324件中 81 - 90件表示
  • 八幡神社 (酒田市市条)

    八幡神社 (酒田市市条)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    一条八幡宮の創建は、元慶元年(877年)に、出羽国国司藤原朝臣により、蝦夷討伐を祈願して、石清水八幡宮から勧請されたことに始まる(小野篁による勧請とも)。建立当時の出羽国府「城輪柵」に近く、出羽国府宮(総社)ではなかったかと推定されているが、諸説あり、いまだ断定はされていない。八幡神社 (酒田市市条) フレッシュアイペディアより)

  • 小侍従

    小侍従から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    待宵の小侍従。平安時代の女性。歌人。石清水八幡宮護国寺別当光清の娘。小侍従 フレッシュアイペディアより)

  • 多井畑厄除八幡宮

    多井畑厄除八幡宮から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    「続日本紀」に「光仁天皇の神護景雲4年(770年)、畿内10箇所に疫神を祭って疫神はらいを行わせた。」と記されており、摂津と播磨の国境もそのひとつである。安元年間、この地に石清水八幡宮を勧請し、神社を創建したことに始まる。摂津と播磨の国境に位置しており、畿内を厄災から守る意味合いがある。多井畑厄除八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田宗房

    吉田宗房から見た男山八幡宮石清水八幡宮

    正平一統時、後村上天皇が男山八幡宮まで兵を進めた際に宗房が加わっていたことが、『園太暦』や『太平記』によって知られている。この際(正平7年(1352年)閏2月21日)の臨時叙位において、正三位が与えられている。その後も正平8年/文和2年(1353年)に南朝軍が京都を一時占領した際には宗房が京都の洞院公賢・久我長通らに降伏条件の通告を行うために上洛しているが、この時は宗房の帰還後に後光厳天皇を奉じた足利尊氏が京都を奪還したために失敗に終わった。なお、この際にも意見対立があったようで、天皇の勅勘を蒙ったとされている。吉田宗房 フレッシュアイペディアより)

  • 源雅定

    源雅定から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    幼時より舞楽に長じ、康和3年(1101年)3月9日の白河院50歳の賀の試楽における童舞で、9歳にして『胡飲酒』を舞い、賞賛された。父・雅実は雅定の舞の技能に自信を持っていたためか、嘉承元年(1106年)に開催された石清水臨時祭における一の舞に雅定が選ばれなかったことに腹を立て、途中で帰京してしまったとの逸話がある。また、『胡飲酒』を伝える楽家の多資忠が山村政連に殺害された際、『胡飲酒』を伝受していた雅実が資忠の子の忠方に伝えた逸話があるが、雅実が死去してからは、忠方は雅定を師としていたとされる。源雅定 フレッシュアイペディアより)

  • 福山 (城下町)

    福山 (城下町)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    福山の誕生以前の様子については近年まで詳しいことは分かっていなかったが、平成14年(2002年)に市内の胎蔵寺にある釈迦如来像から古文書が発見されたことなどから、大きく研究が進んだ。かつては山並みの迫る北部を除いた大部分は海が間近に迫る芦田川のデルタ地帯となっていて、大部分が葦などの広がる荒涼とした湿地帯だと考えられていたが、実際には平安時代末期頃には福山城西側周辺から市内本庄町にかけて「杉原保」と呼ばれ石清水八幡宮の所領となっており、その中心地は地名などから城北部の「本庄」(現在の市内本庄町)であったと考えられている。また、近郊には芦田川を挟んで同様に古い歴史を持つ「草戸」(草戸千軒町遺跡)と呼ばれる村があり、深い関係があったようである。福山 (城下町) フレッシュアイペディアより)

  • 白神果春

    白神果春から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    また、天文9年(1540年)、石清水八幡宮をこの地へ勧請し、西園八幡宮と称した。当宮は、元来は城や所領の守護神、また園庄(曾能郷)の産土神として祭られ、江戸期には岡田藩主伊東家の氏神として、毎月一回当宮へ詣でるのを例として世々藩主に尊崇され、明治に至るまで代々白神果春の子孫が宮司を勤めた。白神果春 フレッシュアイペディアより)

  • 隅田八幡神社

    隅田八幡神社から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    京都府石清水八幡宮から勧請された神社である。ここに伝わる人物画象鏡は、日本最古の金石文のひとつとして国宝に指定されている。10月中旬の例祭は、県の無形民俗文化財に指定されている。永禄3年(1560年)、松永久秀によって社殿堂塔が一時焼亡したが、慶長年間に再建されている。隅田八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 待宵の小侍従

    待宵の小侍従から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    小侍従(こじじゅう、生没年不詳:1121年(保安2年)頃 - 1202年(建仁2年)頃)は、平安時代後期から鎌倉時代の歌人である。女房三十六歌仙の一人。石清水八幡宮護国寺別当光清の娘。母は小大進。太皇太后藤原多子の女房として出仕したため太皇太后宮小侍従あるいは大宮小侍従と呼ばれ、また『平家物語』等に記されたエピソードから待宵の小侍従(まつよいのこじじゅう)として知られる。『源平盛衰記』では、高倉天皇の在位中は阿波の局と名乗っていたとする。待宵の小侍従 フレッシュアイペディアより)

  • 正法寺 (八幡市)

    正法寺 (八幡市)から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    この寺は、源頼朝の御家人で石清水八幡宮の社家志水氏の祖となった高田忠国が開基となり、1191年(建久2年)創建した寺と伝えられる。以後この寺は志水氏の菩提所となった。1546年(天文15年)には後奈良天皇の祈願所となっている。また、徳川家康の側室お亀の方(尾張徳川家の祖徳川義直の生母)は志水氏の出身であることから、江戸幕府から朱印状を得た。正法寺 (八幡市) フレッシュアイペディアより)

324件中 81 - 90件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード