79件中 41 - 50件表示
  • 石田順裕

    石田順裕から見たモナコ

    この後も対戦オファーが来ては契約に至らずに消滅することの繰り返しで、石田はゴールデンボーイ・プロモーションズとの最低ファイトマネー5万ドルという契約を一旦破棄し、国外のマネージャーを通じてトップランクやK2プロモーションズと幅を持たせて交渉を進めた。ロサンゼルスを拠点にピーター・クイリンらとのスパーリングなどの練習を重ね、試合の決定を待ったが、2012年11月の次男誕生を機に一時日本に戻った。この間、ゴールデンボーイ経由でオファーのあったダニエル・ジェイコブスとの対戦は実現しなかったが、K2プロモーションズが他社と共催する興行の中で、WBA世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキンに挑戦することが決定。2013年3月30日にモナコ・モンテカルロで対戦することになった。2連敗となっている中での2階級制覇を目指す。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た全国高等学校ボクシング選抜大会

    6歳から父の影響でボクシングを始める。興國高校3年の1993年、高校選抜ライト級で優勝。近畿大学時代はボクシング部で主将を務め、1997年になみはや国体ライト級成年の部2位になるなどの活躍をしたが、当初はプロにならず児童福祉施設職員となって社会福祉主事の資格も取得した。翌1998年には施設利用者から勧められ、ブランクがありながらも社会人選手権ライトミドル級に出場し優勝を収めた。1999年、全日本選手権ライトミドル級3位となりプロへ転向した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た玉名郡

    石田 順裕(いしだ のぶひろ、1975年8月18日 - )は、日本のプロボクサー。熊本県玉名郡長洲町生まれ、大阪府寝屋川市育ち。元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者、元日本同級王者、元OPBF東洋太平洋同級王者。2010年より、芸能に関してはアクアプロモーションに所属し、ファッションモデルを務めたこともある。興國高校、近畿大学卒業。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たテピク

    2010年10月9日、正規王者ミゲール・コットのスーパー王座昇格に伴う正規王座決定戦に出場。メキシコ・テピクにて同級9位のリゴベルト・アルバレス(メキシコ)と対戦したが、1-2(114-113、113-114、112-115)の僅差判定負けを喫し正規王座獲得ならず。同時に暫定王座からも陥落した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た社会福祉主事

    6歳から父の影響でボクシングを始める。興國高校3年の1993年、高校選抜ライト級で優勝。近畿大学時代はボクシング部で主将を務め、1997年になみはや国体ライト級成年の部2位になるなどの活躍をしたが、当初はプロにならず児童福祉施設職員となって社会福祉主事の資格も取得した。翌1998年には施設利用者から勧められ、ブランクがありながらも社会人選手権ライトミドル級に出場し優勝を収めた。1999年、全日本選手権ライトミドル級3位となりプロへ転向した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た第52回国民体育大会

    6歳から父の影響でボクシングを始める。興國高校3年の1993年、高校選抜ライト級で優勝。近畿大学時代はボクシング部で主将を務め、1997年になみはや国体ライト級成年の部2位になるなどの活躍をしたが、当初はプロにならず児童福祉施設職員となって社会福祉主事の資格も取得した。翌1998年には施設利用者から勧められ、ブランクがありながらも社会人選手権ライトミドル級に出場し優勝を収めた。1999年、全日本選手権ライトミドル級3位となりプロへ転向した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た全日本アマチュアボクシング選手権大会

    6歳から父の影響でボクシングを始める。興國高校3年の1993年、高校選抜ライト級で優勝。近畿大学時代はボクシング部で主将を務め、1997年になみはや国体ライト級成年の部2位になるなどの活躍をしたが、当初はプロにならず児童福祉施設職員となって社会福祉主事の資格も取得した。翌1998年には施設利用者から勧められ、ブランクがありながらも社会人選手権ライトミドル級に出場し優勝を収めた。1999年、全日本選手権ライトミドル級3位となりプロへ転向した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た日本

    石田 順裕(いしだ のぶひろ、1975年8月18日 - )は、日本のプロボクサー。熊本県玉名郡長洲町生まれ、大阪府寝屋川市育ち。元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者、元日本同級王者、元OPBF東洋太平洋同級王者。2010年より、芸能に関してはアクアプロモーションに所属し、ファッションモデルを務めたこともある。興國高校、近畿大学卒業。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た国際ボクシング連盟

    2012年5月1日にロシア・モスクワでWBO世界ミドル級タイトルマッチとして、WBO世界ミドル級王者ディミトリー・ピログ(ロシア)との対戦が決定。しかし、日本ボクシングコミッション(JBC)がこの時点ではWBO・IBFに加盟していなかったことから4月27日付で引退届を提出。JBCから離れて活動することとなった。翌日のブログでは「今まで私を育てて、保護してくれたJBCには深く感謝いたします」としている。試合は王者に対して決定的なダメージを与えることができぬまま0-3(111-117、109-119、108-120)の大差判定負けを喫した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たライト級

    6歳から父の影響でボクシングを始める。興國高校3年の1993年、高校選抜ライト級で優勝。近畿大学時代はボクシング部で主将を務め、1997年になみはや国体ライト級成年の部2位になるなどの活躍をしたが、当初はプロにならず児童福祉施設職員となって社会福祉主事の資格も取得した。翌1998年には施設利用者から勧められ、ブランクがありながらも社会人選手権ライトミドル級に出場し優勝を収めた。1999年、全日本選手権ライトミドル級3位となりプロへ転向した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「石田順裕」のニューストピックワード