279件中 61 - 70件表示
  • 石破茂

    石破茂から見た久間章生

    高校時代からアイドル歌手グループキャンディーズの大ファンであり、中でもミキ(藤村美樹)がお気に入り。2007年11月15日の守屋武昌元防衛次官に対する証人喚問において、久間章生、額賀福志郎両名の名前が出てきた日の夜、キャンディーズの曲を熱唱した。キャンディーズの30年ぶりの同窓会では、テレビのインタビューに「キャンディーズは青春そのもの。あの頃を思い出してもっと頑張ろうと思う」と答えている。メンバーの一人で解散後女優に転向した田中好子が2011年4月21日に死去した際には「本当の同時代を生きた私たちの青春そのもの。大事な友達を亡くしたような思いだ」とコメントした。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た森納

    臼井宗(教育者)は父・二朗の長姉の夫。『続 因伯の医師たち』(森納著) p.88-90によると、「臼井家はもと高田姓を名のっていた。八東郡下私都村峰寺に代々医を業として住み、時には御殿医として藩に仕えたこともあった。臼井家六代目宗順(宋順)の時に峰寺より中私都村市場に移った。宗順に医家を継ぐ男子なく三女のちよに八上郡本角村の医師田淵養玄の二男幾蔵を迎えて婿養子とした。幾蔵の二男宗は教職につき丹比小学校長等をつとめた。宗の子宗雄は鳥取市で眼科医院を開業している。」という。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た林芳正

    2010年(平成22年)9月、自民党政調会長に再任。当初、谷垣は石破を退任させ、参院政策審議会長(政調会長代理)の林芳正参院議員を昇格させる人事を構想したが、党内の反対論を受け、石破を政調会長に留任させた。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た金森太郎

    母・和子(内務官僚金森太郎の長女、宗教家金森通倫の孫)石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た平林鴻三

    1986年7月の衆院選で鳥取全県区から立候補して初当選(本来は田中派からの出馬を希望していたが同区に同現職平林鴻三が居た為、同派内の創政会会長の竹下登を頼り中曽根派幹部渡辺美智雄を頼り、中曽根派から擁立された)。以後連続当選8回。93年に政治改革法案をめぐって自民党から役職停止処分を受けたため笹川尭と共に離党し、改革の会に参加。新党みらい、柿澤自由党、改革の会が合流した自由改革連合を経て新進党結党に参加するも、小沢一郎の安全保障政策に失望し、新進党を離党。1997年(平成9年)に自民党に復党。復党後は橋本派に所属。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た茂木敏充

    2011年(平成23年)9月30日、自民党政調会長を退任する(後任は茂木敏充)。その後、出身派閥の額賀派から離脱。衆議院予算委員会野党筆頭理事、自民党安全保障調査会会長に就任。12月に派閥横断型政策勉強会「さわらび会」を立ち上げる。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た山本一太

    『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』では、しばしば太田光と激しい論争を繰り広げつつ、専門的知見を噛み砕いて解説を行っている。国防政策において太田によく噛み付かれており、番組内では山本一太と共に「天敵」と呼ばれたこともある。太田を特集した『情熱大陸』(2010年5月23日)には、太田を評するコメントを行った。この番組では、国家の安全保障について考える際はあらゆる非常事態を想定せねばならないと発言している。日本と米国が戦争状態に突入したらどうするか、との太田からの質問に対しては「それはありえない」と回答し、日米間の戦争は起こらないと想定している事を示した。また、アメリカの原爆投下については、「日本も原爆を開発する計画があった」「仮に本土決戦が行われていたら相当の犠牲が出ていた」と米国側の認識に一定の理解を示しながらも、2発目(長崎への投下)については「許容範囲を超えている」として米国を批判している。石破は『太田光の私が総理大臣〜』の「アメリカに原爆被害の賠償金を請求します」では原爆被爆者への補償に反対を表明した。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た笹川尭

    1986年7月の衆院選で鳥取全県区から立候補して初当選(本来は田中派からの出馬を希望していたが同区に同現職平林鴻三が居た為、同派内の創政会会長の竹下登を頼り中曽根派幹部渡辺美智雄を頼り、中曽根派から擁立された)。以後連続当選8回。93年に政治改革法案をめぐって自民党から役職停止処分を受けたため笹川尭と共に離党し、改革の会に参加。新党みらい、柿澤自由党、改革の会が合流した自由改革連合を経て新進党結党に参加するも、小沢一郎の安全保障政策に失望し、新進党を離党。1997年(平成9年)に自民党に復党。復党後は橋本派に所属。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た遠藤武彦

    なお、農林水産大臣は松岡利勝の自殺や赤城徳彦、遠藤武彦、太田誠一の相次ぐ辞任により「鬼門」のポストとされていたが、石破は1年間、特に何の問題もなく農水大臣を務めた。ちなみに農水相就任時には前任の太田誠一が辞職した直後であり専任大臣が不在だったため、報道のインタビューに対し「誰から事務引き継ぎするの?」と皮肉めいた言葉を漏らした(実際には、臨時代理を務めていた町村信孝内閣官房長官から引き継ぎを受けた)。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た赤城徳彦

    なお、農林水産大臣は松岡利勝の自殺や赤城徳彦、遠藤武彦、太田誠一の相次ぐ辞任により「鬼門」のポストとされていたが、石破は1年間、特に何の問題もなく農水大臣を務めた。ちなみに農水相就任時には前任の太田誠一が辞職した直後であり専任大臣が不在だったため、報道のインタビューに対し「誰から事務引き継ぎするの?」と皮肉めいた言葉を漏らした(実際には、臨時代理を務めていた町村信孝内閣官房長官から引き継ぎを受けた)。石破茂 フレッシュアイペディアより)

279件中 61 - 70件表示

「石破茂」のニューストピックワード