426件中 51 - 60件表示
  • 放生津

    放生津から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    鎌倉期に越中守護所が置かれた(放生津城)。室町期になると石清水八幡宮領となり、守護畠山氏に代わり射水郡・婦負郡守護代の神保氏が支配した。1493年、明応の政変で自害した畠山政長の重臣であった神保長誠は、政変で幽閉された将軍足利義材が脱出して放生津に下向したため、正光寺を将軍御所として改装し迎えた(放生津幕府)。永正17年(1520年)に放生津城は越後守護代長尾氏の攻撃で焼失。近世に入り、加賀藩前田家領となった。放生津 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡神社 (姶良市)

    八幡神社 (姶良市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    弘安5年(1282年)頃、京都の石清水八幡宮から下向した善法寺法印了清が同八幡宮を勧請したといわれている。八幡神社 (姶良市) フレッシュアイペディアより)

  • 大野城 (尾張国葉栗郡)

    大野城 (尾張国葉栗郡)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    築城時期は不明。元京都石清水八幡宮の祠官で、当時の尾張国葉栗郡若宮寺村(後の美濃国羽栗郡若宮寺村、現岐阜県羽島郡岐南町)に在住の大野伊賀守治定が、織田信長の命により同郡馬美塚村(現愛知県一宮市浅井町大野)に移住して築城した城屋敷。大野城 (尾張国葉栗郡) フレッシュアイペディアより)

  • 臨時祭

    臨時祭から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    もう1つは、平安時代中期以後に登場した天皇の発願に由来して、朝廷における年中行事として定着した有力神社の祭祀を指す。恒例祭が勅使の派遣によって臨時祭化した平野臨時祭以外は、各神社においては恒例祭とは別に新たに始められた祭祀である。889年(寛平元年)に宇多天皇の御願で開始され、899年(昌泰2年)に恒例化された賀茂神社の臨時祭(11月下酉日)、942年(天慶5年)に朱雀天皇の御願で開始され、971年(天禄2年)に恒例化された石清水八幡宮の臨時祭(3月中午日)、985年(寛和元年)に花山天皇の御願で開始された平野神社の臨時祭(4月・11月の両上申日)、1124年(天治元年)に崇徳天皇の御願で開始された祇園神社の臨時祭(祇園祭翌日)などがある。これらの祭りには毎年勅使が派遣されて祭幣・歌舞・走馬などが奉納され、天皇の宝祚と皇統の長久が祈願された。多くは室町時代に中絶し、幕末に復興された賀茂・石清水の臨時祭も1870年(明治3年)に廃止が命じられた。臨時祭 フレッシュアイペディアより)

  • 牧落八幡宮

    牧落八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    寛文2年(1662年)10月22日、石清水八幡宮の分霊を勧請して創祀され、元禄13年(1700年)8月に社殿改築、安政6年(1859年)11月には社地(境内)が拡張された。牧落八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 女郎花 (能)

    女郎花 (能)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    九州松浦潟に住む僧が都を見ようと思い立ち、筑紫潟を通り、ついに京都の山崎まで至る。ここで故郷の宇佐八幡宮と御一体という石清水八幡宮へ参詣しようと男山へ向かえば、野辺には女郎花の花が咲き乱れていた。僧は女郎花の花を一本、土産に手折ろうとすると花守なる老人が現れ、これを制止する。僧と老人は花を折ることの是非について、互いに古歌を引き合い論じ合うが、やがて僧は諦める。すると老人は僧を認め、八幡宮へ案内することとなる。その様子の数々として、男山の麓に連なる家々や放生川の魚、御旅所への参拝が謡われる。続いて、三つの袂に影うつるしるしの箱を納めた神宮寺、巌松そびえ山そびえ谷めぐり諸木の枝を連ねる有様や、本殿参拝については朱(あけ)の玉垣、みとしろ(神前の御戸帳)の様子などが謡われる。参拝が済む頃にはすでに夕暮れとなり、その別れ際、僧は女郎花と男山の関係について質問する。老人は山の麓の男塚と女塚まで僧を案内し、男塚が小野頼風の、女塚は都の女の墓であると説明する。しかし今は誰も弔う人が居ないと嘆き、夢の如く老人は消えてしまう。女郎花 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 八尾 (八尾市)

    八尾 (八尾市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    平安時代には有力寺社の荘園となり、「八尾庄」と総称される。現在でも「荘内」などといった地名として名残をとどめている。また、矢作神社周辺はかつて「別宮」と呼ばれ、石清水八幡宮の別宮・荘園であった。八尾 (八尾市) フレッシュアイペディアより)

  • 今日の風土記

    今日の風土記から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水八幡宮?お伊勢さんに皇大神宮のお株をとられた今日の風土記 フレッシュアイペディアより)

  • 十五社神社

    十五社神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    室町時代、土岐頼芸が大桑城城主となると、石清水八幡宮を勧請、合祀して「十五社大権現」と改称し、以後土岐氏の氏神として保護された。元禄14年(1701年)、本殿を改築(現本殿)、文化9年(1812年)、岩倉具選により「十五社大神宮」と改称された。十五社神社 フレッシュアイペディアより)

  • 片山八幡社

    片山八幡社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    由緒によれば創建は貞観13年(871年)5月15日。現在の京都府八幡市にある石清水八幡宮の祭神を分霊し、この地に祭ったのが始まりとされている。片山八幡社 フレッシュアイペディアより)

426件中 51 - 60件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード