426件中 81 - 90件表示
  • 宇努男人

    宇努男人から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    養老4年(720年)大隅・日向で隼人が一斉蜂起した際、豊前守であった男人は鎮圧のために将軍に任ぜられて戦勝を祈って宇佐神宮に参拝した。戦いの結果、男人は隼人の軍勢を大いに破って数多くの兵を討ち取った。また、多くの兵を殺した償いとして大神の託宣が発せられ、毎年放生会が催されるようになり、これが後に石清水八幡宮に伝わったという。宇努男人 フレッシュアイペディアより)

  • 南部清政

    南部清政から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    永和元年(1375年)に将軍足利義満の石清水御参詣の随兵の陣中に小笠原長政、武田信氏らとともに名を連ね、その子孫は奥氏を名乗ったとしている。南部清政 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪16型電車

    京阪16型電車から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    その後、1928年11月に昭和天皇の即位の礼(御大典)が京都御所で行われることとなり、沿線に石清水八幡宮や伏見桃山陵など皇室縁の社寺や陵墓が所在する京阪本線では皇族・政府高官による利用が見込まれたことから、初代16号に代わる新貴賓車の新造が決定された。京阪16型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 大窪

    大窪から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    保元3年(1158年)の官宣旨にて石清水八幡宮領、極楽寺領に対する押領を停止し、その中に河内国窪庄が確認できる(石清水文書)。窪庄は一旦石清水八幡宮領でなくなっていたようで、永正10年に細川高国が窪庄を石清水八幡宮に寄進している(和簡礼経)。なお、河内国窪庄について、当地を比定する説(荘園志料など)はあるが郡名の記載が無く断定されていない。大窪 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における追放刑

    日本における追放刑から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    日本神話の世界では、スサノオが高天原から神逐とされた逸話があり、これを追放刑の始まりと考えもある。平安時代後期の寛弘8年(1011年)、律令法においては刑に処せられた者は刑期を終えた後は本貫に戻されることになっていたが、平安京を本貫とする京戸に対しては移郷の対象として平安京からの追放することを認めている(『権記』・『御堂関白記』寛弘8年9月20日条)。ただし、この措置は実際には以前から行われており、その違法性が指摘されたために改めて太政官陣定において合法とする解釈を下したものである。また、同じ頃に付加刑的な財産刑の一環として犯罪者の居宅の「壊取」(取り壊し)が検非違使によって行われている(『小右記』寛仁3年(1019年)8月23日条・『中右記』永久2年(1114年)9月3日条)。同じく、保延5年(1139年)7月28日に金剛峯寺に出された鳥羽法皇院庁下文(『平安遺文』2412号)においても、同寺の覚鑁と対立した石清水八幡宮神人坂上有澄が恩赦の対象になったことに関連して、覚鑁を支持する法皇は有澄の帰住を不可能にするために住宅を破却して石清水の境内から永く追い払うことを命じている。こうした住居の壊取・破却措置の実施は犯罪を犯した者が刑を終えた後も元の居所に帰れなくして事実上の追放処分とすることが目的であったと考えられている。こうした付加的な措置の背景には律令制の弛緩によって戸籍などが機能しなくなって人の移動が流動性を持ち始めたことや治安の悪化に対する対応策であったと考えられている。日本における追放刑 フレッシュアイペディアより)

  • 都甲荘

    都甲荘から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    11世紀に源経俊によって開発されたと伝えられ、後にその娘を娶った大神氏の者が「都甲氏」を名乗って継承し、宇佐八幡宮の神宮寺であった弥勒寺を荘園領主(領家)として仰いだ。弥勒寺は12世紀に入ると石清水八幡宮の支配下に入って実質上の本所となった。都甲氏は鎌倉幕府に従って都甲荘の地頭の地位を得て元寇などにおいても活躍したが、同氏の内紛をきっかけに守護大友氏の干渉が始まり、大友氏は都甲氏より地頭職の半分を奪って一族の吉弘氏に与え、吉弘氏は本来延暦寺の支配下にあった隣接する六郷山(長安寺両子寺・天念寺などの天台宗系寺院とその寺領)を都甲荘に併呑して勢力を伸ばした。とは言え、弥勒寺・都甲氏の荘内での支配地域も依然として存在しており、南北朝時代以後もその活動がみられる。だが、豊臣政権期に大友氏が改易されるとその家臣であった吉弘氏・都甲氏も所領を失って豊後国を去り、都甲荘も完全に解体されることになる。都甲荘 フレッシュアイペディアより)

  • 後深草院二条

    後深草院二条から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    26歳のとき、後深草院の中宮である東二条院の排斥にあい一旦御所を退くも、その2年後大宮院(後嵯峨中宮、後深草・亀山両天皇の母)の女房として再び出仕。その後出家し、修行の旅に出て、西行に倣って東国西国の各地の寺社を詣でた。鎌倉に下って御家人衆と贈答を交わし、また石清水八幡宮で後深草院と再会した。旅先での見聞と出家後の修行生活を綴ったのが「とはずがたり」の後半二巻である。後深草院二条 フレッシュアイペディアより)

  • 鍛代敏雄

    鍛代敏雄から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    米原正義に師事。専門は日本中世史の中でも社会史、宗教史、思想史、商業史、交通史など多岐にわたる。小山市文化財審議会委員、國學院大學大学院客員教授、東洋大学大学院兼任講師、石清水八幡宮研究所員などを務める。鍛代敏雄 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義有

    畠山義有から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    父・義忠の嫡男として生まれる。治部少輔を名乗る。のちに阿波守。妻は竹内氏。文人大名として有名で、石清水八幡宮に和歌百種の奉納を行った。また、自邸で歌会を催すだけでなく、北野社で歌会を行うなどその歌名は高く、のちの能登畠山家の文化的成熟の礎を築いた。畠山義有 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野山楽

    狩野山楽から見た石清水八幡宮石清水八幡宮

    あまりに豊臣家と深く関わったため、大坂城落城後、豊臣方の残党として嫌疑をかけられてしまい、男山八幡宮の松花堂昭乗の元に身を隠した。その後、九条家の尽力もあり、山楽は武士ではなく一画工であるとして恩赦を受け助命される。九条家との繋がりは以後代々受け継がれ、幕末まで続くことになる。駿府の家康に拝謁、京都に戻り徳川秀忠の依頼で四天王寺の聖徳太子絵伝壁画などを制作した。長男・光教(孝)が早世したため、門人・狩野山雪を後継者とした。晩年は筆力の衰えを隠せず、弟子に代作させることもしばしばであった。狩野山楽 フレッシュアイペディアより)

426件中 81 - 90件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード