石田衣良 ニュース&Wiki etc.

石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日 - )は、日本の小説家。本名は石平庄一(いしだいらしょういち)。ペンネームの由来は本名「石平(いしだいら)」を分割したもの。 (出典:Wikipedia)

「石田衣良」Q&A

  • Q&A

    プロの作家は、出版社から書けと言われたら自分が苦手なジャンルでも見事に書き上げる(こ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月7日 01:49

  • Q&A

    石田衣良さんの小説で「カンタ」と「ブルータワー」、どちらの方が好きですか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月19日 18:46

  • Q&A

    「若者たち」の歌詞にある「だのに」とはどういう意味か、という問いに対して、 知恵袋…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月3日 14:36

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「石田衣良」のつながり調べ

  • 推理小説の賞

    推理小説の賞から見た石田衣良

    すでに募集を終了した短編の公募新人賞には以上のようなものがある。宝石賞は、それ以前から積極的に新人を発掘していた推理小説雑誌『宝石』が設けたもので、第4回と第5回は「宝石短編賞」という名称で実施された。また、1962年および1963年には「宝石中編賞」も実施された。幻影城新人賞は小説部門と評論部門があったが、小説部門では泡坂妻夫、連城三紀彦、田中芳樹らがデビューした。創元推理短編賞は、現在はミステリーズ!新人賞として実施されている。オール讀物推理小説新人賞からは西村京太郎、赤川次郎、宮部みゆき、石田衣良らがデビューした。この賞は、2008年より既存のオール讀物新人賞と一本化された。光文社文庫の『本格推理』および『新・本格推理』は、本格推理短編の公募アンソロジーである。賞ではないが、のちに作家としてデビューする人の作品が多く掲載された。選者は鮎川哲也、後に二階堂黎人が務めた。(推理小説の賞 フレッシュアイペディアより)

  • 波のうえの魔術師

    波のうえの魔術師から見た石田衣良

    『波のうえの魔術師』(なみのうえのまじゅつし)は、石田衣良の小説。(波のうえの魔術師 フレッシュアイペディアより)

「石田衣良」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「石田衣良」のニューストピックワード