前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • クレイジー・キム

    クレイジー・キムから見た石田順裕石田順裕

    2002年10月10日、石田順裕との日本スーパーウェルター級暫定王座決定戦で勝利し、日本王座4度目の挑戦にして暫定ながら初戴冠に成功した。クレイジー・キム フレッシュアイペディアより)

  • 日本のボクシング史

    日本のボクシング史から見た石田順裕石田順裕

    西岡利晃は2009年と2011年にそれぞれメキシコ、米国で世界王座を防衛した。国外での2度の防衛は日本初であった。2011年4月に石田順裕が米国で期待選手のジェームス・カークランドに初回KO勝利を収めたミドル級ノンタイトルマッチは中継局のHBOを震撼させた。同年、アマチュアでは村田諒太が世界選手権で日本人初の銀メダルを獲得している。日本のボクシング史 フレッシュアイペディアより)

  • ディミトリー・ピログ

    ディミトリー・ピログから見た石田順裕石田順裕

    2012年5月1日、モスクワにて、元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者石田順裕を迎え3回目の防衛戦を行い3-0(119-109,120-108,117-111)の大差判定勝ちで3度目の防衛に成功した 。ディミトリー・ピログ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・カークランド

    ジェームス・カークランドから見た石田順裕石田順裕

    2011年4月9日、MGMグランドにて、元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者石田順裕(日本)と対戦。圧倒的にカークランドが有利だったが、初回に3度倒れTKO負け。自身初黒星を喫したが、試合後HBOのインタビューで、レフェリーのジョー・コルテス(ラスベガス)のストップのタイミングについて「まだ続けられた。なぜそのタイミングで止めるのか全く理解できない」と話したり、対戦相手との印象を聞かれ、「パンチは俺には全然効いてないし、勝てた試合だった」と行き過ぎたコメントをしたため、観衆から大ブーイングを浴びた。ジェームス・カークランド フレッシュアイペディアより)

  • ゲンナジー・ゴロフキン

    ゲンナジー・ゴロフキンから見た石田順裕石田順裕

    2013年3月30日、モナコ・モンテカルロにて元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者石田順裕と対戦する予定。ゲンナジー・ゴロフキン フレッシュアイペディアより)

  • 竹地盛治

    竹地盛治から見た石田順裕石田順裕

    2001年5月13日、坂出サティホールで、宋から正規王座を引き継いだ石田順裕とのOPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座統一戦に3-0(115-114、116-114、117-116)の判定勝利を収めて同正規王座を獲得し、香川県初の同王者となった。竹地盛治 フレッシュアイペディアより)

  • 暫定王座

    暫定王座から見た石田順裕石田順裕

    日本プロボクシング史における暫定世界王者は前出の辰吉、2003年WBAバンタム級戸高秀樹、2006年WBAミニマム級高山勝成、2008年WBCスーパーバンタム級西岡利晃・WBC女子ライトフライ級富樫直美、2009年WBAスーパーウェルター級石田順裕の合わせて6人。このうち、辰吉・高山は正規王者との統一戦、戸高は暫定王者としての防衛戦、石田は前正規王者のスーパー王座昇格に伴う新正規王座決定戦にそれぞれ敗れ、正規王座を獲得することなく王座を手放している。一方、西岡と富樫は前正規王者のタイトル返上で新正規王者に自動的に昇格した。暫定王座 フレッシュアイペディアより)

  • 興國高等学校

    興國高等学校から見た石田順裕石田順裕

    石田順裕 - プロボクシング選手興國高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大東旭

    大東旭から見た石田順裕石田順裕

    その後、ノンタイトルを戦い続け無敗記録を24試合(22勝2分け)まで伸ばすが、2003年9月26日、後のWBA世界スーパーウェルター級暫定王者石田順裕に判定負けで記録が止まった。大東旭 フレッシュアイペディアより)

  • 田中聖二

    田中聖二から見た石田順裕石田順裕

    その後、一時期容態が安定したが、2005年4月15日19時頃に容態が急変。意識を取り戻すことなく、同日20時43分に死亡した。同月18日に大阪・平野区で行われた告別式には、世界王座を獲得して間もない元スパーリングパートナーの長谷川穂積、同じ金沢ジムの徳山昌守、石田順裕、小島英次ら約200人が参列した。田中聖二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「石田順裕」のニューストピックワード