391件中 71 - 80件表示
  • 黒部ダム (栃木県)

    黒部ダム (栃木県)から見た火力発電所火力発電所

    しかし、想定を上回る大量の土砂が黒部ダムに堆積し、貯水容量を圧迫した。このため、水不足に備えて黒部ダムに貯水しておくという、当初の運用計画は破綻することになった。鬼怒川水力電気は新たなる水力発電所建設候補地を探すものの、決定打を見いだすことはできず、下滝発電所が水不足の際には火力発電によって需要をまかなうことにした。こうして、1919年(大正8年)に完成したのが隅田火力発電所である。黒部ダム (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • 石手川

    石手川から見た火力発電所火力発電所

    かつて、四国電力湯山発電所(水力発電所)に供給していたが、電力需要の増大や小流量で松山発電所(火力発電所)に転換され、現在は伊方発電所(原子力発電所)に統合されている。石手川 フレッシュアイペディアより)

  • テルエル火力発電所

    テルエル火力発電所から見た火力発電所火力発電所

    テルエル火力発電所(Central térmica Teruel、またはCentral térmica de Andorra)は、スペインのテルエルに位置する火力発電所。この発電所には高さ343mの煙突がある。テルエル火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • TETs5

    TETs5から見た火力発電所火力発電所

    TETs5(、テーツ・ピヤーチ)は、ウクライナのハルキウに位置する火力発電所である。この発電所には高さ330 mの煙突がある。これは、世界で13番目の高さである。TETs5 フレッシュアイペディアより)

  • 松山太陽光発電所

    松山太陽光発電所から見た火力発電所火力発電所

    本発電所は1981年に発電が停止された火力発電所(松山発電所)の跡地に建設が進められ、1996年3月には0.9万m2の敷地に6,358枚の太陽電池パネルを設置して部分的な発電を開始した。その後、第1期と第2期の2回に分けてこれらの発電設備の増設を進めており、2010年4月に着工され2010年12月1日に完了した第1期工事では、発電能力は従来の300kWから2,042kWに増加した。第1期工事では、約2.7m2に1.5m×99cm×46mmの京セラ製太陽電池パネルを9,024枚増設し、総工費は11億円とされる。四国電力では第1期での増設部を含めてすでに営業運転を開始しており、1年間の発電電力量は約220万kWhを、CO2排出量は約700トン削減できると見込んでいる。2020年度までに第2期工事による増設を行い、4,300kWまで出力を増やす予定とされる。松山太陽光発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏埋立地 (大韓民国)

    首都圏埋立地 (大韓民国)から見た火力発電所火力発電所

    首都圏埋立地 (??? ???) は、大韓民国の仁川広域市西区白石洞に造成された、ごみ埋立地である。ソウル首都圏の3つの広域自治団体から排出されるごみを処理する目的で1992年2月10日に開設された。蘭芝島のごみ埋立場が収容能力の限界に達したため、ソウル特別市と大韓民国環境部が共同で投資し、海岸の干拓地に建設した。予想埋め立て期限は2044年で、合計4箇所の埋立場と、1箇所の処理施設からなる。そのうち第1埋立場は2000年10月に廃棄物埋め立てを終え、事後管理中であり、その大部分は36ホールのゴルフ場として造成中で、今後、2014年の仁川アジア大会のゴルフ競技場として使用されるだけではなく、乗馬、水泳種目も開催される予定である。現在埋め立て進行中の第2埋立場は2015年2月まで埋め立てが続けられると予想されている。埋め立ては荷卸し、整地、消毒、脱臭剤撒布、毎日の覆土の過程で進められる。廃棄物の埋め立てで発生する浸出水は脱離液とともに下水処理され放流されており、廃棄物から発生するガスは捕集され、5万kWの火力発電所で燃焼され、生産された電力は韓国電力取引所で販売されている。首都圏埋立地 (大韓民国) フレッシュアイペディアより)

  • 関西国際空港エネルギーセンター

    関西国際空港エネルギーセンターから見た火力発電所火力発電所

    関西国際空港エネルギーセンター(かんさいこくさいくうこうエネルギーセンター)は大阪府田尻町にある関西電力の火力発電所関西国際空港エネルギーセンター フレッシュアイペディアより)

  • 音羽町駅

    音羽町駅から見た火力発電所火力発電所

    尚、1996年(平成8年)3月31日までは急行停車駅であった。戦前には同駅の近くに静岡市電気部の火力発電所が存在した(跡地は公園になっており、現在は「音羽公園」と呼ばれるが、以前は「火力公園」とも呼ばれた)。長沼駅構内に留置されている無蓋車ト1、ト2はその発電所で使用する石炭を清水港から運ぶために使用されていた。音羽町駅 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の日本の女性史

    1971年の日本の女性史から見た火力発電所火力発電所

    7月28日 豊橋市牛川町主婦ら、三菱レイヨン火力発電所建設に反対、市長を追求1971年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 関東配電

    関東配電から見た火力発電所火力発電所

    このとき、東京市電気局(現東京都交通局)が運営していた火力発電所による電気供給事業が、関東配電に委譲された。山梨県の宮川電燈株式会社、福島県の福島電灯が1940年に着手した箒川発電所建設工事、埼玉県の粕壁町営電気事業組合の電力電灯事業、神奈川県秦野町の町営電気事業、東京市の王子電気軌道の電灯事業、茨城県の水浜電車の電力事業など、各地の電気事業が関東配電に統合されていった。関東配電 フレッシュアイペディアより)

391件中 71 - 80件表示

「石炭火力発電所」のニューストピックワード