391件中 21 - 30件表示
  • ショート・ライン

    ショート・ラインから見た火力発電所火力発電所

    炭坑と火力発電所の間、石膏産地と石膏ボード工場の間など、二地点間で鉄道輸送が必要なときショート・ライン フレッシュアイペディアより)

  • 常陸那珂港

    常陸那珂港から見た火力発電所火力発電所

    2003年12月:常陸那珂火力発電所の一部、運転開始常陸那珂港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (大正-昭和前半)

    日本の鉄道史 (大正-昭和前半)から見た火力発電所火力発電所

    甲武鉄道の好評を受けて、元日本鉄道の保有路線であった山手線も、1909年に電車運転に切り替えられた(なお、環状運転化は1925年)。車両は単機運転ながらボギー台車の大型車で、使用する電力は国鉄自前の火力発電所から送られていた。日本の鉄道史 (大正-昭和前半) フレッシュアイペディアより)

  • 一ツ瀬ダム

    一ツ瀬ダムから見た火力発電所火力発電所

    一ツ瀬発電所は最大出力が18万キロワットであり、これは上椎葉発電所(9万キロワット)の2倍に相当する。揚水発電所を除く一般水力発電所としては九州最大であり、日本の一般水力発電所としても10番目に大きい。大規模な火力発電所・原子力発電所がメンテナンスあるいはトラブルによって停止している際の備えといった役割も担っている。一ツ瀬ダム フレッシュアイペディアより)

  • 馬瀬川第二ダム

    馬瀬川第二ダムから見た火力発電所火力発電所

    戦後、朝日ダム(飛騨川)の建設に始まった飛騨川流域一貫開発計画は、1960年代になって従来の一般水力発電所から大規模な揚水発電計画を行う方向性にシフトしていった。火力発電所や原子力発電所の連携が可能な揚水発電は次第に全国の電力会社が手掛けてゆくようになり、飛騨川では1963年(昭和38年)から高根第一ダム・高根第二ダム(飛騨川)による高根第一発電所が着手された。中部電力が次に手をつけたのは飛騨川流域最大の支流・馬瀬川であった。馬瀬川第二ダム フレッシュアイペディアより)

  • 混和材料

    混和材料から見た火力発電所火力発電所

    酸化ケイ素・酸化アルミニウム・酸化カルシウムなどを含み、セメントのアルカリ性下で水和反応をする粉末。は主にシリカの粉末や高炉スラグ、フライアッシュ(石炭灰)、石灰石、籾殻灰などが添加され、コンクリートの強度促進とともに製鉄所や石炭火力発電所の産業廃棄物のリサイクルの役割を果たしている。日本では1910年頃から高炉スラグを使用した高炉セメントの製造が行われ、近年では混和材としての利用も進み、1995年にJIS規格による品質基準が制定された。フライアッシュの利用は高炉スラグより遅く、1953年に須田貝ダムの建設で日本で初めて使われたとされている。混和材料 フレッシュアイペディアより)

  • 広野発電所

    広野発電所から見た火力発電所火力発電所

    広野火力発電所 - 福島県双葉郡広野町に建設された発電所で、東京電力の火力発電所広野発電所 フレッシュアイペディアより)

  • バクホー油田

    バクホー油田から見た火力発電所火力発電所

    2003年には、京都メカニズムを視野に入れた日本の三菱重工、関西電力、丸紅らによる石油増進回収プロジェクトなどが試みられている。これは、火力発電所で発生した二酸化炭素を油井に注入し、生産量を増加させ二酸化炭素の地中固定を図る試みである。バクホー油田 フレッシュアイペディアより)

  • フューチャージェン計画

    フューチャージェン計画から見た火力発電所火力発電所

    フューチャージェン計画(FutureGen program)とは、2003年にアメリカ合衆国政府が打ち出した、大気中に二酸化炭素を放出しない新型火力発電所の建設計画。アメリカが主導する数少ない地球温暖化対策のひとつだが、発想の原点はアメリカ国内向けのエネルギーの安定供給という発想である。フューチャージェン計画 フレッシュアイペディアより)

  • ミッチェル発電所

    ミッチェル発電所から見た火力発電所火力発電所

    ミッチェル発電所 (Mitchell Power Plant) は、アメリカ合衆国のウェストバージニア州マウンズヒルに位置する火力発電所である。この発電所には高さ367.6mの煙突がある。1971年に竣工された。ミッチェル発電所 フレッシュアイペディアより)

391件中 21 - 30件表示

「石炭火力発電所」のニューストピックワード