99件中 31 - 40件表示
  • 杉本ふぁりな

    杉本ふぁりなから見た石田衣良石田衣良

    22)約束(PIANISSIMO COMICS)2008年8月25日 原作:石田衣良杉本ふぁりな フレッシュアイペディアより)

  • 日本ラブストーリー大賞

    日本ラブストーリー大賞から見た石田衣良石田衣良

    第3回 柴門ふみ、石田衣良、白井恵美子、上村祐子、梅村千恵、國岡克知子、坂梨由美子、下森真澄、高嶋千帆子、広坂朋信、ボブ内藤日本ラブストーリー大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 小説現代長編新人賞

    小説現代長編新人賞から見た石田衣良石田衣良

    第1回 石田衣良、伊集院静、角田光代、重松清、花村萬月小説現代長編新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立両国高等学校・附属中学校

    東京都立両国高等学校・附属中学校から見た石田衣良石田衣良

    芥川龍之介や堀辰雄、石田衣良など、文芸界の第一線で活躍する著名人を輩出してきた伝統は、両国の国語教育に表れている。中学1年時から作文や論文の執筆や読解を求められ、一年間で複数のレポート・論文の執筆、中学三年時には高校レベルの評論文の読解など、卒業時まで一貫した「国語教育」「書かせる教育」が実践されている。出版活動も盛んで、生徒会が1年間の集大成として発行する『365日』や、教員による研究結果を発表する『三高教室』という学術雑誌がある。東京都立両国高等学校・附属中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 推理小説の賞

    推理小説の賞から見た石田衣良石田衣良

    すでに募集を終了した短編の公募新人賞には以上のようなものがある。宝石賞は、それ以前から積極的に新人を発掘していた推理小説雑誌『宝石』が設けたもので、第4回と第5回は「宝石短編賞」という名称で実施された。また、1962年および1963年には「宝石中編賞」も実施された。幻影城新人賞は小説部門と評論部門があったが、小説部門では泡坂妻夫、連城三紀彦、田中芳樹らがデビューした。創元推理短編賞は、現在はミステリーズ!新人賞として実施されている。オール讀物推理小説新人賞からは西村京太郎、赤川次郎、宮部みゆき、石田衣良らがデビューした。この賞は、2008年より既存のオール讀物新人賞と一本化された。光文社文庫の『本格推理』および『新・本格推理』は、本格推理短編の公募アンソロジーである。賞ではないが、のちに作家としてデビューする人の作品が多く掲載された。選者は鮎川哲也、後に二階堂黎人が務めた。推理小説の賞 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県を舞台にした作品

    愛知県を舞台にした作品から見た石田衣良石田衣良

    1ポンドの悲しみ(石田衣良愛知県を舞台にした作品 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野万理子

    吉野万理子から見た石田衣良石田衣良

    シナリオ・センター大阪校を受講し、2002年「葬式新聞」で日本テレビシナリオ登龍門優秀賞受賞。2004年連続テレビドラマ「仔犬のワルツ」のシナリオを書く。2005年『秋の大三角』で第1回新潮エンターテインメント新人賞(現大賞)受賞(石田衣良選考)。以後、小説、児童読物で活動。『チームふたり』は第54回青少年読書感想文全国コンクール 課題図書に指定。『チームひとり』は第48回野間児童文芸賞候補作。吉野万理子 フレッシュアイペディアより)

  • 池袋ウエストゲートパーク

    池袋ウエストゲートパークから見た石田衣良石田衣良

    『池袋ウエストゲートパーク』(いけぶくろウエストゲートパーク)、通称『I.W.G.P.』は、石田衣良の小説シリーズ。第36回オール讀物推理小説新人賞受賞。後にテレビドラマ、コミック化された。池袋ウエストゲートパーク フレッシュアイペディアより)

  • Shalala キボウの歌

    Shalala キボウの歌から見た石田衣良石田衣良

    Shalala キボウの歌(作詞:石田衣良 作曲:成瀬英樹 編曲:今井了介)Shalala キボウの歌 フレッシュアイペディアより)

  • 男歌II〜20世紀ノスタルジア〜

    男歌II〜20世紀ノスタルジア〜から見た石田衣良石田衣良

    日本語詞:石田衣良/英語詞・作曲:Robert Hyman & Cyndi Lauper/編曲:Tak Miyazawa男歌II〜20世紀ノスタルジア〜 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「石田衣良」のニューストピックワード