174件中 31 - 40件表示
  • フロッグマンレコーズ

    フロッグマンレコーズから見た石野卓球石野卓球

    設立は1993年。佐藤大とKEN=GO→により設立された(初期のメンバーには野田努、野村昌史、弘石雅和、森川佳宣らも加わっていた)。当時ヨーロッパ発のテクノが日本に大量に紹介され、またケン・イシイ、ススム・ヨコタなどの日本在住のテクノアーティストがヨーロッパのレーベルからCD、レコードをリリースして日本国内でもテクノが流行していた。その中で、日本からのテクノの発信を目的としてフロッグマンレコーズが設立された。同年の12月31日のレーベル最初のイベントでは、田中フミヤ、石野卓球(フライヤーには記されていないシークレットゲストだった)、ケン・イシイ他当時の日本のテクノアーティストが多く参加した。フロッグマンレコーズ フレッシュアイペディアより)

  • TAICHI MASTER

    TAICHI MASTERから見た石野卓球石野卓球

    電気グルーヴのマネージャーを務めていた西井健一(世界のケン・ニシイ)が初めて「TAICHI MASTER」の名を聞き、それを後から石野卓球とピエール瀧に伝えるとき、うろ覚えでどういう名前だったか正確に覚えておらず、かすかな記憶を頼りに思い出したところ、「たしかドクター・ポンって名前だったと思います」と報告したというエピソードがある。TAICHI MASTER フレッシュアイペディアより)

  • ルーク・スレーター

    ルーク・スレーターから見た石野卓球石野卓球

    イングランドのレディングに生まれ、サリーで育つ。1989年に、Translucent名義でシングル「Momentary Vision」でデビュー。1992年以降、Clementine名義で4枚のシングルを発表。また、Planetary Assault System名義、7th Plane名義でも作品を発表。2000年に、フジロック・フェスティバル出演。2002年と2003年には、石野卓球主催のレイヴイベントWIREに出演。ルーク・スレーター フレッシュアイペディアより)

  • Rave-up Tonight

    Rave-up Tonightから見た石野卓球石野卓球

    石野卓球による、1stアルバム『Dance & Scream』の収録曲である同曲のリミックス。Rave-up Tonight フレッシュアイペディアより)

  • KARATEKA

    KARATEKAから見た石野卓球石野卓球

    このアルバムのタイトルは元々、「ガンダム」という名称を予定していた。それは、1980年代に活動していたテクノグループ、イエロー・マジック・オーケストラの「ライディーン」がテレビアニメ『勇者ライディーン』から命名されたことに対し、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』に因んで「ガンダム」というタイトルの曲を作成しアルバムタイトルにも使用する意図で制作された。しかし、著作権上の問題で「ガンダム」という名称の使用許可が下りず、「KARATEKA」というタイトルになった。初期タイトル案の名残か、『機動戦士ガンダム』からのボイスサンプリングが行われた個所もいくつかある。なお、後年ではメンバーの中では最低の評価がなされているアルバムで、後のライブで本作からの曲が演奏されることはほとんど無かった。実際、セルフトリビュート・アルバム『The Last Supper』では、本作からは一曲も選曲されていない。しかし、現在はスネークフィンガーとHi-Scoreなどがライブで演奏されることがあり、メンバーの本作に対する考え方が変わっていることが分かる。同グループの中心人物である石野卓球は当時のことを振り返り、「自分には新しくやりたい音楽が出来たのに、パブリックイメージ通りのものを作らなければならない辛さがあった」という趣旨の事を語っている。この葛藤から、次作『VITAMIN』が生まれることになる。KARATEKA フレッシュアイペディアより)

  • メイデイ (音楽イベント)

    メイデイ (音楽イベント)から見た石野卓球石野卓球

    過去にイベントに出演した主要なアーティストは以下である。日本からは、ドイツのテクノシーンで知名度がある石野卓球や電気グルーヴらが出演したことがある。メイデイ (音楽イベント) フレッシュアイペディアより)

  • Missing Beatz

    Missing Beatzから見た石野卓球石野卓球

    作詞:石野卓球・ピエール瀧、作曲:石野卓球Missing Beatz フレッシュアイペディアより)

  • ポップ・ウィル・イート・イットセルフ

    ポップ・ウィル・イート・イットセルフから見た石野卓球石野卓球

    石野卓球は初期電気グルーヴの音楽性に多大な影響を受けたことを公言している。ポップ・ウィル・イート・イットセルフ フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダムレコード

    ロッテルダムレコードから見た石野卓球石野卓球

    日本では電気グルーヴの石野卓球が猛烈にプッシュしており、1993年にavex traxが日本限定編集のコンピレーション盤ROTTERDAM TECHNO IS HARD HARD HARD!!をシリーズでリリースした際、石野本人がライナーノーツを担当した(Vol.1とVol.2のみ)程の熱の入れようであった。ロッテルダムレコード フレッシュアイペディアより)

  • エレクトロクラッシュ

    エレクトロクラッシュから見た石野卓球石野卓球

    代表的なアーティストとして、DJヘル(Gigoloレーベル)、2 Many DJ's、LCDサウンドシステム、ADULT、ピーチズ、Felix da Housecat、Freezepop、Miss Kittin and The Hacker、Tiga、Le Tigre、Chicks on Speed、Fischerspooner、The Slants、Ladytron等がある。石野卓球もかねてからニュー・ウェイヴの影響が強くエレクトロクラッシュのアーティストとの仕事もある。エレクトロクラッシュ フレッシュアイペディアより)

174件中 31 - 40件表示