283件中 71 - 80件表示
  • トランスデジタル

    トランスデジタルから見た石破茂石破茂

    2010年2月、警視庁刑事部捜査第2課・組織犯罪対策部組織犯罪対策総務課が、社長の後藤など6人を逮捕。容疑は民事再生法第256条違反(特定の債権者に対する担保の供与)。破綻直前、100%子会社のハッピー241が日本文化チャンネル桜に協力を依頼して新番組『ガンバレ自衛隊!安全保障アワー』を制作することを発表、資金は増資で賄う旨表明、現職や歴代の防衛大臣(林芳正、石破茂、小池百合子)、自衛隊幹部(田母神俊雄ら)をゲストに呼んで2008年8月7日に制作発表パーティまで開いていたことが判明し、組織犯罪対策総務課は社の経営実態を解明するとしている。トランスデジタル フレッシュアイペディアより)

  • 福井紳一

    福井紳一から見た石破茂石破茂

    慶應義塾高等学校では政治家の石破茂やトヨタ自動車社長の豊田章男と同期であった。福井紳一 フレッシュアイペディアより)

  • 火の国酒造

    火の国酒造から見た石破茂石破茂

    2008年9月、米販売会社「三笠フーズ」のグループ企業の卸売会社「辰之巳」が、工業用の「事故米」を食用として不正に転売していた問題が明らかとなった。美少年酒造が出荷した3万本の日本酒等にも、残留基準の3倍の殺虫剤成分のアセタミプリドが検出されたベトナム産のうるち米を原料として使用していた。そのため、当該原料を使用した可能性のある商品の自主回収が行われた。石破茂農相は、責任は不正を見抜けなかった農林水産省にあるとして、同年9月30日、美少年酒造に対し謝罪した。火の国酒造 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川榮治

    吉川榮治から見た石破茂石破茂

    海幕長在任中、イージス艦情報漏洩事件、護衛艦「しらね」火災事故、イージス艦衝突事故などの不祥事が発生、三事案すべてに責任があったとして2008年(平成20年)3月21日付で懲戒処分を受け、24日付で退官。海上幕僚長離任に際しては、栄誉礼を辞退し、石破茂防衛相や後任の赤星慶治を含む幹部が互いに帽子を振って別れる「帽振れ」のあいさつで吉川を見送った。吉川榮治 フレッシュアイペディアより)

  • 西修

    西修から見た石破茂石破茂

    『国防軍とは何か』(石破茂・森本敏と討論、幻冬舎ルネッサンス新書、2013年)西修 フレッシュアイペディアより)

  • 藏内勇夫

    藏内勇夫から見た石破茂石破茂

    2015年6月22日の獣医学会第2回理事会において、今治市の特区申請を視野に日本獣医学会の藏内は麻生太郎と下村博文に、日本獣医師政治連盟委員長の北村直人は地方創生担当大臣の石破茂と折衝し、「一つ大きな壁を作っていただいている状況である」とし、北村の努力の結果として石破等から「いくつかの規制がかけられた」として、「石破4条件」への寄与について報告している。同年9月9日の獣医学会第4回理事会において、藏内と石破、北村が会談し、北村は石破から「今回の成長戦略における大学、学部の新設の条件については、大変苦慮したが、練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした」と聞いたと述べている。産経新聞は、「石破4条件」により獣医学部新設が極めて困難となったとしている。石破は産経新聞の取材に、獣医師会からの4条件盛り込み要請はなかったと回答している。藏内勇夫 フレッシュアイペディアより)

  • 泉麻人

    泉麻人から見た石破茂石破茂

    泉との交友が知られる人物には、渡辺和博、山田五郎、みうらじゅん、安斎肇、なぎら健壱、酒井順子、綱島理友などがいる。この他、小学生時代に南原繁の孫と切手交換を行ったことや、中川一郎の次男(昭一の弟)と学校が同級だったので、中川宅に遊びに行ったこと、中学生時代に、旧芸名「中島淳子」時代の夏木マリにサインをもらったこと、高校教師である父の教え子に連れられて、すきやばし次郎で寿司を食べたこと、高校生時代に永谷園の社長の息子とボクシングをしたこと、この社長の息子が高校時代のサッカー部のキャプテンであったこと、サッカー部は中学からだが、その動機は肥満解消とミーハー人気からであったこと、大学生時代に大場久美子にインタビューしたこと、岡田奈々の実物を見たことなどを自著で記している。衆議院議員・元防衛大臣・元農林水産大臣の石破茂は高校時代のクラスメートである。娘はフリーライター・コラムニストの朝井麻由美。泉麻人 フレッシュアイペディアより)

  • 古庄幸一

    古庄幸一から見た石破茂石破茂

    海上幕僚長時代、防衛大綱の見直しを庁内で議論する「防衛力のあり方検討会議」において、「統合運用体制への移行に際しての長官補佐体制」と題した文書を提示して説明し、制服組の最高ポストとして統合幕僚長が新設される組織改編にあわせ、内局の組織や制服組との関係の見直しを求めた。具体的には、「(自衛隊創設)50年を経た現在、統合運用に移行し、長官補佐を健全かつ円滑なものとするとの観点から適切ではない」と指摘し、防衛参事官制度の削除(廃止)を要求したほか、防衛庁(当時)・自衛隊全体への「監督権」を防衛事務次官に付与していた内閣府設置法61条を改正して、「部隊運用に関する監督機能を削除」、さらに「統合幕僚長が自衛隊の運用に関する事務を所掌するよう明記する」ことを求めた。防衛参事官制度の見直しに関して、当時の石破茂防衛庁長官が賛意を示し、防衛参事官制度の廃止か、陸海空各幕僚長を防衛参事官に加える改革案の作成を内局に指示したが、内局からの猛反発や、石破の防衛庁長官退任により、その時は実現には至らなかった(なお、同制度は2009年5月の防衛省設置法改正に伴い同年8月に廃止)。古庄幸一 フレッシュアイペディアより)

  • たばこ税

    たばこ税から見た石破茂石破茂

    2010年(平成22年)9月9日、自民党の石破茂政調会長(当時)は、自民党新執行部の記者会見の際に、フリーランス記者からの質問に対して「たばこ耕作者・煙草屋に対する配慮が欠けている。(たばこ税を)取れる所から取るのは適切ではない。税というのは、バランスを取らなければならない。」と、たばこ税増税に対して批判をした。たばこ税 フレッシュアイペディアより)

  • 非戦闘地域

    非戦闘地域から見た石破茂石破茂

    「国または国に準ずる組織の間において生ずる一国の国内問題にとどまらない武力を用いた争い」(平成15年6月26日衆議院特別委員会石破茂防衛庁長官の答弁)非戦闘地域 フレッシュアイペディアより)

283件中 71 - 80件表示

「石破茂」のニューストピックワード