279件中 41 - 50件表示
  • 石破茂

    石破茂から見た清谷信一

    2010年11月18日に参議院予算委員会にて内閣官房長官・仙谷由人が「暴力装置でもある自衛隊」と述べたことから審議が紛糾して発言の撤回・謝罪に追い込まれた件に関連し、2009年3月30日に当時の現職の農林水産大臣であった石破も民間のシンポジウムにて「国家の定義というのは、警察と軍隊という暴力装置を合法的に所有するというのが国家の1つの定義」と述べていたことが指摘された。この点について石破は、2010年11月19日に自身のブログにて、北朝鮮がなぜあのようなテロ行為を引き起こすのかを説明する上で、政治学上の定義を引用したに過ぎず、自衛隊を名指ししたものではないと釈明した。ただし石破は、清谷信一との共著である『軍事を知らずして平和を語るな』(2006年)にて、暴力装置に自衛隊も含まれるとの旨を以下のように明確に述べたことがある。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た福田康夫

    2006年の自民党総裁選挙では麻生太郎を支持したが、最後まで地元の鳥取県に地理的に近い山口県出身の安倍晋三?を推薦するか迷っていたようである。2007年の自民党総裁選では福田康夫を支持している。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た石破市造

    祖父・市造(農業、政治家)石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た農家

    石破家は鳥取県八頭郡大御門村大字殿(旧郡家町大字殿、現八頭町郡家殿)の農家だった。八頭町郡家殿は、集落の半数が“石破姓”で、同町は農林業が基幹産業である。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た住職

    大御門村の村長を長い間つとめた。菩提寺の浄土宗西橋寺住職・河中隆幸によると、「(市造は)自己を飾らぬ豪気不屈な人であったと聞いている」という。鶴田憲治著『因伯青春の譜』によると、「…数期にわたり大御門村の村長をつとめた篤実厳格な人、とくに子供の教育には熱心だった」、「しかし、当時八頭の山村の中農家で二人の男の子を鳥取の中学に出し、さらにそれ以上に進学させることは、それ程容易なことではなかった。」という。二朗は市造について、「若い時から物好きだったと見えまして、他にさきがけて、山を拓いて二十世紀梨を作ったり、御所柿を植えたり、蚕種の製造をやったりなどしておりましたが、どれも成功とまではいかず随分母を困らせていたようでありました。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た東京帝国大学

    東京帝国大学法学部を卒業し内務官僚となり、昭和30年(1955年)11月建設官僚トップの建設事務次官に就任、退官後鳥取県知事を4期務め、昭和49年(1974年)7月参議院議員に当選、昭和55年(1980年)7月自治大臣兼国家公安委員会委員長に就任した。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た官僚

    1957年2月4日 - 建設官僚・石破二朗、和子の長男として生まれる石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た慶應義塾大学

    鳥取大学教育学部附属小学校、鳥取大学教育学部附属中学校、慶應義塾高等学校を経て1979年、慶應義塾大学法学部卒業。同年三井銀行に勤務。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た鉄道ファン

    自他ともに認める軍事オタクにして、ミリタリー系プラモデルの愛好家でもある。静岡ホビーショーにおける自衛隊車輌展示も彼の働きかけにより実現したと言われている。少年時代は自動車、タクシー、SLが大好きな車マニア、鉄道マニアでもあった。現在でも戦車や戦闘機のプラモデルを集めるのが趣味のようである。防衛庁長官時代、ロシア国防大臣が来日した際に大臣を喜ばせるために2日間徹夜して空母アドミラル・クズネツォフの模型を組み上げた(この時、「在任中はプラモ制作を我慢する」という自戒を破ったと後に述懐している)。ただ、石破自身は、「子供のころから戦車、戦闘機、軍艦といった、乗り物が好きで、国防や外交について『筋金入りのオタク』という意見や批判はいささか買いかぶりのような気がしてならない」と述べている。また、近頃は「軍艦が好き」「プラモデルが好き」などと言うと、すぐに危ない軍事オタクのように言われるが、それは短絡的な決め付けであるとも述べている。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た金森通倫

    クリスチャン(プロテスタント)である。父は仏教徒で故郷にいる時には父祖の墓参りを欠かさないほど浄土宗西橋寺を信奉していたが、母方が曽祖父金森通倫から続くキリスト教徒であったため、教会附属の幼稚園に通い、18歳のときにプロテスタント系では日本最大となる日本基督教団の鳥取教会で洗礼を受けた。石破は「46年間、キリスト教に触れつつ信仰をもちながら生きてきた」と述べている。石破茂 フレッシュアイペディアより)

279件中 41 - 50件表示

「石破茂」のニューストピックワード

  • この国や次の時代に何かを残すために、皆さまの力を賜りたい

  • 解散すべきということになれば、(前回衆院選から)2年過ぎたら、いつあってもおかしくない

  • シンガポール見るまで否定的だったが…