189件中 11 - 20件表示
  • 石野卓球

    石野卓球から見たエレファントカシマシ

    また、リミキサーとしても活動しており、国内外問わず多くの作品を手がけている。クレジットされているアーティストとして、YMO、ピチカート・ファイヴ、エレファントカシマシ、少年ナイフ、宍戸留美、ORANGE RANGE、テクネイジア、李博士、m-flo、SOUL FLOWER UNION、HALCALI、RAM RIDER、ヒカシュー、ポール・モーリアが挙げられる。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たm-flo

    また、リミキサーとしても活動しており、国内外問わず多くの作品を手がけている。クレジットされているアーティストとして、YMO、ピチカート・ファイヴ、エレファントカシマシ、少年ナイフ、宍戸留美、ORANGE RANGE、テクネイジア、李博士、m-flo、SOUL FLOWER UNION、HALCALI、RAM RIDER、ヒカシュー、ポール・モーリアが挙げられる。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た電気グルーヴ

    インディーズブームに上手く乗っかり、レコードは作品を出す度にインディーズ・ベスト10にランクインする程の人気者になると同時に、ナゴム人気にも貢献する。1989年にメンバー・おばば(ex.分度器)の脱退に伴い『人生』を解散する。『人生』解散後、1989年にテクノバンドの電気グルーヴを結成。数回のライブとインディーズからのCDリリースを経た後、ソニーレコードのTrefortレーベル(キューンレコードの前身)から声がかかり、メジャーデビューを果たす。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た夏木マリ

    夏木マリ - 『逆走BBA』(作曲) - ミニアルバム「朝はりんごを食べなさい」に収録石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た松本明子

    『DOVE LOVES DUB』収録の「TKO TONE」でサンプリングされている「入会金無料、1時間800円!」の声は、TV番組「進め!電波少年」の企画で松本明子が担当した風俗店の呼び込みナレーションであり、石野は知らずに使用していたという話がファンの間で語り継がれてきた。しかし、2016年8月3日のDOMMUNEに出演した際、「この音源は電波少年よりも前からあったと思う」と発言している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た宇川直宏

    宇川直宏の音楽ユニット、UKAWANIMATION!のシングル"惑星のポートレイト 5億万画素"では石野卓球がリスペクトを公言していたという萩原健一とのコラボレーションを実現。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た李博士

    また、リミキサーとしても活動しており、国内外問わず多くの作品を手がけている。クレジットされているアーティストとして、YMO、ピチカート・ファイヴ、エレファントカシマシ、少年ナイフ、宍戸留美、ORANGE RANGE、テクネイジア、李博士、m-flo、SOUL FLOWER UNION、HALCALI、RAM RIDER、ヒカシュー、ポール・モーリアが挙げられる。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たヴァンゲリス

    相方の瀧が野球上手なのに対し大のスポーツ音痴。『モグラネグラ』の野球企画でレフトを守った際も、飛球を落球したあげく、その球を「俺が取るのか?」といった態度で面倒臭そうに取りに行く姿が垣間見えた。サッカー王国の静岡県出身だがもちろんサッカーなどに興味はない。そんな石野が2002年ワールドカップの公式讃歌(作曲・プロデュースともにヴァンゲリス)のリミックス版をリリースした時は「あのスポーツ音痴が何故?」とファンやメディアの間で話題になった。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た松本人志

    お笑いシーンに関しても異常なほどの知識を持ち、かつては独自の情報網を駆使し、関東にいながらにして全国進出以前のダウンタウンの関西ローカルでの活躍を常にチェックしていたほど。東京ではまだ現在ほど知名度の無かったダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖に東京・笹塚のデニーズで遭遇し、すかさず握手とサインを貰ったという(蛇足だが、電気グルーヴの結成の地もデニーズ(初台駅近の西新宿店)である。)。近年は特に劇団ひとりを絶賛しており、彼のライヴに駆けつけたり花輪を送ったりしている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た高須光聖

    お笑いシーンに関しても異常なほどの知識を持ち、かつては独自の情報網を駆使し、関東にいながらにして全国進出以前のダウンタウンの関西ローカルでの活躍を常にチェックしていたほど。東京ではまだ現在ほど知名度の無かったダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖に東京・笹塚のデニーズで遭遇し、すかさず握手とサインを貰ったという(蛇足だが、電気グルーヴの結成の地もデニーズ(初台駅近の西新宿店)である。)。近年は特に劇団ひとりを絶賛しており、彼のライヴに駆けつけたり花輪を送ったりしている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

189件中 11 - 20件表示