79件中 11 - 20件表示
  • 石田順裕

    石田順裕から見たミゲール・コット

    2010年10月9日、正規王者ミゲール・コットのスーパー王座昇格に伴う正規王座決定戦に出場。メキシコ・テピクにて同級9位のリゴベルト・アルバレス(メキシコ)と対戦したが、1-2(114-113、113-114、112-115)の僅差判定負けを喫し正規王座獲得ならず。同時に暫定王座からも陥落した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た徳山昌守

    2001年9月24日、横浜アリーナで行なわれた徳山昌守の世界戦の前座で、河合丈矢の持つ日本スーパーウェルター級王座に挑戦するも判定負けで獲得ならず。その後1勝1分となった。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た大東旭

    2002年10月10日、河合が眼筋麻痺の手術のために設けられた日本スーパーウェルター級暫定王座決定戦をクレイジー・キムと争うも判定負けで戴冠ならず。その後、板垣俊彦や大東旭に勝利を収めた。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たリゴベルト・アルバレス

    2010年10月9日、正規王者ミゲール・コットのスーパー王座昇格に伴う正規王座決定戦に出場。メキシコ・テピクにて同級9位のリゴベルト・アルバレス(メキシコ)と対戦したが、1-2(114-113、113-114、112-115)の僅差判定負けを喫し正規王座獲得ならず。同時に暫定王座からも陥落した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たポール・ウィリアムス (ボクサー)

    2012年2月18日、アメリカ・テキサス州コーパスクリスティにて、HBOに次ぐボクシング中継局であるショウタイムが生中継する興行のメインイベントとして行われたWBCインターナショナル・スーパーウェルター級シルバー王座決定戦で、元世界2階級制覇王者ポール・ウィリアムス(アメリカ)と対戦するも、0-3(3者とも108-120)の大差判定負け。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たサウル・アルバレス

    2011年、サウル・アルバレスを擁するプロモート会社カネロ・プロモーションと3試合契約した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たゲンナジー・ゴロフキン

    この後も対戦オファーが来ては契約に至らずに消滅することの繰り返しで、石田はゴールデンボーイ・プロモーションズとの最低ファイトマネー5万ドルという契約を一旦破棄し、国外のマネージャーを通じてトップランクやK2プロモーションズと幅を持たせて交渉を進めた。ロサンゼルスを拠点にピーター・クイリンらとのスパーリングなどの練習を重ね、試合の決定を待ったが、2012年11月の次男誕生を機に一時日本に戻った。この間、ゴールデンボーイ経由でオファーのあったダニエル・ジェイコブスとの対戦は実現しなかったが、K2プロモーションズが他社と共催する興行の中で、WBA世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキンに挑戦することが決定。2013年3月30日にモナコ・モンテカルロで対戦することになった。2連敗となっている中での2階級制覇を目指す。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たジェームス・ダグラス

    2011年4月9日、アメリカ・ラスベガスのMGMグランド・ガーデンアリーナにて、WBO世界ミドル級4位で27戦全勝(24KO)のジェームス・カークランド(アメリカ)と対戦。試合前のオッズでは17対1という圧倒的不利の下馬評だったが、初回に3度ダウンを奪い、大番狂わせの1分52秒TKO勝利で再起を飾り、一躍脚光を浴びた。また、米国で地上波中継が途絶えていたこの時期、最も権威あるボクシング中継局とされてきたHBOがPPV生中継する興行での勝利は日本人史上初。番組進行役のジム・ランプリーは1990年にジェームス・ダグラスがマイク・タイソンを下した試合を超える番狂わせだと言い、この試合は『リングマガジン』と『スポーツ・イラストレイテッド』のアップセット・オブ・ザ・イヤーを受賞した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たディミトリー・ピログ

    2012年5月1日にロシア・モスクワでWBO世界ミドル級タイトルマッチとして、WBO世界ミドル級王者ディミトリー・ピログ(ロシア)との対戦が決定。しかし、日本ボクシングコミッション(JBC)がこの時点ではWBO・IBFに加盟していなかったことから4月27日付で引退届を提出。JBCから離れて活動することとなった。翌日のブログでは「今まで私を育てて、保護してくれたJBCには深く感謝いたします」としている。試合は王者に対して決定的なダメージを与えることができぬまま0-3(111-117、109-119、108-120)の大差判定負けを喫した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たジェームス・カークランド

    2011年4月9日、アメリカ・ラスベガスのMGMグランド・ガーデンアリーナにて、WBO世界ミドル級4位で27戦全勝(24KO)のジェームス・カークランド(アメリカ)と対戦。試合前のオッズでは17対1という圧倒的不利の下馬評だったが、初回に3度ダウンを奪い、大番狂わせの1分52秒TKO勝利で再起を飾り、一躍脚光を浴びた。また、米国で地上波中継が途絶えていたこの時期、最も権威あるボクシング中継局とされてきたHBOがPPV生中継する興行での勝利は日本人史上初。番組進行役のジム・ランプリーは1990年にジェームス・ダグラスがマイク・タイソンを下した試合を超える番狂わせだと言い、この試合は『リングマガジン』と『スポーツ・イラストレイテッド』のアップセット・オブ・ザ・イヤーを受賞した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

79件中 11 - 20件表示

「石田順裕」のニューストピックワード