174件中 101 - 110件表示
  • SPACE SHOWER MUSIC AWARDS

    SPACE SHOWER MUSIC AWARDSから見た石野卓球石野卓球

    2005年「THE RISING SUNS」(石野卓球)監督:田中秀幸SPACE SHOWER MUSIC AWARDS フレッシュアイペディアより)

  • electriCOLOR -COMPLETE REMIX-

    electriCOLOR -COMPLETE REMIX-から見た石野卓球石野卓球

    Luvotomy -Camp Three-o-three remix- Remixed by 石野卓球electriCOLOR -COMPLETE REMIX- フレッシュアイペディアより)

  • 僕と花

    僕と花から見た石野卓球石野卓球

    ミュージックビデオは「ドキュメント」を担当した山口保幸をディレクターに、作中に現れる「花」役としてダンサーのホナガヨウコを迎えて制作された。フロントマンの山口一郎を主人公に「僕と花」をテーマにした演劇仕立ての内容で、トリックアートの手法も取り入れたものとなっている。このミュージックビデオは生放送された"生ミュージックビデオ"である。カップリングには電気グルーヴの石野卓球による「ルーキー」のリミックスを収録。僕と花 フレッシュアイペディアより)

  • Me-imi 〜Premium Edition〜

    Me-imi 〜Premium Edition〜から見た石野卓球石野卓球

    作詞・作曲:岡村靖幸・石野卓球Me-imi 〜Premium Edition〜 フレッシュアイペディアより)

  • ローランド・TB-303

    ローランド・TB-303から見た石野卓球石野卓球

    日本のロボットアニメ作品『交響詩篇エウレカセブン』に登場するtypeB 303「デビルフィッシュ」なる銀色の機体は、TB-303、Devilfishが元ネタである。本編登場時には石野卓球がDevilfishを使用して製作した「Ninety Three」(アシッドハウスリヴァイバルが起こった1993年をテーマにした楽曲)がBGMに使用された。この他にも同様に808、909の名称をもつ機体も登場するなど、全編に渡ってテクノシーン全般からの引用が数多く登場する作品という事で、注目をあつめた。ローランド・TB-303 フレッシュアイペディアより)

  • 大友克洋

    大友克洋から見た石野卓球石野卓球

    石野卓球『DOVE LOVES DUB』(1995年) CDジャケットイラスト大友克洋 フレッシュアイペディアより)

  • 乱数放送

    乱数放送から見た石野卓球石野卓球

    乱数放送の音源を使用した楽曲もある。たとえば、ステレオラブの『Pause』、ポーキュパイン・トゥリーの『Even Less』、クロマ・キー(:en:Chroma Key)の『Even the Waves』、ウィルコの楽曲など(ウィルコのアルバム『ヤンキー・ホテル・フォックストロット』は、そのサンプリングされたメッセージにちなんで名を付けられた)である。スコットランド出身のテクノバンドボーズ・オブ・カナダは早い時期に乱数放送に影響を受けたほか、ペル・ウブのスコット・クラウス(:en:Scott Krauss)は乱数放送の熱心なファンで、いくつかの楽曲で乱数放送をフィーチャーした。また、DJシャドウはアルバム『Endtroducing...』でThe Conet Projectをサンプリングした。日本では石野卓球が高名なフレーズ‘Yankee Hotel Foxtrot’をモチーフにした『Y.H.F.』なる曲を発表している(ソロアルバム『CRUISE』収録)。乱数放送 フレッシュアイペディアより)

  • 電気グルーヴ

    電気グルーヴから見た石野卓球石野卓球

    1989年に石野卓球とピエール瀧を中心に結成。1991年、シングル「RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 300000000000) / TMN VS 電気GROOVE」でメジャーデビュー。その後、アルバム『FLASH PAPA』で本格的にデビューした。シングル「N.O.」や「Shangri-La」などのヒット曲で知られる。電気グルーヴ フレッシュアイペディアより)

  • agraph

    agraphから見た石野卓球石野卓球

    大学では、音楽と現代芸術を専攻。そこでPro Toolsに触れ、在学中よりPro Toolsのオペレーターとして活動する。2003年、20歳の頃、渋谷「WOMB」にて石野卓球がホストを務めるテクノイベント「STERNE」に行った際、偶然バーにいた本人に直接話しかける。ファンであることや、Pro Toolsのオペレーターであること、音楽業界に入りたいことなどを話した所、石野がちょうどスタッフを欲していたためタイミングが合い、その1ヶ月後より音源制作にスタッフとして迎え入れられる。agraph フレッシュアイペディアより)

  • LUNATIQUE (石野卓球のアルバム)

    LUNATIQUE (石野卓球のアルバム)から見た石野卓球石野卓球

    『LUNATIQUE』(ルナティーク)は、石野卓球のオリジナルアルバム。前作『CRUISE』(2010年)から約6年ぶりのリリースとなる。LUNATIQUE (石野卓球のアルバム) フレッシュアイペディアより)

174件中 101 - 110件表示