117件中 11 - 20件表示
  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た織田信長

    社殿は「八幡造」と呼ばれる独特の構造である。楼門から奥へと舞殿・幣殿・本殿が続き、いずれも国宝に指定されている。また、社殿内には織田信長奉納の「黄金の樋」「信長塀」などを納めている。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た足利義教

    応永35年(1428年)、室町幕府の6代将軍決定の際、当社でくじを引き足利義教が選ばれた(くじ引き将軍)。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た一条天皇

    境内入り口に立つ一の鳥居は、八幡鳥居の形式である。銅製の額「八幡宮」は、一条天皇の勅により藤原行成が書いたものを松花堂昭乗が元和5年(1619年)に書写し、打ち出したものとされる。「八」の字は、向かい合った二羽の鳩が顔を外に向けた形に作られている。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た武内宿禰

    武内社 - (祭神:武内宿禰命) 他の摂末社は本宮周囲にあるが、武内社のみ本宮内にある。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た藤原行成

    境内入り口に立つ一の鳥居は、八幡鳥居の形式である。銅製の額「八幡宮」は、一条天皇の勅により藤原行成が書いたものを松花堂昭乗が元和5年(1619年)に書写し、打ち出したものとされる。「八」の字は、向かい合った二羽の鳩が顔を外に向けた形に作られている。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た平清盛

    幕末までは神仏習合の宮寺として「石清水八幡宮護国寺」と称し、東寺(教王護国寺)・清水寺・比叡山延暦寺・仁和寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・相国寺・大安寺など多くの寺院と深い関係を持った。また伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ねたといい、寛永の三筆である松花堂昭乗も当社に仕える社僧であったことが知られる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た源頼朝

    天慶2年(939年)、伊勢神宮に次いで奉幣される地位を得る。皇室・朝廷からは、京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護鎮護の神、王権・水運の神として篤く崇敬され、天皇・上皇・法皇などの行幸啓は250余を数える。中世以降は勧請元の宇佐神宮に代わって、伊勢神宮と並び二所宗廟の1つに数えられる。また清和源氏の足利氏・徳川氏・今川氏・武田氏などの源氏諸氏族から氏神として崇敬されたため、武神・弓矢の神・必勝の神とされた。これら源氏によって、当社の分霊は源頼義による壺井八幡宮や頼義・頼朝による鎌倉の鶴岡八幡宮など、数多くの八幡宮に勧請された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た行教

    貞観元年(859年)に南都大安寺の僧行教(空海の弟子)が豊前国、宇佐神宮にて受けた「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との神託により、翌貞観2年(860年)清和天皇が社殿を造営したのが創建とされる。「石清水」の社名は、とも、男山の中腹から湧き出ている"石清水"からともされる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た三筆

    幕末までは神仏習合の宮寺として「石清水八幡宮護国寺」と称し、東寺(教王護国寺)・清水寺・比叡山延暦寺・仁和寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・相国寺・大安寺など多くの寺院と深い関係を持った。また伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ねたといい、寛永の三筆である松花堂昭乗も当社に仕える社僧であったことが知られる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た源頼義

    天慶2年(939年)、伊勢神宮に次いで奉幣される地位を得る。皇室・朝廷からは、京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護鎮護の神、王権・水運の神として篤く崇敬され、天皇・上皇・法皇などの行幸啓は250余を数える。中世以降は勧請元の宇佐神宮に代わって、伊勢神宮と並び二所宗廟の1つに数えられる。また清和源氏の足利氏・徳川氏・今川氏・武田氏などの源氏諸氏族から氏神として崇敬されたため、武神・弓矢の神・必勝の神とされた。これら源氏によって、当社の分霊は源頼義による壺井八幡宮や頼義・頼朝による鎌倉の鶴岡八幡宮など、数多くの八幡宮に勧請された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

117件中 11 - 20件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード