476件中 61 - 70件表示
  • 南河原 (川崎市)

    南河原 (川崎市)から見た火力発電所火力発電所

    1905年(明治38年)に設立された横浜製糖は、多摩川の水運と川崎駅からの鉄道という交通の便があること、また当時の当地は農村地帯であり、品川方面はすでに坪20円以上の地価であったが、地元の大地主であった石井泰助が誘致のために自己の土地を坪1円で提供したこと、さらには大師電気鉄道が近隣の久根崎に火力発電所を設置しており電力を確保できたなど好条件があり、当地に工場を設置し1908年(明治41年)に操業を開始した。横浜製糖は1911年(明治43年)に明治製糖へ吸収されたが、当地の工場は拡充を続け、1925年(大正14年)には系列の明治製菓も隣接地に進出した。南河原 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 奈川渡ダム

    奈川渡ダムから見た火力発電所火力発電所

    日本国内は戦後の復興を間もなくして急速な経済発展とともに電力需要は増大の一途をたどる。特に京浜工業地帯・京葉工業地域を営業エリア内に抱える東京電力は新規電源開発が急務となり、太平洋沿岸部に火力発電所を建設、福島県では原子力発電所の建設に着手した。一方で深夜の余剰電力を利用して水をくみ上げ、貯えた水による昼間のピーク需要に即応できる設備として揚水発電所の計画を進める。群馬県、利根川の上流部にその第一号として矢木沢ダム直下に矢木沢発電所を完成させた東京電力が、第二の建設先として選んだのが梓川だった。奈川渡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 高砂火力発電所

    高砂火力発電所から見た火力発電所火力発電所

    高砂火力発電所(たかさごかりょくはつでんしょ)は、兵庫県高砂市梅井6-4-1に所在する電源開発の石炭火力発電所高砂火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 日立造船茨城発電所

    日立造船茨城発電所から見た火力発電所火力発電所

    日立造船茨城発電所(ひたちぞうせんいばらきはつでんしょ)は、茨城県常陸大宮市にある火力発電所日立造船茨城発電所 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベクエネルゴ

    ウズベクエネルゴから見た火力発電所火力発電所

    国内にはタリマルジャンや、アングレン、シルダリヤ、タシュケントなどに火力発電所 (Thermal Power Plant, TPP)が設置されている。ウズベクエネルゴ フレッシュアイペディアより)

  • 土用ダム

    土用ダムから見た火力発電所火力発電所

    中国電力は1998年(平成10年)に中電技術コンサルタントからの報告によって改竄の事実を知り得ていたが、以降長きにわたって公表しなかったということは大きな問題である。事実を重く見た国は電力会社各社に対し調査を指示。改竄があったという事実は各社の水力発電用ダムにとどまらず、火力発電所や原子力発電所(制御棒引き抜け事象など)にまで及んでいた。2006年秋から2007年(平成19年)初頭にかけて相次いで明るみに出た一連の各電力会社による不祥事は、この土用ダムの不正発覚がきっかけとなって飛び火したようなものである。土用ダム フレッシュアイペディアより)

  • 多奈川町

    多奈川町から見た火力発電所火力発電所

    1942年(昭和17年)には観音崎の東、深日村との境界部に川崎重工業泉州工場が建設され、1944年(昭和19年)には南海多奈川線が開業した。同工場は1949年(昭和24年)に閉鎖されたが、多奈川側の跡地には関西電力を誘致して火力発電所が建設されることになった。多奈川町 フレッシュアイペディアより)

  • 滝川発電所

    滝川発電所から見た火力発電所火力発電所

    滝川発電所(たきかわはつでんしょ)は北海道滝川市泉町135番地にあった北海道電力の石炭火力発電所滝川発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 新種子島発電所

    新種子島発電所から見た火力発電所火力発電所

    新種子島発電所(しんたねがしまはつでんしょ)は、鹿児島県熊毛郡南種子町島間にある九州電力の火力発電所新種子島発電所 フレッシュアイペディアより)

  • サミット小名浜エスパワー小名浜発電所

    サミット小名浜エスパワー小名浜発電所から見た火力発電所火力発電所

    サミット小名浜エスパワー小名浜発電所(サミットおなはまエスパワーおなはまはつでんしょ)は、福島県いわき市小名浜字渚2-4にある火力発電所サミット小名浜エスパワー小名浜発電所 フレッシュアイペディアより)

476件中 61 - 70件表示