426件中 61 - 70件表示
  • 穀倉院

    穀倉院から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    天延3年(975年)、石清水八幡宮臨時祭日の献納を畿内諸国に代わって穀倉院に勤めさせるという文書以降、史料に記述がないことから、この頃機能を失ったと見られる。穀倉院 フレッシュアイペディアより)

  • 下野國一社八幡宮

    下野國一社八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    下野國一社八幡宮は、天喜4年(1056年)に 源頼義・義家父子が前九年の役に際して戦勝を祈願し男山八幡宮を勧請して創建した八幡宮と言われる。祭神は誉田別尊、大帯姫命、姫大神である。頼義・義家が創建した後は、源姓足利氏の庇護の下で隆盛したといわれる。足利荘にあったため古くは足利荘八幡宮と呼ばれ、また下野国第一の八幡宮という意味で下野國一社八幡宮あるいは一國一社八幡宮とも称されてきたとされる。下野國一社八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 面高頼俊

    面高頼俊から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    永禄4年(1561年)、頼俊は父の英俊と共に、島津貴久の名代として相模国鶴岡八幡宮へ参詣、永禄6年(1563年)に帰国する際は京都八幡に立ち寄り、御正躰三つを頼俊が背負って鹿児島の清水八幡へ運んだ。武将としての活躍は永禄9年(1566年)10月より見え、日向国伊東氏の三ツ山城攻めに参加して軍功をなし、永禄11年(1568年)の大口城攻めの際は、菱刈氏の武将牧野次郎を討ち取るなど、その後も度々軍功をなした。面高頼俊 フレッシュアイペディアより)

  • 別府川 (鹿児島県)

    別府川 (鹿児島県)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1282年(弘安5年)に、山城国石清水善法寺別当権大僧都祐清の子、了清が石清水八幡宮の分霊を行い、神領の支配のために大隅国へ下ってきた。一族を引き連れて松原(姶良市の海岸付近)に一旦上陸し、そこから別府川を遡り姶良町船津付近に船を係留して一夜を過ごした。翌朝、東側に上陸して山の上に帖佐郷鍋倉新正八幡宮を建設し、平安城を造営して平山氏の起こりとなった。平山氏は9代目平山越後守武豊が島津氏に討たれるまで、帖佐地区を支配した。船を係留した船石が船津に最近まで残っていて、いつの頃からか行方不明になったと言われている。別府川 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 藤原好親

    藤原好親から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    寛弘8年(1011年)三条天皇の即位に際して、褰帳の女官を務めた功労により母・橘清子が正三位に叙せられたが、当初清子は子息の好親に叙位を譲る旨申し立てていたところ勅許が下りず、結局自らが叙位されることになった。また、長和2年(1013年)三条天皇の石清水行幸に際して、御綱の末を奉仕すべきところ当日姿を現さず、左兵衛佐・藤原良経が代役を務めたという。藤原好親 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪鋼索客車

    京阪鋼索客車から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    京阪電鉄の車両には成田山不動尊のお札が取り付けられているが、鋼索線については初代客車より男山にある石清水八幡宮のお札が取り付けられている。京阪鋼索客車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国際青年文化協会

    日本国際青年文化協会から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    田中恒清:石清水八幡宮宮司、神社本庁総長(平成22年6月4日?)日本国際青年文化協会 フレッシュアイペディアより)

  • 平山城 (大隅国)

    平山城 (大隅国)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1282年(弘安5年)頃、京都の石清水八幡宮から下向した善法寺法印了清が築城したといわれている。平山城 (大隅国) フレッシュアイペディアより)

  • 藤原文元

    藤原文元から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    天慶2年12月(940年1月)に備前介・藤原子高、播磨介・島田惟幹を襲撃した。藤原純友との共謀であり、これが藤原純友の乱の発端になった。なお、朝廷は翌天慶3年(940年)に純友に従五位下に叙すことで、乱を抑制しようとした。その際に文元にも官職(備前介)が与えられたという。天台座主・義海は同年8月には石清水八幡宮以下の十二社に文元らの討伐を祈らせている(『日本紀略』)。藤原文元 フレッシュアイペディアより)

  • 広橋兼綱

    広橋兼綱から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    兼綱が養女とした広橋仲子は石清水八幡宮検校法印の善法寺通清の娘であり、足利義満の母紀良子の姉妹である。仲子は後円融天皇の生母であり、後円融天皇と足利義満は同い年である。このように、兼綱は皇室と足利将軍家の両方の外戚となったわけである。よって、四辻善成の姉か妹である智泉尼聖通が仲子と良子の母であり、この縁戚関係から善成が従一位准大臣、さらに内大臣、左大臣に至ったことと同様の処遇を受けて、兼綱は従一位准大臣となったのである。広橋兼綱 フレッシュアイペディアより)

426件中 61 - 70件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード