前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
205件中 1 - 10件表示
  • 平成研究会

    平成研究会から見た石破茂石破茂

    会長不在の状態が続いたが、第3次小泉改造内閣の成立した4日後の2005年11月4日、会長に津島雄二が就任。2003年9月の自民党総裁選以来、派内で続いている衆院と参院のわだかまりの解消が大きな課題である。また、衆議院幹部の多くが、1993年以降の政界再編の中で離党後に復党した「出戻り」(ほとんどが小沢一郎率いる新進党からである)や「外様」議員(鳩山邦夫(2010年に2度目の離党)・笹川堯・石破茂・船田元ら)となり、生え抜きは額賀などの少数派となった。会長の津島も元は旧宮澤派出身の出戻り組であった。平成研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 山田洋行事件

    山田洋行事件から見た石破茂石破茂

    日米平和・文化交流協会の現・元会員には自民党の福田康夫、久間章生、石破茂、武部勤、玉澤徳一郎、瓦力、額賀福志郎、中谷元、赤城徳彦、前述の前原、ウィリアム・コーエンなど国防族の錚々たるメンバーが名を連ねる。山田洋行事件 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た石破茂石破茂

    2009年12月12日、石破茂自由民主党政調会長は、「大国にも小国にも同じように接するというのが日本の皇室のあり方だった。首相、官房長官、小沢氏の意思が働いたとすれば、正しいやり方ではない。外交は皇室を利用しながらやるものではない」と批判した。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦衝突事故

    イージス艦衝突事故から見た石破茂石破茂

    また、この海難事故では自衛艦側の過失や情報公開の姿勢、自衛隊員への教育(艦船監視を窓越しにしか行わなかった。シミュレーターが20年前と古く、5隻しか表示できない(実際には10隻以上多々有))についてマスコミに取り挙げられ、世間的に話題となったほか、2月21日には石破茂防衛大臣が新勝浦市漁業協同組合川津支所や遺族宅を訪れ、直接謝罪をするなど異例の事態となった。イージス艦衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨下一郎

    鴨下一郎から見た石破茂石破茂

    2008年の福田康夫改造内閣では、大臣経験者ながら再び厚生労働副大臣(年金担当)に就任。しかし福田康夫首相も内閣改造から1ヶ月余で辞任し、福田の辞任を受けて行われた2008年自由民主党総裁選挙では、石破茂の推薦人代表を務めた。鴨下一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生おろし

    麻生おろしから見た石破茂石破茂

    7月16日、反麻生勢力は署名128人を上回る133人を集めたと発表。署名した人物には与謝野馨財務大臣や石破茂農林水産大臣といった衆議院解散の閣議決定に必要な国務大臣2人も含まれていた。麻生おろし フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫内閣

    福田康夫内閣から見た石破茂石破茂

    福田首相は、基本的に第1次安倍改造内閣の方針を踏襲すること、前内閣で問題視された閣僚の金銭スキャンダルを調べる時間がなかったこと、国会会期中ですぐに国会審議に突入する日程から、即戦力・実力を重視し、17名の閣僚のうち15名を第1次安倍改造内閣からの再任・横滑りとした。新入閣は、渡海紀三朗(文部科学大臣)と石破茂(防衛大臣)の二人だけであり、うち初入閣は渡海紀三朗文相一人だけであった。福田康夫内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年自由民主党総裁選挙

    2012年自由民主党総裁選挙から見た石破茂石破茂

    当初は再選に強い意欲を見せる谷垣総裁を軸に、安倍晋三元首相、石原伸晃幹事長、石破茂前政調会長、町村信孝元内閣官房長官、林芳正政調会長代理らの出馬が取りざたされていたが、谷垣総裁は総裁を支える立場の石原幹事長との間での候補者の一本化に失敗し、出身派閥である宏池会会長の古賀誠元幹事長が谷垣再選を支持しない方針を示すと共に、党の重鎮である森喜朗元首相・青木幹雄元参院議員会長が相次いで石原支持を表明したことなどもあり、9月10日に「党の執行部の中から(自分を含めて)2人が立候補するのは好ましくない」として、総裁選挙不出馬を表明した。2012年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤正久

    佐藤正久から見た石破茂石破茂

    2012年自由民主党総裁選挙では石破茂を支持して、石破の出陣式で、応援演説を行っている。2012年12月26日に成立した第2次安倍内閣において、防衛大臣政務官に就任。佐藤正久 フレッシュアイペディアより)

  • 岩屋毅

    岩屋毅から見た石破茂石破茂

    2001年(平成13年)、第2次森改造内閣で防衛庁長官政務官に就任。同時期に、友人である石破茂が防衛庁副長官を務めている。2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では、郵政民営化法案に反対票を投じた自民党前職の衛藤晟一を、自民党大分県連が大分1区の候補者に推薦する。一方、党本部が自民前職の佐藤錬を党公認候補として擁立。大分県連会長の立場にあった岩屋は対応に苦慮するが、党本部の要求を拒否。総選挙終了後、県連が非公認候補を推薦したことは「党規違反」に当たるとして、党執行部から県連の体制の一新を求められ、11月28日に自民党大分県連会長を辞任した。岩屋毅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
205件中 1 - 10件表示

「石破茂」のニューストピックワード

  • この国や次の時代に何かを残すために、皆さまの力を賜りたい

  • 解散すべきということになれば、(前回衆院選から)2年過ぎたら、いつあってもおかしくない

  • シンガポール見るまで否定的だったが…