476件中 101 - 110件表示
  • 近江谷栄次

    近江谷栄次から見た火力発電所火力発電所

    1901年(明治34年)には、秋田県で初の火力発電所(近江谷発電所)を現在の秋田市立土崎南小学校の位置に建設。燃料は石炭を用い、60キロワットの電力供給を開始した。供給範囲は土崎地区内にとどまらず、通町、大町といった秋田市中心部にも及んだ。近江谷栄次 フレッシュアイペディアより)

  • 日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー

    日本テクノ袖ケ浦グリーンパワーから見た火力発電所火力発電所

    日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー(にほんテクノそでがうらグリーンパワー)は、千葉県袖ケ浦市にある火力発電所日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー フレッシュアイペディアより)

  • 馬瀬川第二ダム

    馬瀬川第二ダムから見た火力発電所火力発電所

    戦後、朝日ダム(飛騨川)の建設に始まった飛騨川流域一貫開発計画は、1960年代になって従来の一般水力発電所から大規模な揚水発電計画を行う方向性にシフトしていった。火力発電所や原子力発電所の連携が可能な揚水発電は次第に全国の電力会社が手掛けてゆくようになり、飛騨川では1963年(昭和38年)から高根第一ダム・高根第二ダム(飛騨川)による高根第一発電所が着手された。中部電力が次に手をつけたのは飛騨川流域最大の支流・馬瀬川であった。馬瀬川第二ダム フレッシュアイペディアより)

  • ジャンティイ原子力発電所

    ジャンティイ原子力発電所から見た火力発電所火力発電所

    ジャンティイには出力411MWのベカンクール火力発電所(ガスタービン火力)も併設されており、1992年から1993年にかけて運用に入っている。ジャンティイ原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 東西連係ガス導管

    東西連係ガス導管から見た火力発電所火力発電所

    東西連係ガス導管(とうざいれんけいガスどうかん)は、東京電力の東扇島火力発電所と富津火力発電所の間を結ぶ天然ガスのパイプラインである。東京湾に海底トンネルを掘って、その中にガスの導管が収められている。京浜地区の3つの火力発電所(東扇島・横浜・川崎)と、千葉地区の5つの火力発電所(富津・袖ヶ浦・姉崎・五井・千葉)を結んで、天然ガスの相互融通を可能にするために建設された。東西連係ガス導管 フレッシュアイペディアより)

  • グロースクロッツェンブルク

    グロースクロッツェンブルクから見た火力発電所火力発電所

    マイン川に面した E.ON のシュタウディンガー石炭火力発電所の冷却塔は、ライン=マイン地域の東の入口を示すランドマークとなっている。グロースクロッツェンブルク フレッシュアイペディアより)

  • エキバストス第二発電所

    エキバストス第二発電所から見た火力発電所火力発電所

    エキバストス第二発電所(、)は、カザフスタン共和国エキバストスにある発電所。1,000 MWe(100万kW)の発電能力を持ち、石炭を燃料とする火力発電所としては世界有数の規模を持つ発電所である。世界一高い煙突(高さ419.7m)があることでも知られている。エキバストス第二発電所 フレッシュアイペディアより)

  • エキバストス第一発電所

    エキバストス第一発電所から見た火力発電所火力発電所

    石炭を燃料とする火力発電所で、発電能力は公称4,000 MWe(400万kW)だが、現在は施設の老朽化などのため 2,500 MWe で運用されている。エキバストス第一発電所 フレッシュアイペディアより)

  • トルボヴリェ煙突

    トルボヴリェ煙突から見た火力発電所火力発電所

    トルボヴリェ煙突(スロベニア語:Trboveljski dimnik、英:Trbovlje Chimney)は、ヨーロッパで一番高い煙突である。この煙突は、スロベニアのサヴァ川流域のトルボヴリェに位置する、トルボヴリェ石炭火力発電所の設備である。煙突の高さは360mであり、1976年に建設された。トルボヴリェ煙突 フレッシュアイペディアより)

  • 神鋼神戸発電所

    神鋼神戸発電所から見た火力発電所火力発電所

    神鋼神戸発電所(しんこうこうべはつでんしょ)は兵庫県神戸市灘区灘浜東町2にある神戸製鋼所の神戸製鉄所に隣接する火力発電所である。神鋼神戸発電所 フレッシュアイペディアより)

476件中 101 - 110件表示