174件中 91 - 100件表示
  • 人生 (バンド)

    人生 (バンド)から見た石野卓球石野卓球

    1985年、静岡在住時代に石野卓球を中心に結成。現在の電気グルーヴの前身であり、ピエール瀧(当時の芸名は畳三郎)も所属していた。当時、有頂天のケラ(現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)が主催するナゴムレコードに在籍。人生 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • VITAMIN

    VITAMINから見た石野卓球石野卓球

    この頃、グループの中心人物である石野卓球が、ロンドンに渡り経験したアシッド・リヴァイヴァルの影響が表れたアルバムである。全編にTB-303がフィーチャーされている。1曲目から5曲目、10曲目はヴォーカルがあり6曲目から9曲目はインストゥルメンタルとなっている。アルバムのほぼ半分がインストゥルメンタルという点で、ポップス性に欠けセールス的に難があるのではないかとレコード会社からクレームがつき、メンバーはこれに強固に抵抗したが、最終的にインディーズ時代からライヴなどで人気のあったヴォーカル曲『N.O.』をボーナス・トラック的に収録するという条件でリリースにこぎ着いた。結果的に本作は好セールスを記録した。VITAMIN フレッシュアイペディアより)

  • 李博士

    李博士から見た石野卓球石野卓球

    ひらけ!ポンチャック(1996/5/2) - 李博士vs電気グルーヴ名義。石野卓球、砂原良徳によるリミックスも収録。李博士 フレッシュアイペディアより)

  • 迷彩トモヤ

    迷彩トモヤから見た石野卓球石野卓球

    迷彩トモヤ(めいさいともや、1980年4月9日 - )は、日本のダンサー、振付師。Performance team『迷彩』主宰。2004年に横浜アリーナで開催された石野卓球主催の屋内最大テクノレイヴWIREへ迷彩として出演したことを皮切りに、国内テクノシーンにおけるダンスパフォーマンスのパイオニアとして数々のフェスやイベントに出演。振付師として、電気グルーヴのピエール瀧をはじめ、[Alexandros]、ゲスの極み乙女。、Superfly、ねごとなど、多くのアーティストの振付・演出を行う。SCOOP MUSIC / Ch9所属。迷彩トモヤ フレッシュアイペディアより)

  • 電気グルーヴのオールナイトニッポン

    電気グルーヴのオールナイトニッポンから見た石野卓球石野卓球

    電気グルーヴのオールナイトニッポンはニッポン放送の深夜放送・オールナイトニッポンで電気グルーヴ(石野卓球、ピエール瀧)がパーソナリティを担当したラジオ番組。土曜2部で開始後、火曜1部に昇格。1991年6月?1994年3月に放送された。電気グルーヴのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2

    Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2から見た石野卓球石野卓球

    「Don’t感・Don’t恋」written by 石野卓球(電気グルーヴ Pro.)Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2 フレッシュアイペディアより)

  • 砂原良徳

    砂原良徳から見た石野卓球石野卓球

    小学4年の時、地元のロボット展示会で耳にしたYMOの『中国女』が、自らの音楽的な出発点という。中学生でシンセサイザーを始め、YMOやクラフトワークなどの、テクノポップ・ニューウェーブの影響を強く受ける。1991年には平沢進のコンサートツアー「ヴァーチュアル・ラビット・ツアー」でのサポートメンバーを経て、1991年春、かねてから交流のあった石野卓球に渡したデモテープがきっかけとなり、CMJK脱退後の電気グルーヴのメンバーとして同年夏に加入。8年間の活動後、フランスで開催された音楽ビジネスの国際見本市“MIDEM”でのライヴを最後に1999年4月2日付で正式に脱退。砂原良徳 フレッシュアイペディアより)

  • 珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-

    珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-から見た石野卓球石野卓球

    町一番のかぶき者の二人組で、でんでん太鼓を持ち、庶民に豆をぶつけるなど大暴れするが、彼らを上回るかぶき者の太郎に迫力負け。その後、玄じょうの術で気絶した太郎に殴る蹴るの暴行を加え、最後に糞をしてとんずら。ピエール瀧・石野卓球の2人が登場し、まりん(砂原良徳)は出ていない。新装版では記名が無くなり、ピエール瀧はアダーチ、石野卓球はモトヤースの「雷ブラザーズ」に変更されている。珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち- フレッシュアイペディアより)

  • 劇団健康

    劇団健康から見た石野卓球石野卓球

    劇団旗揚げ当初はケラが当時主宰していたナゴムレコードのミュージシャン(大槻ケンヂや、のちに電気グルーヴを結成する石野卓球とピエール瀧、ばちかぶりの田口トモロヲなど)も多数舞台にあがっていた。劇団健康 フレッシュアイペディアより)

  • AZ-BEAT

    AZ-BEATから見た石野卓球石野卓球

    この番組はJ-WAVE開局当初から放送していた、AZ-WAVE(下段参照)の流れを汲むもので、開始当初は土曜9回・日曜9回と週末に複数回放送され、雰囲気の異なる番組間をつなぐ役割も果たしていた。1997年(当時はAZ-WAVE)から2000年にかけて、土曜深夜28:30-29:00(日曜早朝4:30-5:00)のAZ-BEATは石野卓球によるノンストップDJミックスを放送していた。AZ-BEAT フレッシュアイペディアより)

174件中 91 - 100件表示