391件中 41 - 50件表示
  • 新住用川ダム

    新住用川ダムから見た火力発電所火力発電所

    1911年(明治44年)、奄美大島において大島電気が開業した。同社は60キロワットの火力発電所を建設して電気の供給を開始したのち、住用川の水資源に着目。これを活用する水力発電所として、住用川第一発電所(120キロワット)を1919年(大正8年)に完成させた。この発電所は1934年(昭和9年)に廃止されてしまうが、これに先立ち1931年(昭和6年)に住用川第二発電所(240キロワット)が完成しており、1935年(昭和10年)には350キロワット、1942年(昭和17年)には480キロワットと、時代を経るごとに増強されていった。その間、日本政府は電気事業の国家管理化を進めており、1939年(昭和14年)に日本発送電が、1942年(昭和17年)には9つの配電会社が設立された。大島電気は1943年(昭和18年)、9配電会社のうちの一つで、九州地方を担当する九州配電に統合された。新住用川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 台中港

    台中港から見た火力発電所火力発電所

    これらの鉄道駅からは台中港の主要なふ頭に引込線が設けられ、輸入穀物の製粉工場への輸送や輸入石炭の台湾北部の火力発電所への輸送、内陸のセメント工場からの輸出セメントの輸送などに利用されているが、道路輸送との競合や、製粉工場の減少、一部の火力発電所の運転休止などにより輸送量は減少している。台中港 フレッシュアイペディアより)

  • 土用ダム

    土用ダムから見た火力発電所火力発電所

    中国電力は1998年(平成10年)に中電技術コンサルタントからの報告によって改竄の事実を知り得ていたが、以降長きにわたって公表しなかったということは大きな問題である。事実を重く見た国は電力会社各社に対し調査を指示。改竄があったという事実は各社の水力発電用ダムにとどまらず、火力発電所や原子力発電所(制御棒引き抜け事象など)にまで及んでいた。2006年秋から2007年(平成19年)初頭にかけて相次いで明るみに出た一連の各電力会社による不祥事は、この土用ダムの不正発覚がきっかけとなって飛び火したようなものである。土用ダム フレッシュアイペディアより)

  • フェリーニヒング

    フェリーニヒングから見た火力発電所火力発電所

    フェリーニヒングは南アフリカ最大の工業地帯の一角にある工業都市であり、鉄鋼業を中心にパイプや石灰やレンガ、タイルなどの工業が立地している。フェリーニヒングの発展の礎となった炭鉱も未だ稼動しており、なお4億トンの埋蔵量が見込まれている。そのほかに、粘土や石材の鉱山もある。石炭を利用したエスコム社の火力発電所も数基存在し、近郊の金鉱山などに電力を供給している。フェリーニヒングはアフリカーンス語が優勢な地域であり、次いで英語とソト語が続く。フェリーニヒング フレッシュアイペディアより)

  • アマタナコーン工業団地

    アマタナコーン工業団地から見た火力発電所火力発電所

    バンコクの南東60km圏内、近隣にレムチャバン港があるという立地条件のほか、自営でパイプライン設営し天然ガスを燃料とした火力発電所を備えるなどインフラが整っており、2005年当時で約300社が進出。うち7割が日系企業で日本食を提供する食堂や高級アパートも設置されていた。おもに自動車部品、電機、消費財、軽工業関連の企業が集まる。アマタナコーン工業団地 フレッシュアイペディアより)

  • ノヴォミチュリンスク

    ノヴォミチュリンスクから見た火力発電所火力発電所

    ノヴォミチュリンスクは1968年にリャザン火力発電所建設とともにその労働者団地として建設され、1981年に市となった。ノヴォミチュリンスク フレッシュアイペディアより)

  • 吾郷清彦

    吾郷清彦から見た火力発電所火力発電所

    島根県邇摩郡宅野村立宅野小学校、旧制大田中学、旧満州の旅順工科大学電気工学科卒業後、満州電業の電気技師として、奉天市(現在は瀋陽市)などの火力発電所に勤務。日本の敗戦により帰国し、島根県および三重県にて新制中学・新制高校の教員を数年勤めた後、1952(昭和27)年から島根県営の水力発電所の建設と稼動に中心的役割を果たす。吾郷清彦 フレッシュアイペディアより)

  • 電源三法

    電源三法から見た火力発電所火力発電所

    1960年代以降の日本の電力は火力発電所に比重を強めていたが、1973年に起こった第1次石油危機が発生して、火力発電所に依存する日本経済が大きく混乱した。それを受けて、1974年に火力発電以外の電源を開発することによってリスク分散をし、火力発電への過度の依存を脱却することを目的として制定された。電源三法 フレッシュアイペディアより)

  • 近江谷栄次

    近江谷栄次から見た火力発電所火力発電所

    1901年(明治34年)には、秋田県で初の火力発電所(近江谷発電所)を現在の秋田市立土崎南小学校の位置に建設。燃料は石炭を用い、60キロワットの電力供給を開始した。供給範囲は土崎地区内にとどまらず、通町、大町といった秋田市中心部にも及んだ。近江谷栄次 フレッシュアイペディアより)

  • 川内発電所

    川内発電所から見た火力発電所火力発電所

    川内発電所(せんだいはつでんしょ)は鹿児島県薩摩川内市港町字唐山6110にある九州電力の火力発電所川内発電所 フレッシュアイペディアより)

391件中 41 - 50件表示

「石炭火力発電所」のニューストピックワード