102件中 61 - 70件表示
  • 石田順裕

    石田順裕から見たミドル級

    2011年4月9日、アメリカ・ネバダ州・ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナにてマルコス・マイダナvsエリック・モラレスの前座で、WBO世界ミドル級4位で27戦全勝(24KO)のジェームス・カークランド(アメリカ)と対戦。試合前のオッズでは17対1という圧倒的不利の下馬評だったが、初回に3度ダウンを奪い、大番狂わせの1分52秒TKO勝利で再起を飾り、一躍脚光を浴びた。また、米国で地上波中継が途絶えていたこの時期、最も権威あるボクシング中継局とされてきたHBOがペイ・パー・ビュー生中継する興行での勝利は日本人史上初。番組進行役のジム・ランプリーは1990年にジェームス・ダグラスがマイク・タイソンを下した試合を超える番狂わせだと言い、この試合は『リングマガジン』と『スポーツ・イラストレイテッド』のアップセット・オブ・ザ・イヤーを受賞した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たアウトボクシング

    2000年5月20日、アマチュアエリートとして6回戦でプロデビューし、長身を生かしたアウトボクシングで判定勝利を収めた。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たリングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤー

    2011年4月9日、アメリカ・ネバダ州・ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナにてマルコス・マイダナvsエリック・モラレスの前座で、WBO世界ミドル級4位で27戦全勝(24KO)のジェームス・カークランド(アメリカ)と対戦。試合前のオッズでは17対1という圧倒的不利の下馬評だったが、初回に3度ダウンを奪い、大番狂わせの1分52秒TKO勝利で再起を飾り、一躍脚光を浴びた。また、米国で地上波中継が途絶えていたこの時期、最も権威あるボクシング中継局とされてきたHBOがペイ・パー・ビュー生中継する興行での勝利は日本人史上初。番組進行役のジム・ランプリーは1990年にジェームス・ダグラスがマイク・タイソンを下した試合を超える番狂わせだと言い、この試合は『リングマガジン』と『スポーツ・イラストレイテッド』のアップセット・オブ・ザ・イヤーを受賞した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たテキサス州

    2012年2月18日、アメリカ・テキサス州・コーパスクリスティにて、HBOに次ぐボクシング中継局であるショウタイムが生中継する興行のメインイベントとして行われたWBCインターナショナルスーパーウェルター級シルバー王座決定戦で、元世界2階級制覇王者ポール・ウィリアムス(アメリカ)と対戦するも、0-3(3者とも108-120)の判定負けを喫した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た寝屋川市立北小学校

    熊本県玉名郡長洲町で生まれたが、生後間もなく大阪府寝屋川市に引っ越し、寝屋川市立北小学校に通学していた6歳の時から大阪帝拳ジムに通いボクシングを始める。興國高校3年の1993年、高校選抜ライト級で優勝。近畿大学時代はボクシング部で主将を務め、1997年になみはや国体ライト級成年の部2位になるなどの活躍をしたが、当初はプロにならず児童福祉施設職員となって社会福祉主事の資格も取得した。翌1998年には施設利用者から勧められ、ブランクがありながらも社会人選手権ライトミドル級に出場し優勝を収めた。1999年、全日本選手権ライトミドル級3位となりプロへ転向した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たスーパー王座

    2010年9月10日、同年8月にWBA世界スーパーウェルター級正規王者ミゲール・コットがスーパー王座に認定されたが、WBA世界スーパーウェルター級暫定王者に据え置かれていた石田は同年10月2日にWBA世界スーパーウェルター級9位のリゴベルト・アルバレス(メキシコ)との暫定王座2度目の防衛戦を予定していたが、WBAが2度目の防衛戦と認めず石田の指名挑戦者であるWBA世界スーパーウェルター級3位のオースティン・トラウト(アメリカ)との間でWBA世界スーパーウェルター級王座決定戦を行うよう指示、この一戦の勝者はホルヘ・リナレスの兄でWBA世界スーパーウェルター級6位のネルソン・リナレス(ベネズエラ)と90日以内に対戦するよう対戦指令も課し、この一戦の入札を同月21日にパナマシティで行う予定だったが、同月24日にトラウト陣営が1試合待つことに同意した為、石田順裕 対 オースティン・トラウト戦の入札は中止となり、同年10月9日にWBA世界スーパーウェルター級9位のリゴベルト・アルバレスとWBA世界スーパーウェルター級王座決定戦を行うこととなった。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た全日本社会人ボクシング選手権大会

    熊本県玉名郡長洲町で生まれたが、生後間もなく大阪府寝屋川市に引っ越し、寝屋川市立北小学校に通学していた6歳の時から大阪帝拳ジムに通いボクシングを始める。興國高校3年の1993年、高校選抜ライト級で優勝。近畿大学時代はボクシング部で主将を務め、1997年になみはや国体ライト級成年の部2位になるなどの活躍をしたが、当初はプロにならず児童福祉施設職員となって社会福祉主事の資格も取得した。翌1998年には施設利用者から勧められ、ブランクがありながらも社会人選手権ライトミドル級に出場し優勝を収めた。1999年、全日本選手権ライトミドル級3位となりプロへ転向した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た金沢ボクシングジム

    2011年10月4日、金沢ジムからグリーンツダジムへ移籍。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見た国際ボクシング機構

    2013年3月30日、WBA・IBO世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキンと対戦。1回から打ち合ったものの左ジャブを浴び、2回には守勢となり、3回に右フックを受けてダウンを喫するとレフェリーが試合を止め、3回2分20秒TKO負けを喫した。試合後は「相手が強すぎた。距離の取り方がめちゃくちゃうまかった」「悔しいが、KO負けでさっぱりしている」と話した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

  • 石田順裕

    石田順裕から見たMGMグランド・ガーデン・アリーナ

    2011年4月9日、アメリカ・ネバダ州・ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナにてマルコス・マイダナvsエリック・モラレスの前座で、WBO世界ミドル級4位で27戦全勝(24KO)のジェームス・カークランド(アメリカ)と対戦。試合前のオッズでは17対1という圧倒的不利の下馬評だったが、初回に3度ダウンを奪い、大番狂わせの1分52秒TKO勝利で再起を飾り、一躍脚光を浴びた。また、米国で地上波中継が途絶えていたこの時期、最も権威あるボクシング中継局とされてきたHBOがペイ・パー・ビュー生中継する興行での勝利は日本人史上初。番組進行役のジム・ランプリーは1990年にジェームス・ダグラスがマイク・タイソンを下した試合を超える番狂わせだと言い、この試合は『リングマガジン』と『スポーツ・イラストレイテッド』のアップセット・オブ・ザ・イヤーを受賞した。石田順裕 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「石田順裕」のニューストピックワード