324件中 51 - 60件表示
  • 尊雅王

    尊雅王から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    女子:智泉聖通(1309-1388) - 石清水八幡宮社家紀通清妻、足利義満外祖母尊雅王 フレッシュアイペディアより)

  • 廣幡神社

    廣幡神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    寛永七年八月十五日に当地を治める菰野藩藩主土方雄氏によって石清水八幡宮より勧請を受けて以来、同家の鎮守社となる。廣幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本 (八幡市)

    橋本 (八幡市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    山城国の西端、淀川左岸、石清水八幡宮の西に位置し、古くから京街道の宿場町として栄えた。明治以降は遊廓としての役割を果たした。 遊廓は1958年(昭和33年)3月15日、売春防止法施行により廃止となり、現在は住宅地として当時の面影を残す建築物が数多くある。橋本 (八幡市) フレッシュアイペディアより)

  • 都甲荘

    都甲荘から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    11世紀に源経俊によって開発されたと伝えられ、後にその娘を娶った大神氏の者が「都甲氏」を名乗って継承し、宇佐八幡宮の神宮寺であった弥勒寺を荘園領主(領家)として仰いだ。弥勒寺は12世紀に入ると石清水八幡宮の支配下に入って実質上の本所となった。都甲氏は鎌倉幕府に従って都甲荘の地頭の地位を得て元寇などにおいても活躍したが、同氏の内紛をきっかけに守護大友氏の干渉が始まり、大友氏は都甲氏より地頭職の半分を奪って一族の吉弘氏に与え、吉弘氏は本来延暦寺の支配下にあった隣接する六郷山(長安寺両子寺・天念寺などの天台宗系寺院とその寺領)を都甲荘に併呑して勢力を伸ばした。とは言え、弥勒寺・都甲氏の荘内での支配地域も依然として存在しており、南北朝時代以後もその活動がみられる。だが、豊臣政権期に大友氏が改易されるとその家臣であった吉弘氏・都甲氏も所領を失って豊後国を去り、都甲荘も完全に解体されることになる。都甲荘 フレッシュアイペディアより)

  • 日前国懸神宮と高大明神の用水相論

    日前国懸神宮と高大明神の用水相論から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    相論は永享4年(1432年)に起きたが、当時は和佐庄によって紀ノ川左岸河口部の氾濫原(沖積低地)の開発が急速に進められていたと見られ、同庄は10年程前の応永29年(1422年)にも隣接する石清水八幡宮領の岩橋庄との間で堺相論を起こしている。こうした和佐庄の新開発に対して、社領域の農業生産を宮井に依存していた日前宮が危機感を募らせたことによる異議申し立てが本相論であったと推測でき、このように理解すれば用水の上流と下流に位置する者同士のありきたりの相論に過ぎなくなるが、本相論は灌漑用水の管轄権の推移や室町時代の裁判手続きの具体相を伺わせるものともなっており、特に後者の点については守護と守護被官に対する在地社寺勢力の葛藤といった面を髣髴とさせるものがあるために興味深いものとなっている。日前国懸神宮と高大明神の用水相論 フレッシュアイペディアより)

  • 平塚八幡宮

    平塚八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    寛永14年(1637年)に書かれた『相模国大中郡鶴峯山八幡宮之記』によれば、当社は石清水八幡宮より130年以上前の神亀年間(724年 - 729年)に宇佐神宮から勧請を受け、これにより当地が八幡庄と呼ばれるようになったのだと言う。さらに聖武天皇より相模国における一国一社の霊場とされた。『新編相模国風土記稿 巻之48』では、神亀年間に聖武天皇が諸国一宮へ法華経を納めた際、当社へも納めたのだとする社伝を紹介している。平塚八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡荘

    八幡荘から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    保元3年12月3日(1158年)付官宣旨に記された石清水八幡宮領「下総国 葛餝別宮」が前身と考えられる。八幡荘 フレッシュアイペディアより)

  • 牧落八幡宮

    牧落八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    寛文2年(1662年)10月22日、石清水八幡宮の分霊を勧請して創祀され、元禄13年(1700年)8月に社殿改築、安政6年(1859年)11月には社地(境内)が拡張された。牧落八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 四辻善成

    四辻善成から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    順徳天皇の末裔で代々四辻宮を号した。妹に石清水社祀官・紀通清の妻となった智泉聖通がおり、その娘・良子が足利義満・満詮の生母となる。四辻善成 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田正信

    堀田正信から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    寛文12年(1672年)5月、安政の播磨龍野藩への転封に伴い、母方の叔父の若狭小浜藩主酒井忠直に預け替えられる。しかし延宝5年(1677年)6月14日、密かに配所を抜け出して上洛し、清水寺や石清水八幡宮を参拝。これにより酒井忠直と嫡男正休は閉門、正信は阿波徳島藩の蜂須賀綱通に預け替えられる。配流中には「忠義士抜書」「楠三代忠義抜書」「一願同心集」などを著した。堀田正信 フレッシュアイペディアより)

324件中 51 - 60件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード