174件中 121 - 130件表示
  • テレビブロス

    テレビブロスから見た石野卓球石野卓球

    コラム執筆陣の豊富さも強い特徴の一つであり大人計画の松尾スズキや爆笑問題、キリンジから海洋堂の専務、ラーメンズにいたるまであまりテレビとは関係ないバラエティ豊かなコラムが多数連載されている。創刊当初は泉麻人・いとうせいこうをメインにブレイク前のナンシー関など宝島系のコラムニストが参加し、ナンシー関は署名なしで番組欄のミニコラム『ブロス探偵団』も執筆していた(のちに山田美保子→スージー鈴木も担当)。その後には石野卓球・ピエール瀧(電気グルーヴ)、小山田圭吾、スチャダラパー、忌野清志郎などミュージシャンの連載も多い。特に電気グルーヴはかつての高校の同級生がテレビブロス編集部に在籍していたためよく取り上げられ『テクノ専門学校』などの特集企画にも多数参加しており、一時期「隠れテクノ雑誌」とまで呼ばれていた。「面白いコラム満載のサブカル誌」と紹介されたこともある。雑誌編集者の花田紀凱は、『Web & Publishing 編集会議』編集長当時、『ダカーポ』のインタビューで愛読誌の一つに挙げ、「コラムがずばぬけておもしろい」「テレビ欄がいらないくらい」と発言したことがある。テレビブロス フレッシュアイペディアより)

  • 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL

    攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLから見た石野卓球石野卓球

    本作の音楽プロデューサー、OP曲を担当した石野卓球をはじめとするテクノミュージック界において著名なアーティスト達が音楽を提供したことも本作の特徴のひとつである。中でもデトロイト・テクノの創始者であるデリック・メイも参加しており、彼の提供した楽曲が事実上彼の最新曲である。攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL フレッシュアイペディアより)

  • こどものおもちゃ

    こどものおもちゃから見た石野卓球石野卓球

    作詞・作曲・編曲 - 石野卓球 / 歌 - 篠原ともえこどものおもちゃ フレッシュアイペディアより)

  • ヒカシュー

    ヒカシューから見た石野卓球石野卓球

    レトロアクティブ(1996年、石野卓球らによるリミックス)ヒカシュー フレッシュアイペディアより)

  • 小山田圭吾

    小山田圭吾から見た石野卓球石野卓球

    それ以外にもBeck、Blur、Sting、Moby、Kings of Convenience、Yellow Magic Orchestra、Sketch Show、ピチカート・ファイヴ、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏、テイ・トウワ、スチャダラパー、電気グルーヴ、石野卓球、砂原良徳、EYE、OOIOO、Buffalo Daughter、坂本慎太郎、hide、Tahiti 80、Bloc Party、Manic Street Preachers、The Go!Team、MGMT、Gotye、Arto Lindsay、k.d.lang、Prefuse 73、Merzbow、高木正勝、UNKLE、Coldcut、The High Llamas、The Pastels、The Books、Petra Hadenなど、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやリミックスを行っている(項を参照)。また、1999年にはThe Flaming Lipsとコーチェラ・フェスティバルやレディング・フェスティバルなどを含むアメリカ・ヨーロッパツアー、2002年にはAirとグラストンベリー・フェスティバルなどを含むヨーロッパツアーを行っている。小山田圭吾 フレッシュアイペディアより)

  • 五島良子

    五島良子から見た石野卓球石野卓球

    TSUKI NO HANA(2000年3月15日)石野卓球プロデュース五島良子 フレッシュアイペディアより)

  • 山田尚子

    山田尚子から見た石野卓球石野卓球

    幼少期は姉の影響でチェッカーズを聴き、また音楽好きの母の影響で、レコードに触れ、ガゼボを口ずさむような子どもだった。そのような環境から、自然と80’sやフュージョン系を聞きながら成長する。思春期に入ってからは4つ打ちやテクノを知り、電気グルーヴをよく聴いていた。大学進学後、レコード屋に通うようになり、ニューウェイブやUKパンクへの興味を持ち始めていた頃、映画『24アワー・パーティー・ピープル』が公開。そのレビューを石野卓球がしていたことをきっかけに、80年代から遡って、70年代の音楽にもより関心を広げる。山田尚子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐内正史

    佐内正史から見た石野卓球石野卓球

    ミュージシャンの石野卓球とは小学校の同級生。パン屋を営む石野卓球の実家へよく通っていたという。佐内正史 フレッシュアイペディアより)

  • 境貴雄

    境貴雄から見た石野卓球石野卓球

    電気グルーヴの影響によるテクノ好きとしても知られ、石野卓球が主催している屋内レイヴWIREは1999年より皆勤賞であると本人が公言している。 また、電気グルーヴのアルバム『人間と動物』に収録されたWIRE12のライブDVDを観た境は、自身が映っていることを発見し「ヤバい!!WIREのライヴDVDに映ってたww」とTwitterで呟いている。境貴雄 フレッシュアイペディアより)

  • GET WILD SONG MAFIA

    GET WILD SONG MAFIAから見た石野卓球石野卓球

    GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix) / 石野卓球GET WILD SONG MAFIA フレッシュアイペディアより)

174件中 121 - 130件表示