391件中 11 - 20件表示
  • 沖縄電力

    沖縄電力から見た火力発電所火力発電所

    1953年4月 - 沖縄では戦後初の新設石炭火力発電所、牧港火力発電所1号機が運転開始(のちに重油に転換)。沖縄電力 フレッシュアイペディアより)

  • 黄志龍 (物理学者)

    黄志龍 (物理学者)から見た火力発電所火力発電所

    黄 志?(こう しりゅう、中国語読み:ファン・チーロン、1965年6月 - )は、中華人民共和国の物理学者(専攻:力学)。浙江大学の教授であり、火力発電所設計の第一人者。黄志龍 (物理学者) フレッシュアイペディアより)

  • 松尾川ダム

    松尾川ダムから見た火力発電所火力発電所

    松尾川第一・第二発電所には、出力約2万キロワットのペルトン水車発電機がそれぞれ1台ずつ設置されている。当時の日本としては大容量の水車発電機であり、とりわけ特筆すべきはAFC(自動周波数調整装置)を日本で初めて導入した点である。電力系統の周波数は需要(負荷)と供給(発電)とのバランスを維持しなければ安定しない。もし、これが崩れると周波数が変動し、工場の操業などに悪影響を及ぼす。発電所の出力を自動で調整し、電力系統の周波数を安定化するAFCは、大容量水力発電所や火力発電所には必須のものとして、日本全国の発電所に普及していった。松尾川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 稲村ダム

    稲村ダムから見た火力発電所火力発電所

    河川流量が豊富な吉野川水系では、急流な上流部において古くから多くの水力発電所が建設されてきた。戦後、これら水力発電設備を含め四国の電気事業を継承した四国電力は、吉野川水系に大森川発電所・穴内川発電所、那賀川水系に蔭平発電所と次々に揚水発電所を完成させた。その後の四国地方における経済発展は電力需要の増加をもたらし、四国電力は火力発電所や原子力発電所と連携できる揚水発電所の建設を吉野川水系に計画した。稲村ダム フレッシュアイペディアより)

  • 南原ダム

    南原ダムから見た火力発電所火力発電所

    第二次世界大戦末期に原子爆弾が投下され、大きな被害を受けた広島市であったが、終戦の日を迎えてからは急速な復興と発展を見せていた。しかしその反面、増え続ける電力需要に対し供給力が追いつかないというバランスの悪い状態に陥っていた。中国電力は火力発電所や原子力発電所と連携がとれ、電力系統の強化が期待できる揚水発電所の建設を計画。建設予定地として電力の大消費地である広島市より20キロメートルという至近である安佐郡可部町(現・広島市安佐北区可部町)に決定した。この地点は1974年(昭和49年)に運転開始する島根原子力発電所へと通じる22万ボルトの送電線・山陰幹線(1973年完成)が経由し、深夜に揚水運転のための電源供給が容易である点も有利であるとされた。開発にあたって南原ダム・明神ダムの2基が建設されることになり、周辺から土砂や岩石が豊富に得られることから、形式としては2基ともロックフィルダムが選択された。両ダムの建設が完了し、南原発電所は1976年(昭和51年)7月5日より運転を開始。1968年(昭和43年)運用開始した新成羽川(しんなりわがわ)発電所に続く、中国電力第2の揚水発電所であった。南原ダム フレッシュアイペディアより)

  • クラッド鋼

    クラッド鋼から見た火力発電所火力発電所

    特に、戦前では軍艦に使用される高圧蒸気機関には無くてはならない材料であった。現在でも原子力発電所や火力発電所などで用いられている。クラッド鋼 フレッシュアイペディアより)

  • バッテンフォール

    バッテンフォールから見た火力発電所火力発電所

    「バッテンフォール」(Vattenfall)は英語の「ウォーターフォール」に相当する。1909年に設立された王立水力発電委員会(Kungliga Vattenfallstyrelsen)を前身とする公営企業で、スウェーデン政府が100%所有している。長年スウェーデン北部の山岳地帯での水力発電を行ってきたほか、ストックホルムの北のフォルスマルク原子力発電所など多数の原子力発電所を運営し、ドイツなどスウェーデン国外の火力発電所や原子力発電所も保有している。バッテンフォール フレッシュアイペディアより)

  • トルボヴリェ煙突

    トルボヴリェ煙突から見た火力発電所火力発電所

    トルボヴリェ煙突(スロベニア語:Trboveljski dimnik、英:Trbovlje Chimney)は、ヨーロッパで一番高い煙突である。この煙突は、スロベニアのサヴァ川流域のトルボヴリェに位置する、トルボヴリェ石炭火力発電所の設備である。煙突の高さは360mであり、1976年に建設された。トルボヴリェ煙突 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋ダム

    大橋ダムから見た火力発電所火力発電所

    戦後を迎えると日本発送電が分割・民営化され、大橋ダムや長沢ダム、分水系発電所など、四国の水力発電所の多くは四国電力が継承した。同社は高度経済成長により増え続ける電力需要に応え、火力発電所や原子力発電所との連携により先鋭化するピーク需要を満たす供給力として大規模揚水発電所・本川発電所(61万5,000キロワット)の建設を計画。その下池として大橋ダムが流用されることになった。稲叢山を隔てて東を流れる吉野川水系瀬戸川には上池となる稲村ダムが建設され、2つの人造湖はトンネル水路によって連結された。本川発電所の運転開始は1982年(昭和57年)のことである。大橋ダム フレッシュアイペディアより)

  • ユルゲン・リュットガース

    ユルゲン・リュットガースから見た火力発電所火力発電所

    一方、2010年の州議会選挙でSPDの首相候補となったハンネローレ・クラフトを党費で監視させ、スキャンダルになった。また環境保護運動に逆行するヨーロッパ最大の石炭火力発電所建設計画をめぐり、地元エネルギー企業E.ONの利益を代弁した施策ではないかと批判されている。さらに2010年2月には会食や写真撮影、党大会での広告設置で法外な代金を請求していることが判明し、政治資金規制を逃れる為の迂回献金ではないかと批判された。ユルゲン・リュットガース フレッシュアイペディアより)

391件中 11 - 20件表示

「石炭火力発電所」のニューストピックワード