前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示
  • 宇川直宏

    宇川直宏から見た石野卓球石野卓球

    2001年より電気グルーヴの石野卓球と本格的に親睦を深める。その後日本最大規模の屋内レイブ「WIRE01」にVJとして参加し、以降10年連続出場している。また年末年始リキッドルームで恒例となった1日の夕方まで続く"死亡遊戯カウントダウン"にも卓球と2人っきりで10年連続出演(2007年より2F LIQUIDLOFTのオーガナイズも宇川が担当することとなり、複数チームのVJが入り乱れるスタイルとなったため、1対1の共演からはシフトしたがこのコラボは現在も毎年継続)。毎年16時間以上にも及ぶウルトラロングセットが話題を呼んでいる。宇川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーモデル (篠原ともえのアルバム)

    スーパーモデル (篠原ともえのアルバム)から見た石野卓球石野卓球

    テクノポップ+歌謡曲の本来の意味でのテクノ歌謡ではなく、テクノにボーカルが乗った「テクノ歌謡」。石野卓球プロデュースの実験作で、石野人脈のミュージシャンが大勢参加。スーパーモデル (篠原ともえのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 岡村靖幸

    岡村靖幸から見た石野卓球石野卓球

    2002年、 朝日美穂、カーネーションの直枝政広(当時は政太郎)が主体となって岡村に影響を受けた若いアーティストらで作られたトリビュートアルバム「どんなものでも君にかないやしない」が発表された。さらに朝日、直枝によるカバーシングル「だいすき/あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」も発売される。石野卓球とのコラボレーション「come baby」を発表。岡村靖幸 フレッシュアイペディアより)

  • R3

    R3から見た石野卓球石野卓球

    本作は石野卓球が主宰するレーベル『Platik』在籍時代の未発表曲やアナログ収録曲を収録している。R3 フレッシュアイペディアより)

  • ポポ (曲)

    ポポ (曲)から見た石野卓球石野卓球

    発表当時、瀧がレギュラー出演していたフジテレビ『ポンキッキーズ』挿入歌。映像や詞は汽車を意識しているため、「汽車の歌」として認知されていることが多いが、石野卓球はSINGLES and STRIKESのライナーノーツにて、アシッドをテーマにした歌だと語っている。ポポ (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋嵐

    高橋嵐から見た石野卓球石野卓球

    本名は、高橋 コウジ。また、電気グルーヴ在籍時は高橋 0777、Nobuo・A・Takahashiとクレジットされることもあった(石野卓球には高橋ブタオとも呼ばれていた)。高橋嵐 フレッシュアイペディアより)

  • 以心電信 (ORANGE RANGEの曲)

    以心電信 (ORANGE RANGEの曲)から見た石野卓球石野卓球

    2006年に発売されたリミックスアルバム『Squeezed』には石野卓球によるリミックスバージョンが収録されており、PVも製作された。オリジナル版のPVは存在しない。以心電信 (ORANGE RANGEの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ナゴムレコード

    ナゴムレコードから見た石野卓球石野卓球

    所属アーティストのライヴに来場するファンに多く見受けられた、奇抜なファッションをした女性たちを「ナゴムギャル」、男性を「ナゴムキッズ」と呼んだ。1990年代後半、石野卓球(電気グルーヴ)プロデュースでデビューした篠原ともえの「シノラー」ファッションに共通点がみられ、彼女は「平成のナゴムギャル」といわれた。ナゴムレコード フレッシュアイペディアより)

  • テクノポップ

    テクノポップから見た石野卓球石野卓球

    1988年ごろから世界的に流行している有力なダンス・ミュージックの一スタイルにテクノがある。アシッドハウス、デトロイト・テクノという一連の流れ(ルーツ)から生まれたものであり、日本のテクノポップと直接的なつながりはないとされる。しかしデリック・メイ、石野卓球ら有力なテクノアーティストたちが、YMOの影響をインタビュー等で公言している。テクノポップ フレッシュアイペディアより)

  • MEMORIES

    MEMORIESから見た石野卓球石野卓球

    タイトルミュージック - 石野卓球MEMORIES フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示

「石野卓球」のニューストピックワード