324件中 71 - 80件表示
  • 離宮八幡宮

    離宮八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    石清水八幡宮の元社にあたる神社。八幡大神を祭神とする。離宮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 錦小路頼徳

    錦小路頼徳から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    唐橋在久の子として生まれる。のち、錦小路頼易の養嗣子となる。1851年(嘉永4年)に叙爵を受け、2年後に大和権介に任じられる。1858年(安政5年)の廷臣八十八卿列参事件に参加し、以後は尊皇攘夷派として活躍する。1862年(文久2年)、従四位上右馬頭。同年、公武合体派の久我建通の弾劾に加担、翌年2月、壬生基修とともに庶政刷新と攘夷貫徹を求める建言を提出して国事寄人に任じられ、孝明天皇の攘夷祈願の為の石清水八幡宮行幸に随従した。錦小路頼徳 フレッシュアイペディアより)

  • 宗廟

    宗廟から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    または日本に適用して、伊勢神宮・石清水八幡宮のこと(二所宗廟)。宗廟 フレッシュアイペディアより)

  • 片倉宗景

    片倉宗景から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    寛政10年(1798年)、白石片倉家第10代当主片倉景貞の子として生まれる。文政元年(1818年)父景貞が病で隠居したため、家督相続して白石城主となる。文政2年(1819年)白石城が火災で全焼する。文政3年(1820年)幕府の許可を取り白石城の再建を開始し、文政12年(1832年)に完成した。天保13年(1842年)奉行(家老)となる。二宮尊徳の弟子倉田耕之進を登用して、天保の大飢饉で疲弊した領内の復興を図る。安政6年(1859年)先祖片倉景綱以来、200年偉業を墜さず白石城を保つ功績を賞され一家上席に進む。文久3年(1963年)藩主伊達慶邦に従い上京し、孝明天皇が石清水八幡宮に攘夷祈願の行幸を行った際に先陣供奉を務める。元治元年(1864年)隠居して家督を嫡男邦憲に譲る。明治4年(1871年)死去。片倉宗景 フレッシュアイペディアより)

  • 片倉村長

    片倉村長から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    1685年(貞享2年)、白石城の鎮守社として石清水八幡宮の分霊を勧請して益岡八幡宮を建立する。片倉村長 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢貞孝

    伊勢貞孝から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    永禄5年(1562年)3月に六角義賢が京都に侵攻した際、これまで長慶と対立していた義輝は長慶を支持して石清水八幡宮に逃れて長慶とともに抵抗しているにも関わらず、貞孝は六角氏占領下の京都に止まって政所沙汰を公然と行ったことが義輝・長慶双方の怒りを買い、6月に義輝・長慶が京都に復帰すると貞孝は更迭されて失脚に追い込まれた。このため京都船岡山で挙兵したが、長慶の命を受けた松永久秀の追討を受け、子の貞良と共に戦死した。孫の貞為・貞興兄弟は生き延びたが、政所執事に就任することはなかった。伊勢貞孝 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山持富

    畠山持富から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    その後、持国に嫡子がいなかった事(庶子の義就は石清水八幡宮に出される予定だった)から持国の後継者になっていたが、文安5年(1448年)に持国は跡目を持富から義就に変更した。それから4年後に持富は死去した。畠山持富 フレッシュアイペディアより)

  • 放生津

    放生津から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    鎌倉期に越中守護所が置かれた(放生津城)。室町期になると石清水八幡宮領となり、守護畠山氏に代わり射水郡・婦負郡守護代の神保氏が支配した。1493年、明応の政変で自害した畠山政長の重臣であった神保長誠は、政変で幽閉された将軍足利義材が脱出して放生津に下向したため、正光寺を将軍御所として改装し迎えた。永正17年(1520年)に放生津城は越後守護代長尾氏の攻撃で焼失。近世に入り、加賀藩前田家領となった。放生津 フレッシュアイペディアより)

  • 若宮八幡宮社

    若宮八幡宮社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    天喜元年(1053年)、、後冷泉天皇の勅願により源頼義が左女牛(さめうし)西洞院にあった自邸内の坤の隅に造営された石清水八幡宮の若宮(新宮)であったために左女牛八幡宮と称され、また左女牛通の北を六条大路が走り、頼義邸はその間に位置したために六条左女牛若宮や六条八幡宮とも称され、毎年8月に放生会を行う例とされたが、その後保延6年(1140年)正月に石清水八幡宮が火災によって社殿焼失に遭った際には左女牛の若宮に遷座したとの夢告ありと京中の道俗男女の参詣が盛んとなったという。爾来源氏の氏神として同氏からの崇敬を受け、源頼朝は大江広元の弟の季厳阿闍梨を別当職に任じ、文治元年(1186年)12月には土佐国吾川郡の地を寄進、建久元年(1190年)と同6年に上洛の際には石清水八幡宮と唯2社のみの社参を行い、以後鎌倉時代を通して、武家尊崇の大社として地方的にも篤い崇敬を受けた。若宮八幡宮社 フレッシュアイペディアより)

  • 八尾 (八尾市)

    八尾 (八尾市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    平安時代には有力寺社の荘園となり、「八尾庄」と総称される。現在でも「荘内」などといった地名として名残をとどめている。また、矢作神社周辺はかつて「別宮」と呼ばれ、石清水八幡宮の別宮・荘園であった。八尾 (八尾市) フレッシュアイペディアより)

324件中 71 - 80件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード