476件中 11 - 20件表示
  • 煙突効果

    煙突効果から見た火力発電所火力発電所

    火力発電所などの煙突はこの効果を用いて燃焼で生じた高温の二酸化炭素ガスを排出すると共に空気取り入れ口から外部の酸素が多い空気を取り込む。またオフィスビル等では、太陽やオフィス機器から発生する熱で温められた室内に煙突効果を利用して外部の冷たい空気を自然換気で取り込むアトリウム型建築も建築されており、これにより建物のエネルギー消費量を 10 - 30 %削減できると期待されている。他方、煙突効果が高い建物では火災時に煙突となる通路を通して炎や煙が広がりやすくなるためその対処が重要である。煙突効果 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋電灯

    名古屋電灯から見た火力発電所火力発電所

    この名古屋電灯は元は旧尾張藩の士族による会社で、1887年設立ののち1889年(明治22年)に開業した。当時すでに東京と関西の3都市には電気事業が開業しており、名古屋電灯はこれに続く日本で5番目、北陸地方を含む中部地方では最初の電気事業者となった。開業当初は小規模な火力発電所によって発電所周辺に配電するという程度の事業規模であったが、徐々に拡大し、特に明治末期に長良川と木曽川に2つの大型水力発電所を完成させてからは大型化した。その過程で、のちに「電力王」と呼ばれる実業家福澤桃介が株式を買収して進出し、1914年(大正3年)から社長に就任。以後関西電気となるまでの7年間、福澤による積極経営が続いた。名古屋電灯 フレッシュアイペディアより)

  • 只見特定地域総合開発計画

    只見特定地域総合開発計画から見た火力発電所火力発電所

    1938年(昭和13年)、東條英機ら軍部統制派の圧力に押された第1次近衛内閣は戦時体制を遂行するため電力の国家管理を目論み、松永安左エ門ら電力業界の猛反発を抑え込んで第73帝国議会に「電力国家管理法案」を上程。翌1939年4月1日に国家総動員法と共に電力管理法・日本発送電株式会社法を成立させた。これに伴い特殊法人として発足した日本発送電株式会社は出力5,000キロワット以上の水力発電所および出力1万キロワット以上の火力発電所をほぼ例外なく管理下に置き、かつ同規模の新規電力開発を電力会社が実施することを事実上禁止した。只見特定地域総合開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 千住火力発電所

    千住火力発電所から見た火力発電所火力発電所

    千住火力発電所(せんじゅかりょくはつでんしょ)は、かつて東京都足立区に所在した東京電力の火力発電所。隅田川沿いに立地し、1926年(大正15年)から1963年(昭和38年)までの間稼働していた。千住火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • エンロン

    エンロンから見た火力発電所火力発電所

    また2001年には、当時のパウエル国務長官が、エンロンが進めていた、インドのダボール火力発電所プロジェクトの事態収拾のため、インドに派遣されるなど、アメリカの外交にも大きく影響を与えた。エンロン フレッシュアイペディアより)

  • 昭和シェル石油

    昭和シェル石油から見た火力発電所火力発電所

    不動産事業の内容は、昭和シェル石油が行うビルなどの不動産の賃貸・管理であり、その他事業の内容は、グループ会社が行う天然ガス火力発電所の運営や太陽電池モジュールの製造販売などである。昭和シェル石油 フレッシュアイペディアより)

  • 沼津市

    沼津市から見た火力発電所火力発電所

    沼津市は、火力発電所、江浦湾の巨大タンカー接岸施設の設置が予定されていた。当初は公害問題が顕著ではなかった事もあり、漁業補償以外に特に異議はなかった。1961年(昭和36年)3月にアラビア石油を中核に、昭和電工、住友化学、東京電力が計画に参加。前後して、漁民らによる反対運動が活発化したが、同年末に補償問題に目処がついた事から沈静化。沼津市 フレッシュアイペディアより)

  • 九州電力

    九州電力から見た火力発電所火力発電所

    1952年(昭和27年) - 九州電力初の新設石炭火力発電所、築上発電所1号機が運転開始。九州電力 フレッシュアイペディアより)

  • 黄志龍 (物理学者)

    黄志龍 (物理学者)から見た火力発電所火力発電所

    黄 志?(こう しりゅう、中国語読み:ファン・チーロン、1965年6月 - )は、中華人民共和国の物理学者(専攻:力学)。浙江大学の教授であり、火力発電所設計の第一人者。黄志龍 (物理学者) フレッシュアイペディアより)

  • 稲村ダム

    稲村ダムから見た火力発電所火力発電所

    河川流量が豊富な吉野川水系では、急流な上流部において古くから多くの水力発電所が建設されてきた。戦後、これら水力発電設備を含め四国の電気事業を継承した四国電力は、吉野川水系に大森川発電所・穴内川発電所、那賀川水系に蔭平発電所と次々に揚水発電所を完成させた。その後の四国地方における経済発展は電力需要の増加をもたらし、四国電力は火力発電所や原子力発電所と連携できる揚水発電所の建設を吉野川水系に計画した。稲村ダム フレッシュアイペディアより)

476件中 11 - 20件表示