279件中 51 - 60件表示
  • 石破茂

    石破茂から見た2009年

    2009年(平成21年)9月、自民党の野党転落後に行われた2009年自由民主党総裁選挙では、前回の総裁選の対立候補であった与謝野馨から立候補を推されるなど、マスメディアから総裁候補の1人として有力視されるも、前回の総裁選で推薦人となった20人のうち13人が落選するなど、推薦人集めが難航したことなどから立候補を断念し、谷垣禎一への支持を表明した。9月29日、谷垣総裁の下で、自由民主党政務調査会長に就任(党鳥取県連によると、県選出国会議員からの党三役就任は初めて)。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た三井銀行

    鳥取大学教育学部附属小学校、鳥取大学教育学部附属中学校、慶應義塾高等学校を経て1979年、慶應義塾大学法学部卒業。同年三井銀行に勤務。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見たテロリズム

    再び防衛大臣に就任した石破は、2008年6月にシンガポールで開催された第7回アジア安全保障会議の講演で、日本は今はむろん、今後も核大国につながる核武装計画がないことを表明した上で、冷戦期間には無かった一部の脅威、特にテロリズムが浮かび出たことを指摘し、アメリカ同時多発テロ事件や日本のオウム真理教事件を例に、テロリズムに屈服せず、安全保障分野で日本が隣国との対話を強化し、日米同盟関係を一段と強化することを表明している。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た太田誠一

    なお、農林水産大臣は松岡利勝の自殺や赤城徳彦、遠藤武彦、太田誠一の相次ぐ辞任により「鬼門」のポストとされていたが、石破は1年間、特に何の問題もなく農水大臣を務めた。ちなみに農水相就任時には前任の太田誠一が辞職した直後であり専任大臣が不在だったため、報道のインタビューに対し「誰から事務引き継ぎするの?」と皮肉めいた言葉を漏らした(実際には、臨時代理を務めていた町村信孝内閣官房長官から引き継ぎを受けた)。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た渡辺美智雄

    1986年7月の衆院選で鳥取全県区から立候補して初当選(本来は田中派からの出馬を希望していたが同区に同現職平林鴻三が居た為、同派内の創政会会長の竹下登を頼り中曽根派幹部渡辺美智雄を頼り、中曽根派から擁立された)。以後連続当選8回。93年に政治改革法案をめぐって自民党から役職停止処分を受けたため笹川尭と共に離党し、改革の会に参加。新党みらい、柿澤自由党、改革の会が合流した自由改革連合を経て新進党結党に参加するも、小沢一郎の安全保障政策に失望し、新進党を離党。1997年(平成9年)に自民党に復党。復党後は橋本派に所属。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た坂田道太

    その後、有事法制の制定に尽力し、防衛庁長官在任中にイラク戦争が勃発すると自衛隊イラク派遣を決定した。防衛庁長官の在任期間は、坂田道太に次ぐ歴代第2位。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た金森次郎

    母方の大おじには金森次郎(実業家)、金森五郎(医師)、金森九郎(鉄鋼技師、東大教授)などがいる。ジャパンタイムスの社長、会長、相談役を務め、国際基督教大学の設立に尽力した東ヶ崎潔、元明治学院大学教授浜健夫などは大おばの夫である。元同志社総長牧野虎次長男操の夫人弥生は母和子の従姉に当たる。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た松岡利勝

    なお、農林水産大臣は松岡利勝の自殺や赤城徳彦、遠藤武彦、太田誠一の相次ぐ辞任により「鬼門」のポストとされていたが、石破は1年間、特に何の問題もなく農水大臣を務めた。ちなみに農水相就任時には前任の太田誠一が辞職した直後であり専任大臣が不在だったため、報道のインタビューに対し「誰から事務引き継ぎするの?」と皮肉めいた言葉を漏らした(実際には、臨時代理を務めていた町村信孝内閣官房長官から引き継ぎを受けた)。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た宇野常寛

    『こんな日本をつくりたい』(宇野常寛共著、2012年、[1)石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た西尾幹二

    『坐シテ死セズ』(西尾幹二共著、2003年、恒文社21)石破茂 フレッシュアイペディアより)

279件中 51 - 60件表示

「石破茂」のニューストピックワード

  • 次の時代に何かを残すために力を賜りたい

  • この国や次の時代に何かを残すために、皆さまの力を賜りたい

  • 解散すべきということになれば、(前回衆院選から)2年過ぎたら、いつあってもおかしくない