205件中 91 - 100件表示
  • 竹下亘

    竹下亘から見た石破茂石破茂

    2008年自由民主党総裁選挙では、参議院自民党の実力者であり竹下登の元秘書である青木幹雄が与謝野馨を支持し、派を挙げて与謝野を支援する意向であったのに対し、竹下は当選同期の小渕優子(小渕恵三元首相の娘)や橋本岳(橋本龍太郎元首相の息子)ら中堅・若手を中心に、同じ平成研所属の石破茂擁立を主導した。以前から平成研所属の参院議員を束ねてたびたび分派行動を取る青木に亘は反発を強めていたが、2010年の第22回参議院議員通常選挙に際しては、脳梗塞を発症し参院選出馬を断念して政界引退を表明した幹雄に代わって出馬した青木一彦を全面的に支援した(竹下自身も、実兄の登が選挙の直前に不出馬を表明したため急遽擁立され、当選を果たした経緯がある)。竹下亘 フレッシュアイペディアより)

  • 園田博之

    園田博之から見た石破茂石破茂

    1984年4月、父・直が腎不全により急逝。父の地盤を引き継ぎ、第38回衆議院議員総選挙に父が所属していた福田派の支援を受け、保守系無所属で旧熊本県第2区(定数5)から出馬。中曽根派の支援を受け、同じく無所属で出馬した義母・園田天光光を相手に骨肉の争いを繰り広げた末、熊本2区でトップ当選を果たした(天光光は得票数8位で落選)。当選同期に鳩山由紀夫・斉藤斗志二・三原朝彦・村井仁・逢沢一郎・金子一義・武村正義・杉浦正健・中山成彬・谷津義男・新井将敬・石破茂・笹川堯・武部勤・井出正一・村上誠一郎らがいる。選挙後、自民党に入党した。園田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤斗志二

    斉藤斗志二から見た石破茂石破茂

    衆議院議員から静岡県知事に転身した叔父・斉藤滋与史の後継者として、1986年(昭和61年)に行われた第38回衆議院議員総選挙に出馬し初当選(当選同期に鳩山由紀夫・三原朝彦・村井仁・逢沢一郎・武村正義・中山成彬・新井将敬・石破茂・笹川堯・井出正一・村上誠一郎など)。以来、連続7期当選。議員在任中の1989年(平成元年)大昭和製紙取締役副社長に就任。1992年(平成4年)郵政政務次官就任。当時の郵政大臣は郵政民営化を掲げた小泉純一郎であり、当時の省内では反郵政民営化の政務次官として期待された。1995年(平成7年)には自民党通信部会長(NTT分割再編)に就任。斉藤斗志二 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山憲夫

    杉山憲夫から見た石破茂石破茂

    静岡県出身。静岡県立裾野高等学校時代にストライキを起こす。大学進学を希望していたが、家計の事情で大学進学をあきらめ家業を継ぐ。清水町議会議員から静岡県議を経て1983年の第37回衆議院議員総選挙に自由民主党から立候補するも落選。3年後の第38回衆議院議員総選挙で初当選。連続当選5回(当選同期に鳩山由紀夫・斉藤斗志二・三原朝彦・村井仁・逢沢一郎・金子一義・武村正義・杉浦正健・園田博之・中山成彬・谷津義男・新井将敬・石破茂・笹川堯・武部勤・井出正一・村上誠一郎など)。自民党では田中角栄→竹下登派に所属した。杉山憲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤静雄 (衆議院議員)

    佐藤静雄 (衆議院議員)から見た石破茂石破茂

    1975年、郷里に戻り33歳で北海道議会議員に初当選。3期務めた後、1983年の第37回衆議院議員総選挙に北海道第1区 (中選挙区)から自民党公認で初出馬するも落選(福田が創始者たる清和会には同じ新人候補町村信孝がおり、中曽根康弘派幹部渡辺美智雄を頼った)。1986年の第38回衆議院議員総選挙で初当選(当選同期に鳩山由紀夫・斉藤斗志二・三原朝彦・村井仁・逢沢一郎・金子一義・武村正義・杉浦正健・園田博之・中山成彬・石破茂・笹川堯・武部勤・井出正一・村上誠一郎など)。1990年の第39回衆議院議員総選挙では次点で落選。1991年北海道知事選挙を間近に控えて、現職の横路孝弘が圧倒的な強さを誇る中、町村や鳩山や舛添要一が出馬を辞退したため陣営から横路の対抗馬に担ぎ出されるが、惨敗した。佐藤静雄 (衆議院議員) フレッシュアイペディアより)

  • 谷津義男

    谷津義男から見た石破茂石破茂

    群馬県館林市生まれ。群馬県立館林高等学校、法政大学法学部政治学科卒業。大学卒業後、ダイハツ系自動車販売会社勤務、福井盛太・坂村吉正両代議士の秘書を経て、1975年に群馬県議会議員に初当選し、3期務める。1986年、引退する長谷川四郎の地盤を引き継ぎ、第38回衆議院議員総選挙自由民主党公認で旧群馬県第2区から出馬し、当選(当選同期に鳩山由紀夫・斉藤斗志二・三原朝彦・村井仁・逢沢一郎・武村正義・園田博之・中山成彬・新井将敬・石破茂・笹川堯・武部勤・井出正一・村上誠一郎など)。1990年の第39回衆議院議員総選挙では落選したが、1992年の補欠選挙で返り咲いた。小選挙区比例代表並立制導入に伴い、1996年の第41回衆議院議員総選挙以降は群馬県第3区から出馬。谷津義男 フレッシュアイペディアより)

  • 秋元司

    秋元司から見た石破茂石破茂

    2007年8月、第1次安倍内閣で防衛大臣政務官に任命される。2007年9月、福田康夫内閣で防衛大臣政務官に再任。この時の防衛大臣は石破茂であった。秋元司 フレッシュアイペディアより)

  • 守屋武昌

    守屋武昌から見た石破茂石破茂

    次官在任中は、額賀福志郎との関係は悪くなかったものの、石破茂、大野功統、久間章生、小池百合子ら4人の歴代防衛閣僚とは、大なり小なり軋轢があったとされる。しかし防衛政策で様々な懸案が存在する中で、様々な人脈を持ち防衛政策に通じていた守屋を辞めさせることは政治的に難しかった。防衛政務次官経験がある党内屈指の防衛政策通であり歴代2位の長期間連続在任記録を持つ石破や2度の防衛閣僚を務めた久間も守屋を更迭することはできず、逆に石破が守屋を事務次官に昇格させたり、久間が守屋の次官定年を延長して事務次官を続けさせるほどであった。守屋武昌 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下登

    竹下登から見た石破茂石破茂

    このころ新人代議士となった武村正義・石破茂は田中派新人候補として衆院選出馬を希望したが滋賀県全県区山下元利・鳥取県全県区平林鴻三がそれぞれの選挙区で田中派現職としていたため、武村には福田派幹部安倍晋太郎を、石破には中曽根派幹部渡辺美智雄を紹介し国政進出のチャンスをあたえた。竹下登 フレッシュアイペディアより)

  • 荒谷卓

    荒谷卓から見た石破茂石破茂

    2004年(平成16年)、特殊作戦群が創設され、初代群長に就任。荒谷は「特戦群戦士の武士道」を指導方針として、3年間特殊作戦群を率いた。在任中は、初級幹部としての下積み時代から折に触れて行なっていた靖国神社での清掃奉仕を継続した。隊務では、将来予想される各種の実任務において、特殊作戦群の戦力造成や指揮関係について、しばしば陸幕と意見が対立したが、部隊の戦力化については妥協することがなかった。当時の防衛庁長官だった石破茂は、著書「国防」において初代群長としての荒谷の仕事ぶりを好意的に評価した。荒谷卓 フレッシュアイペディアより)

205件中 91 - 100件表示

「石破茂」のニューストピックワード