476件中 91 - 100件表示
  • フェリーニヒング

    フェリーニヒングから見た火力発電所火力発電所

    フェリーニヒングは南アフリカ最大の工業地帯の一角にある工業都市であり、鉄鋼業を中心にパイプや石灰やレンガ、タイルなどの工業が立地している。フェリーニヒングの発展の礎となった炭鉱も未だ稼動しており、なお4億トンの埋蔵量が見込まれている。そのほかに、粘土や石材の鉱山もある。石炭を利用したエスコム社の火力発電所も数基存在し、近郊の金鉱山などに電力を供給している。フェリーニヒングはアフリカーンス語が優勢な地域であり、次いで英語とソト語が続く。フェリーニヒング フレッシュアイペディアより)

  • コルドメ

    コルドメから見た火力発電所火力発電所

    1970年、フランス電力の火力発電所がコミューンに建設された。この発電所は、1987年の冬に起きた、ロワール川凍結が原因で川から冷却水がくみ上げられなくなったサン=ローラン=デ=ゾー原子力発電所のための緊急冷却に参加している。この冷却はフランス西部の電力網によって限界まで提供されたため、コルドメ火力発電所が故障して出力が停止した。コルドメ フレッシュアイペディアより)

  • むつ小川原開発計画

    むつ小川原開発計画から見た火力発電所火力発電所

    当初は天然の良港である陸奥湾や、工業用水の取水源としての小川原湖の活用が考えられていたが、陸奥湾でのホタテの養殖に成功した漁業者の強硬な反対や、小川原湖の湖水に塩分が含まれることが判明し、どちらも開発から除外され、県の部署の名称も「陸奥湾・小川原湖開発室」から「むつ小川原開発室」に改められた。1971年8月に公表した開発対象区域は陸奥湾沿岸を除いた1万7千ヘクタールであったが、2ヶ月後には7千900ヘクタールに修正。さらに1972年6月には製鉄所計画を撤回し、面積を六ヶ所村中心の5千500ヘクタールまで縮小した。日産200万バレルの製油所、エチレン換算年間400万トンの石油化学工場、1千万キロワットの火力発電所を建設するとしたが、1973年の第1次オイルショックで製油所100万バレル、石油化学160万トン、火力発電320万キロワットまで縮小。さらに1979年の第2次オイルショックで頓挫した。むつ小川原開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 東シベリア・太平洋石油パイプライン

    東シベリア・太平洋石油パイプラインから見た火力発電所火力発電所

    パイプラインにはポンプ・ステーション(増圧施設)が32カ所設けられ、うち13か所には総量267万 mの貯油槽が設置される。また、ポンプ・ステーションへの電力を供給するため、サハ共和国のオリョークミンスクにESPOパイプラインの石油を燃料とする出力35 メガワットの極地仕様設計火力発電所が建設された。コズミノ港ターミナルには容量35万 mの貯油槽が設けられ、ターミナルの積出能力は一日30万バレルである。東シベリア・太平洋石油パイプライン フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の日本の女性史

    1971年の日本の女性史から見た火力発電所火力発電所

    7月28日 豊橋市牛川町主婦ら、三菱レイヨン火力発電所建設に反対、市長を追求1971年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 竹原火力発電所

    竹原火力発電所から見た火力発電所火力発電所

    竹原火力発電所(たけはらかりょくはつでんしょ)は広島県竹原市忠海長浜2-1-1に所在する電源開発の石炭火力発電所竹原火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • コンバッション・エンジニアリング

    コンバッション・エンジニアリングから見た火力発電所火力発電所

    1953年には社名から「スーパーヒーター」が外れ、コンバッション・エンジニアリング(Combustion Engineering, Inc.)となった。この時点では、コンバッション・エンジニアリングは石炭および石油を燃料とする火力発電所向けボイラー設備等の設計・製造を主力事業としていた。コンバッション・エンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • 変電所

    変電所から見た火力発電所火力発電所

    一般電気事業者(電力会社)の発電所は多くの場合、電力消費者から離れた場所に設置される。特に大規模水力発電所の場合はその適所が山間部となり、消費者の多い平野部とは距離がある。原子力発電所は水力発電所のような地形的制約は無く、都市部等、人口密集地への設置も可能ではあるが、リスク管理の観点から人口密集地からは離れた所に設置される。長距離の送電では電力の損失(主にジュール熱)が発生するため、より高電圧かつ低電流に変換して送電ロスを低下させている。また臨海部の火力発電所も発電出力が大きく大容量の送電では送電線の発熱が問題になるため、発電所内の変電所では27.5万から50万ボルトの超高電圧へ変電(昇圧)され送電されるが、電力の最終消費者までの送電網の途中に変電所が幾つかあり、そこでは段階的に電圧が下げられ(降圧)、一般家庭向けには日本では100ボルトまで変圧される。変電所 フレッシュアイペディアより)

  • 江守光起

    江守光起から見た火力発電所火力発電所

    そういった中で、江守は石炭火力発電所や海上自衛隊ヘリ基地の建設など整備事業を推進し、台風23号被害からの復興などを推し進めた。江守光起 フレッシュアイペディアより)

  • 岡松成太郎

    岡松成太郎から見た火力発電所火力発電所

    退任後は、日本商工会議所専務理事、北海道電力社長を3期6年務め、江別火力発電所や送電・変電の整備に尽くした。以後、会長、相談役に。息子は経済産業研究所初代理事長であった岡松壯三郎元通商産業審議官。岡松成太郎 フレッシュアイペディアより)

476件中 91 - 100件表示