174件中 81 - 90件表示
  • 5years

    5yearsから見た石野卓球石野卓球

    作詞:木村カエラ/作曲・編曲:石野卓球5years フレッシュアイペディアより)

  • 椎名基樹

    椎名基樹から見た石野卓球石野卓球

    高校生時代に結成したコミックパンクバンド『正露丸X』のボーカルを担当し、その奇天烈なライヴパフォーマンスを気に入った石野卓球(小学生時代からの知り合い)により『人生』(電気グルーヴの前身)にスカウトされる。当時の芸名は「ポートピア83才」。椎名基樹 フレッシュアイペディアより)

  • PARTY HOUSE

    PARTY HOUSEから見た石野卓球石野卓球

    オリジナルは2014年に発売されたミニアルバム『LOVEHATE』収録曲で、今作は電気グルーヴの石野卓球によるリミックス。実は最初に「PARTY HOUSE」のリミックスを頼もうとしていたが、石野にオファーした時点で楽曲ができておらず、先にできていた「NOTORIOUS」をリミックスすることになった。石野は「オリジナルを聴いた第一印象は"かっけー!&ガラ悪りー!"だったので、心置きなくガラ悪くACIDビキビキにさせてもらった」とコメント。KenKenは「リミックスを入れる、という話になったときに、やってもらうなら卓球さんしかいないって話になった。一応言うだけ言ってみようとお願いしたら、やっていただけることになった」と話している。PARTY HOUSE フレッシュアイペディアより)

  • 25 (電気グルーヴのアルバム)

    25 (電気グルーヴのアルバム)から見た石野卓球石野卓球

    Baby's on Fire (4:51)(作詞:Takkyu Ishino/Pierre Taki 作曲:Takkyu Ishino)25 (電気グルーヴのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 迷彩 (ダンスチーム)

    迷彩 (ダンスチーム)から見た石野卓球石野卓球

    前身は90年代に大阪を中心に活動していた同名のヒップホップダンスチーム「迷彩」。90年代後半に拠点を東京に移し、幾度かのメンバー交代を経て2000年代前半に表現の場をそれまでのダンスシーン中心のものからテクノなどのクラブシーンに移行していく。2004年に横浜アリーナで開催された電気グルーヴ石野卓球の主催する国内最大級の屋内レイブWIRE04への出演をきっかけに、国内のテクノシーンにおけるチーム・ダンスパフォーマンスのパイオニアとして認知されるようになる。2010年からは現在のメンバーで活動。迷彩 (ダンスチーム) フレッシュアイペディアより)

  • かせきさいだぁ

    かせきさいだぁから見た石野卓球石野卓球

    日本国際通信「国際電話サービス0041」(1996年) - 石野卓球と共演かせきさいだぁ フレッシュアイペディアより)

  • 根本敬

    根本敬から見た石野卓球石野卓球

    石野卓球 - のちに音楽雑誌『WHAT's IN?』にて対談することになる。根本敬 フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFA ワールドカップ公式アルバム

    2002 FIFA ワールドカップ公式アルバムから見た石野卓球石野卓球

    ANTHEM (takkyu ishino remix) - ヴァンゲリス2002 FIFA ワールドカップ公式アルバム フレッシュアイペディアより)

  • アンセム-2002 FIFA World Cup 公式アンセム

    アンセム-2002 FIFA World Cup 公式アンセムから見た石野卓球石野卓球

    石野卓球によるリミックス・バージョン。2002年4月24日にマキシシングルとしてキューンレコードからリリースされ(メイン曲がラジオ用エディット(3:36)、カップリング曲がフルエディット(5:14))、アルバム「2002 FIFA World Cup Official Album〜Songs of KOREA/JAPAN〜」にも収録されている。また、同年5月30日にはDJ用途に45回転LP(SYUM 0225)も発売された。アンセム-2002 FIFA World Cup 公式アンセム フレッシュアイペディアより)

  • 人間と動物

    人間と動物から見た石野卓球石野卓球

    The Big Shirts(作詞:石野卓球 & ピエール瀧 作曲:石野卓球)人間と動物 フレッシュアイペディアより)

174件中 81 - 90件表示