109件中 21 - 30件表示
  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た平正盛

    幕末までは神仏習合の宮寺で石清水八幡宮護国寺と称し、東寺(教王護国寺)や清水寺、比叡山延暦寺、仁和寺、鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、相国寺、大安寺など、多くの寺院と関連が深かった。また、河内源氏の競合相手とされる伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ね、寛永の三筆である松花堂昭乗も八幡大菩薩に仕える社僧であった。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た春日大社

    三重の伊勢神宮・京都の賀茂神社(上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下鴨神社(賀茂御祖神社))(または奈良の春日大社)とともに日本三社の一社。大分の宇佐神宮・福岡の筥崎宮(または鎌倉の鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一社。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た東寺

    幕末までは神仏習合の宮寺で石清水八幡宮護国寺と称し、東寺(教王護国寺)や清水寺、比叡山延暦寺、仁和寺、鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、相国寺、大安寺など、多くの寺院と関連が深かった。また、河内源氏の競合相手とされる伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ね、寛永の三筆である松花堂昭乗も八幡大菩薩に仕える社僧であった。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た中学校

    仁和寺の老僧は「一生に一度は石清水八幡宮へ行きたい」と思っていた。ついに石清水八幡宮へ行ったが、麓の高良社や極楽寺を石清水だと思い込んで、そこのみ参拝し、他の人が山を登っていたのに、自分は登らなかったという話。「小さなことにも案内人が必要」という話で、よく中学校の教材とされる。この逸話は、男山の山頂の石清水八幡宮の本殿のほかに、麓の摂末社も相当に壮大な造りだったことを示す。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た鶴岡八幡宮

    三重の伊勢神宮・京都の賀茂神社(上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下鴨神社(賀茂御祖神社))(または奈良の春日大社)とともに日本三社の一社。大分の宇佐神宮・福岡の筥崎宮(または鎌倉の鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一社。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た慈照寺

    幕末までは神仏習合の宮寺で石清水八幡宮護国寺と称し、東寺(教王護国寺)や清水寺、比叡山延暦寺、仁和寺、鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、相国寺、大安寺など、多くの寺院と関連が深かった。また、河内源氏の競合相手とされる伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ね、寛永の三筆である松花堂昭乗も八幡大菩薩に仕える社僧であった。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た清水寺

    幕末までは神仏習合の宮寺で石清水八幡宮護国寺と称し、東寺(教王護国寺)や清水寺、比叡山延暦寺、仁和寺、鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、相国寺、大安寺など、多くの寺院と関連が深かった。また、河内源氏の競合相手とされる伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ね、寛永の三筆である松花堂昭乗も八幡大菩薩に仕える社僧であった。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た姫路市

    男山八幡宮 (兵庫県姫路市) - 当社の分霊を姫路市の男山に祀る石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た奈良市

    大安寺八幡神社(奈良県奈良市) - 大安寺の旧鎮守で、「元石清水」を称す石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た平凡社

    『日本歴史地名大系 京都府の地名』(平凡社) 石清水八幡宮項石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード