141件中 31 - 40件表示
  • InK

    InKから見た石野卓球石野卓球

    InK(インク)は電気グルーヴの石野卓球とTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシのコラボレーションによるスペシャルユニットである。2006年キューンレコードより「C-46」を発表。単発的なプロジェクトではなく、今後も継続して活動していくという意向が示されている。InK フレッシュアイペディアより)

  • エエジャナイカ

    エエジャナイカから見た石野卓球石野卓球

    シングルは、その「エエジャナイカ」に、電気グルーヴ・石野卓球による当曲の「極道テクノ・ミックス」、藤圭子で知られる「夢は夜ひらく」、笠置シズ子のカバー「ジャングルブギ」を収録した、4曲入りのマキシである(当時は「ミニ・アルバム」と銘打っていた)。エエジャナイカ フレッシュアイペディアより)

  • 662 BPM BY DG

    662 BPM BY DGから見た石野卓球石野卓球

    タイトルの「662BPM」とは、収録されている楽曲のそれぞれのBPMを単純に総て足した数値から来ていると一般的には言われている。ただし、ライナーノーツに記載の各曲のBPMを足し合わせると合計622BPMとなり、BPMの記載がない6曲目の「LEE」が40BPMでなければならない。また、BPMが記載されている図表では、12曲目の120BPMを後から足してTOTAL662+120との記載になっている。このことについて石野卓球は「全部の曲を足したBPMをタイトルにしたんだけど、計算を間違っていた」と語っている。662 BPM BY DG フレッシュアイペディアより)

  • アンセム-2002 FIFA World Cup 公式アンセム

    アンセム-2002 FIFA World Cup 公式アンセムから見た石野卓球石野卓球

    石野卓球によるリミックス・バージョン。2002年4月24日にマキシシングルとしてキューンレコードからリリースされ(メイン曲がラジオ用エディット(3:36)、カップリング曲がフルエディット(5:14))、アルバム「2002 FIFA World Cup Official Album〜Songs of KOREA/JAPAN〜」にも収録されている。また、同年5月30日にはDJ用途に45回転LP(SYUM 0225)も発売された。アンセム-2002 FIFA World Cup 公式アンセム フレッシュアイペディアより)

  • KARATEKA

    KARATEKAから見た石野卓球石野卓球

    このアルバムのタイトルは元々、「ガンダム」という名称を予定していた。それは、1980年代に活動していたテクノグループ、イエロー・マジック・オーケストラの「ライディーン」がテレビアニメ『勇者ライディーン』から命名されたことに対し、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』に因んで「ガンダム」というタイトルの曲を作成しアルバムタイトルにも使用する意図で制作された。しかし、著作権上の問題で「ガンダム」という名称の使用許可が下りず、「KARATEKA」というタイトルになった。初期タイトル案の名残か、『機動戦士ガンダム』からのボイスサンプリングが行われた個所もいくつかある。なお、後年ではメンバーの中では最低の評価がなされているアルバムで、後のライブで本作からの曲が演奏されることはほとんど無い。実際、セルフトリビュート・アルバム『The Last Supper』では、本作からは一曲も選曲されていない。同グループの中心人物である石野卓球は当時のことを振り返り、「自分には新しくやりたい音楽が出来たのに、パブリックイメージ通りのものを作らなければならない辛さがあった」という趣旨の事を語っている。この葛藤から、次作『VITAMIN』が生まれることになる。KARATEKA フレッシュアイペディアより)

  • DRILL KING ANTHOLOGY

    DRILL KING ANTHOLOGYから見た石野卓球石野卓球

    ドリルキング・レーベルの第2弾シングル。電気グルーヴのオールナイトニッポンの企画で生まれた、「子門'Z」(子門真人のコスチューム・歌唱法をパロディにしたユニット その歌唱法をシモニック唱法と称した)によるRCサクセション楽曲のカバー。このアルバムではシモニック唱法ではない、石野卓球によるソロバージョンが収録されている。アーティスト名のうち「'z」の部分は当時すでに人気絶頂であったB'zから取られている。また、このアルバム・バージョンの冒頭には、唯一子門'Z名義でライヴを行ったニッポン放送主催の開局40周年記念イベント「ザ・ライヴマシーン'93」の音源が収録されている。DRILL KING ANTHOLOGY フレッシュアイペディアより)

  • 五島良子

    五島良子から見た石野卓球石野卓球

    TSUKI NO HANA(2000年3月15日)石野卓球プロデュース五島良子 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダムレコード

    ロッテルダムレコードから見た石野卓球石野卓球

    日本では電気グルーヴの石野卓球が猛烈にプッシュしており、1993年にエイベックストラックスが日本限定編集のコンピレーション盤ROTTERDAM TECHNO IS HARD HARD HARD!!をシリーズでリリースした際、石野本人がライナーノーツを担当した(Vol.1とVol.2のみ)程の熱の入れようであった。ロッテルダムレコード フレッシュアイペディアより)

  • VOXXX

    VOXXXから見た石野卓球石野卓球

    このアルバムの制作中に長年在籍した砂原良徳が脱退。前身の人生時代からのメンバーである石野卓球とピエール瀧の2人のみとなった。また、このアルバムではサポートメンバーとしてDJ TASAKAやKAGAMIが参加している。VOXXX フレッシュアイペディアより)

  • VITAMIN

    VITAMINから見た石野卓球石野卓球

    この頃、グループの中心人物である石野卓球が、ロンドンに渡り経験したアシッド・リヴァイヴァルの影響が表れたアルバムである。全編にTB-303がフィーチャーされている。1曲目から5曲目、10曲目はヴォーカルがあり6曲目から9曲目はインストゥルメンタルとなっている。アルバムのほぼ半分がインストゥルメンタルという点で、ポップス性に欠けセールス的に難があるのではないかとレコード会社からクレームがつき、メンバーはこれに強固に抵抗したが、最終的にインディーズ時代からライヴなどで人気のあったヴォーカル曲『N.O.』をボーナス・トラック的に収録するという条件でリリースにこぎ着いた。結果的に本作は好セールスを記録した。VITAMIN フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示

「石野卓球」のニューストピックワード