左女牛八幡宮を勧請し合祀したという。六条八幡という呼称はこのことに由来する。以後神仏習合の霊山として足利家代々の篤い尊崇を受けた。六条八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 柏原八幡神社

    柏原八幡神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1024年(万寿元年) - 石清水八幡宮の分霊を祀った柏原別宮として創建柏原八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 闇之森八幡社

    闇之森八幡社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    創建は長寛年間。源為朝が石清水八幡宮を勧請したと伝えられる。境内に為朝の甲冑を埋めたといわれる「鎧塚」がある。闇之森八幡社 フレッシュアイペディアより)

  • 秋篠

    秋篠から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    承平元年(931年)には神願寺(神護寺の旧称)名義の荘園・秋篠荘の存在が確認できる。後に保元3年(1158年)には所有権が石清水八幡宮の別当寺である護国寺に移っていることが確認できる。秋篠 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎城 (山城国)

    山崎城 (山城国)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    と記している。ここに記している八幡というのは、石清水八幡宮のことで男山頂に築かれた男山城を指している。『豊鑑』の「はかばかしく構にもし給ざりけり」と『イエズス会日本年報』の「甚だ堅固な城」との間にはへだたりがある。清洲会議がどのよう協定だったか日本側の史料には記載が無く、イエズス会日本年報に城郭に関する取り決めらしきものが伺えしることが出来る。山崎城 (山城国) フレッシュアイペディアより)

  • 大窪

    大窪から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    保元3年(1158年)の官宣旨にて石清水八幡宮領、極楽寺領に対する押領を停止し、その中に河内国窪庄が確認できる(石清水文書)。窪庄は一旦石清水八幡宮領でなくなっていたようで、永正10年に細川高国が窪庄を石清水八幡宮に寄進している(和簡礼経)。なお、河内国窪庄について、当地を比定する説(荘園志料など)はあるが郡名の記載が無く断定されていない。大窪 フレッシュアイペディアより)

  • 源光国

    源光国から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    康和5年(1103年)の宗仁親王(後の鳥羽天皇)立太子の儀や嘉承元年(1106年)の石清水八幡宮参詣などにおいて何れも大夫尉として白河院に供奉。その後、出羽守となり、天仁2年(1109年)に起きた源義綱一族の追討事件では源為義と共に追討の任にあたる。事件後任国である出羽に赴くが、天永元年(1110年)に摂関家領であった出羽国寒河江荘に濫入した上、任国を無断で放棄し美濃の所領に帰った。天永4年・永久元年(1113年)に延暦寺と興福寺による大規模な強訴(永久の強訴)が起こると、平正盛や源為義などと共にこれの防衛にあたる。源光国 フレッシュアイペディアより)

  • 大塩八幡宮

    大塩八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    「社号」の節で見たように、大塩保に勧請された八幡宮で、寛正5年(1464年)の奥書を持つ当神社縁起によれば、仁和3年(887年)、讒言によって越前国の国府に配流された中納言紀友仲が、現社地に榊を植えて石清水の八幡神に帰洛を祈願したところ、寛平元年(889年)に勅許を得て京都へ戻ることができたため、同3年(891年)に社殿を造営して石清水八幡宮の神霊を勧請したのが当社の創祀であり、鎮座の際に旧南条郡の大塩保の鎮守として一帯を神領としたことから、郡内の「二宮」と称されたという。寿永2年(1183年)に木曾義仲が境内に本陣を築いて滞在し、鎌倉幕府からは田地を寄進され、建武年間(1334-38年)に斯波高経によって造営がなされて以後、斯波氏や朝倉氏の歴代守護職から田畑山林の寄進や社殿の造営修復が行われるなど武家の崇敬を集めて繁栄し、天正年間(1573-92年)の一揆や、太閤検地で社領を悉く失うなど、衰退に傾いた時期もあったが、慶長8年(1603年)に福井藩祖の結城秀康によって社領30石が寄進されるとともに、その家臣本多富正が武運長久を祈り、次いで元和9年(1623年)には秀康の子、松平忠直により20石が加増されたことで復興し、江戸時代を通じて福井藩主から崇敬された。大塩八幡宮 フレッシュアイペディアより)

324件中 41 - 50件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード