391件中 31 - 40件表示
  • マウンテニア発電所

    マウンテニア発電所から見た火力発電所火力発電所

    マウンテニア発電所 (Mountaineer Power Plant) は、アメリカ合衆国のウェストバージニア州ニューヘイブンに位置する火力発電所である。この発電所には高さ336mの煙突がある。1980年に竣工された。マウンテニア発電所 フレッシュアイペディアより)

  • サミット小名浜エスパワー小名浜発電所

    サミット小名浜エスパワー小名浜発電所から見た火力発電所火力発電所

    サミット小名浜エスパワー小名浜発電所(サミットおなはまエスパワーおなはまはつでんしょ)は、福島県いわき市小名浜字渚2-4にある火力発電所サミット小名浜エスパワー小名浜発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 日立造船茨城発電所

    日立造船茨城発電所から見た火力発電所火力発電所

    日立造船茨城発電所(ひたちぞうせんいばらきはつでんしょ)は、茨城県常陸大宮市にある火力発電所日立造船茨城発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 東西連係ガス導管

    東西連係ガス導管から見た火力発電所火力発電所

    東西連係ガス導管(とうざいれんけいガスどうかん)は、東京電力の東扇島火力発電所と富津火力発電所の間を結ぶ天然ガスのパイプラインである。東京湾に海底トンネルを掘って、その中にガスの導管が収められている。京浜地区の3つの火力発電所(東扇島・横浜・川崎)と、千葉地区の5つの火力発電所(富津・袖ヶ浦・姉崎・五井・千葉)を結んで、天然ガスの相互融通を可能にするために建設された。東西連係ガス導管 フレッシュアイペディアより)

  • 粕壁町営電気事業組合

    粕壁町営電気事業組合から見た火力発電所火力発電所

    本組合設立に伴う起債額は1万7千円で、日本勧業銀行から借り入れる形をとった。当初はガソリン方式火力発電所(20馬力)の計画だったが、のちに利根発電からの買電に変更された。変電所は粕壁町川久保(現・春日部市粕壁東4丁目)に設置し、利根発電から直流6,600ボルトで受電し、高圧線は3,300ボルト、低圧線は100?200ボルトで配電した。その後若干の紆余屈折を経て1915年(大正4年)1月にすべての工事が終わり、電灯個数1,304灯・動力電力16馬力で粕壁町内に始めて電灯配電を開始した。粕壁町営電気事業組合 フレッシュアイペディアより)

  • 寒川パワーステーション

    寒川パワーステーションから見た火力発電所火力発電所

    寒川パワーステーション(さむかわパワーステーション)は、神奈川県高座郡寒川町にある火力発電所寒川パワーステーション フレッシュアイペディアより)

  • 中山共同発電船町発電所

    中山共同発電船町発電所から見た火力発電所火力発電所

    中山共同発電船町発電所(なかやまきょうどうはつでんふなまちはつでんしょ)は、大阪府大阪市大正区にある火力発電所中山共同発電船町発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 酉島エネルギーセンター

    酉島エネルギーセンターから見た火力発電所火力発電所

    酉島エネルギーセンター(とりしまエネルギーセンター)は、大阪府大阪市此花区にある火力発電所酉島エネルギーセンター フレッシュアイペディアより)

  • 摂津エネルギーセンター

    摂津エネルギーセンターから見た火力発電所火力発電所

    摂津エネルギーセンター(せっつエネルギーセンター)は、大阪府摂津市にある火力発電所摂津エネルギーセンター フレッシュアイペディアより)

  • 高根第一ダム

    高根第一ダムから見た火力発電所火力発電所

    中部電力は朝日ダムと支流秋神川の秋神ダムを1953年(昭和28年)に完成させ朝日発電所の運転を開始。続いて東上田発電所や久々野発電所の運転を開始するが、1960年代に入ると電力開発の主軸が大容量の新鋭火力発電所に移るいわゆる「火主水従」時代に突入する。しかし高度経済成長に伴う電力需要の増大は、夏季など電力消費のピークに対応し切れない部分があり、こまめに出力を調整できない火力発電と連携を図って電力需要のピークに対処する必要性が生じた。水力発電はピーク時の即応性が高いことから、火力発電との連携が図りやすい揚水発電が注目され、日本各地で揚水発電所の建設が盛んになった。高根第一ダム フレッシュアイペディアより)

391件中 31 - 40件表示

「石炭火力発電所」のニューストピックワード