476件中 121 - 130件表示
  • 新日鐵住金鹿島火力発電所

    新日鐵住金鹿島火力発電所から見た火力発電所火力発電所

    新日鐵住金鹿島火力発電所(しんにってつすみきんかしまかりょくはつでんしょ)は、茨城県鹿嶋市の新日鐵住金鹿島製鐵所にある火力発電所。隣接して鹿島共同火力鹿島共同発電所がある。新日鐵住金鹿島火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • シムアイル

    シムアイルから見た火力発電所火力発電所

    火力発電所 - 石炭から電力を生産シムアイル フレッシュアイペディアより)

  • 松山太陽光発電所

    松山太陽光発電所から見た火力発電所火力発電所

    本発電所は1981年に発電が停止された火力発電所(松山発電所)の跡地に建設が進められ、1996年3月には0.9万m2の敷地に6,358枚の太陽電池パネルを設置して部分的な発電を開始した。その後、第1期と第2期の2回に分けてこれらの発電設備の増設を進めており、2010年4月に着工され2010年12月1日に完了した第1期工事では、発電能力は従来の300kWから2,042kWに増加した。第1期工事では、約2.7m2に1.5m×99cm×46mmの京セラ製太陽電池パネルを9,024枚増設し、総工費は11億円とされる。四国電力では第1期での増設部を含めてすでに営業運転を開始しており、1年間の発電電力量は約220万kWhを、CO2排出量は約700トン削減できると見込んでいる。2020年度までに第2期工事による増設を行い、4,300kWまで出力を増やす予定とされる。松山太陽光発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 電気事業低炭素社会協議会

    電気事業低炭素社会協議会から見た火力発電所火力発電所

    2011年に発生した東北地方太平洋沖地震および福島第一原子力発電所事故以降、基幹電源の不足に直面した東京電力やその他の電気事業者が、相次いで石炭火力発電所の建設を計画した。経済産業省は、エネルギー安全保障と経済性の観点からこれらの計画を支持したが、環境省は温室効果ガス排出増加の懸念からこれに強く反対したため、こう着状態が続いた。電気事業低炭素社会協議会 フレッシュアイペディアより)

  • ボボフ・ドル

    ボボフ・ドルから見た火力発電所火力発電所

    ボボフ・ドル(ブルガリア語: / Bobov Dol)はブルガリア西部の町、およびそれを中心とした基礎自治体。キュステンディル州に属する。コチェリノヴォおよびリラに近接している。地理的にバルカン半島のほぼ中心にあり、炭鉱と火力発電所の町として知られている。町はキュステンディル州ではキュステンディル、ドゥプニツァに次いで3番目の人口規模を持っている。ボボフ・ドル フレッシュアイペディアより)

  • 石手川

    石手川から見た火力発電所火力発電所

    かつて、四国電力湯山発電所(水力発電所)に供給していたが、電力需要の増大や小流量で松山発電所(火力発電所)に転換され、現在は伊方発電所(原子力発電所)に統合されている。石手川 フレッシュアイペディアより)

  • 三隅発電所

    三隅発電所から見た火力発電所火力発電所

    三隅発電所(みすみはつでんしょ)は、島根県浜田市三隅町岡見1810にある中国電力の石炭火力発電所三隅発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 新地発電所

    新地発電所から見た火力発電所火力発電所

    新地発電所(しんちはつでんしょ)は、福島県相馬郡新地町駒ヶ嶺字今神1番地1にある相馬共同火力発電の石炭火力発電所新地発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 君津共同発電所

    君津共同発電所から見た火力発電所火力発電所

    君津共同発電所(きみつきょうどうはつでんしょ)は千葉県君津市君津1にある君津共同火力の火力発電所君津共同発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島共同発電所

    鹿島共同発電所から見た火力発電所火力発電所

    鹿島共同発電所(かしまきょうどうはつでんしょ)は茨城県鹿嶋市新浜5にある鹿島共同火力の火力発電所鹿島共同発電所 フレッシュアイペディアより)

476件中 121 - 130件表示