174件中 51 - 60件表示
  • レンチ (バンド)

    レンチ (バンド)から見た石野卓球石野卓球

    1999年、メジャー・レーベルVICTOR / HAPPY HOUSEと契約し、サード・アルバム『BLUE BLOOD BLUE』を発表。以降、ベスト盤を含めて8枚のアルバムをリリースした。ボーカルのSHIGEは、AYASHIGE名義でテクノ、トランス作品を発表し始めるが、このような四つ打ち的なビートはレンチの作品にも徐々に取り入れられていく。森脇美喜夫が「サイケ・ヘヴィ」(『Doll』169.p48)と評した24分のインストを含む『Clinic of Satanic』(2001年)を経て、『Overflow』(2003年)ではプログラミング音を本格的に導入したデジタル・ロックサウンドが試みられた。ハードコアとエレクトロ・ロック、ダンスミュージックの融合がバンドの方向性となるが、「クリック聞いてやるのはイヤ」(『Indies Issue』vol.7 p27)だったドラムの名越が脱退、元ココバットのMUROCHINの加入までバンドの存続が危ぶまれた。2007年以降は cutting edgeからアルバム『nitro』、2008年に浅野忠信、石野卓球、セイジ(ギターウルフ)、HIFANAらとのコラボレーションアルバム『drub』をリリースしている。レンチ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ブッチュくんオール百科

    ブッチュくんオール百科から見た石野卓球石野卓球

    作者曰く、「絶対に話題になる」と確信して作ったが、驚くほど売れなかった作品。2人で共同執筆したのは、責任を押し付けられるからだという。「タナカカツキのタナカタナ夫DVD」にブッチュくんのOPアニメが収録されている。OP主題歌は2種類存在しており、DVDにはブッチュくんの声入りアレンジバージョンが収録。単行本の帯には石野卓球の推薦文が記載。ブッチュくんオール百科 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマダケイコ

    ヤマダケイコから見た石野卓球石野卓球

    石野卓球 アルバム"KARAOKE JACK" 収録曲 "flight to Shang-hai" 共同作詞/ヴォイス参加ヤマダケイコ フレッシュアイペディアより)

  • 花男 (アルバム)

    花男 (アルバム)から見た石野卓球石野卓球

    浮雲男 (Takkyu's Japp Tekno ppopp Mix) / 石野卓球花男 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • いのちの響

    いのちの響から見た石野卓球石野卓球

    石野卓球 ミュージシャンいのちの響 フレッシュアイペディアより)

  • ROCK (木村カエラのアルバム)

    ROCK (木村カエラのアルバム)から見た石野卓球石野卓球

    (木村カエラ xxx 石野卓球ROCK (木村カエラのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Fallin' Down

    Fallin' Downから見た石野卓球石野卓球

    全作詞:石野卓球, ピエール瀧 / 作曲:石野卓球Fallin' Down フレッシュアイペディアより)

  • SINGLES and STRIKES

    SINGLES and STRIKESから見た石野卓球石野卓球

    シングル・ベストのディスク1に、メンバーである石野卓球とピエール瀧のセレクトによる 「10年経った今でもイケる」 裏ベスト(本人達曰く、「まだ食べられる」の意味から当初は『タベレルズ』という名を付けようとしていた)のディスク2という構成となっており、新曲も収録されている。初回限定盤のみ4面デジパック仕様になっている。SINGLES and STRIKES フレッシュアイペディアより)

  • ポケット カウボーイ

    ポケット カウボーイから見た石野卓球石野卓球

    全作詞:ピエール瀧、全作曲:石野卓球ポケット カウボーイ フレッシュアイペディアより)

  • DRAGON (電気グルーヴのアルバム)

    DRAGON (電気グルーヴのアルバム)から見た石野卓球石野卓球

    このアルバム収録10曲目「虹」は、ドイツのレーベル「MFS」からリミックスシングルが発売され、電気グルーヴと石野卓球が海外進出するきっかけともなった。石野はこのアルバムを最後にグループを解散することも考えのひとつとしてあったことを後年のインタビューで語っている。DRAGON (電気グルーヴのアルバム) フレッシュアイペディアより)

174件中 51 - 60件表示