118件中 81 - 90件表示
  • 石田衣良

    石田衣良から見た東京都立両国高等学校

    15歳の頃、ハヤカワ文庫や東京創元社のSF・ミステリに熱中し、次々と読破した。特に、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフが好きだった。東京都立両国高等学校では、小池昌代と同級生だった。1978年、成蹊大学経済学部に入学、1983年に卒業した。石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見たハートをつなごう

    ハートをつなごう(2006年4月-、NHK教育) - 司会石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見た角川文庫

    約束(2004年7月 角川書店 / 2007年6月 角川文庫石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見たNHK全国学校音楽コンクール

    あの空へ〜青のジャンプ〜(第76回NHK全国学校音楽コンクール課題曲)石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見た集英社文庫

    エンジェル(1999年11月 集英社 / 2002年8月 集英社文庫石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見た生活情報番組

    既婚者。息子がいることをTBS系列生活情報番組『はなまるマーケット』内のトークコーナー『はなまるカフェ』で明かしている。小学2年生の息子と一緒にお風呂に入ることや、息子は叶恭子のファンだというトークをした。石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見た附属池田小事件

    時事問題や社会的に問題となった事件などに触発されて執筆を決意することが多く、『うつくしい子ども』は神戸連続児童殺傷事件が、『約束』は大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件が、『ブルータワー』はアメリカ同時多発テロ事件が、それぞれ執筆のきっかけとなっている。石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見た広告

    大学卒業後はフリーター生活を送っていたが、母親の他界をきっかけに就職を決意し、広告制作プロダクション・広告代理店にコピーライターとして勤務した後、33歳の時にフリーのコピーライターとなる。石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見た波のうえの魔術師

    波のうえの魔術師(2001年8月 文藝春秋 / 2003年9月 文春文庫 / 2007年2月 徳間文庫)石田衣良 フレッシュアイペディアより)

  • 石田衣良

    石田衣良から見た神戸連続児童殺傷事件

    時事問題や社会的に問題となった事件などに触発されて執筆を決意することが多く、『うつくしい子ども』は神戸連続児童殺傷事件が、『約束』は大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件が、『ブルータワー』はアメリカ同時多発テロ事件が、それぞれ執筆のきっかけとなっている。石田衣良 フレッシュアイペディアより)

118件中 81 - 90件表示

「石田衣良」のニューストピックワード